マルハン、マネージメントゲーム体験by社長|【一撃】社長パチスロライダーのたぶん真面目なブログ

マルハン、マネージメントゲーム体験by社長|2014.12.23(火)

maruhan-intenship-prider2.jpg

はい、どーもー!

パチスロライダーですよー!

『マルハン』

の文字に、否応無く反応してしまった方も少なくないこの企画。

そう、マルハンインターンシップシリーズの第2回目です。

今回は、私が一番楽しみにしておりました、マルハンオリジナル『擬似ホール運営ゲーム』を体験してまいりました!

正式名称は『マネージメントゲーム』だそうです。略してMG。

前回、インターンシップの学生さんと勝負しようではないか!と言っておりましたが、諸事情ありまして一足先に一撃の関係者だけで体験させていただくことになりました。

メンツは前回と同じ、ライダーを含めおっさん3人と小娘1人。

まるで「マルハン主催、歳末ボードゲーム大会」へと向かうかのように軽い足取りで東京駅横の超高層ビルにあるマルハンさん本社に向かいました♪

いざ、会場に足を踏み入れると

maruhan-141214-prider1.jpg

ぬぅお!?(゚∀゚)

さながら「人生ゲーム」か「モノポリー」か、はたまた「金持ち父さんのキャッシュフルーゲーム」を思わせるような装いであります。

この時点ですでにテンションMAXなパチスロライダーです。

+(0゚・∀・) + ワクテカ +

マルハンて何!?という学生に向けて

早速、「マネージメントゲーム」体験の自慢を延々としてやろうと思っておりましたが、その前に。

一撃のプロレスラーことスイカ男とライダーとのやり取り。

スイカ男「マルハンのインターンシップの記事みました。ホール戦略すごいですね!」

ライダー「さすがマルハンさんって感じやったわ!」

スイカ男「あのお店、全国チェーンなんですね!九州でも優良店て言われてます。」

ライダー「そだね!業界NO.1の企業だからね。」

スイカ男「なるほど、どうりで、店員の対応が神がかってるわけですね!」

お前、業界NO.1企業って知らなくてその話してたん!?(゚∀゚;)

ちなみに、彼は専門学校生です。

おまえ、これくらい知っとけや!(;・ω・)┘

まだまだ「マルハン」がどういう企業なのかを知らない学生も多いという事を目の当たりにしまして、まずはマルハンさんの事をさらっとでも知っておいてもらおうと思います。

マルハンという企業について

株式会社マルハン(英称:Maruhan Corporation)は、京都府京都市(京都本社)と東京都(東京本社)に本社を持つパチンコチェーン店「マルハン」を中心にボウリング場、映画館も運営するアミューズメント系総合企業。

創業1957年5月、会社設立1972年12月。2014年12月で設立から42年周年を迎える。

韓昌祐が1972年に設立し(創業は1957年)、2014年3月期現在、徳島県、鳥取県、島根県、沖縄県を除く全国299店舗を展開するパチンコホール最大手企業。

売上高は2兆1116億円(2014年3月期)、経常利益605億円(2014年3月期)、で業界1位。業界2位のダイナムとは売上高で倍以上の差をつけている。従業員数は11827名(2014年3月期)。

引用元:
http://www.maruhan.co.jp/corporate/company.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルハン

表面的なところだけザックリ言うとこんな感じです。

数値的なところを見ただけでも相当な規模の企業です。

とりあえず、「パチンコ業界NO.1企業」というのは覚えておいてください。

他にも、特筆すべきところはありますが、初心者はまずここから!

マルハンの新卒生は3割~4割がパチンコ未経験者!?

MGに入る前に、本日お世話になった人材開発部採用育成担当の新城(あらしろ)さんと寺岡さんにお話を伺いました。

●寺岡さんは入社何年目なんですか?

maruhan-141214-prider3.jpg
採用育成担当 寺岡さん

私は、新卒でマルハンに入って5年目です。

3年間佐賀県の店舗で働いておりまして、採用の方に来てから2年目です。

採用の部署に来たきっかけは、社内公募で自分から手を上げました。


●何でマルハンだったんですか?

マルハンに決めたのは、「人の魅力」です。

初めは教師になるつもりでした。

両親とも公務員で、父親は教育長、母親は校長をしています。ただ、公務員て社会人としてのフィールドが狭いんですね。

そのため、教師になるとしてもまずは大きな企業で働いてみようと思ってました。

色んな業界を見てみようと就職活動はしていましたね。

就活当初の軸は、「人」ではなく、完全に土日休みで潰れない会社(笑)

それを軸に合同説明会などを回っていましたが、その中でマルハンで初めて「人」に魅力を感じる瞬間がありました。

そして、パチンコという業界の中で、唯一2兆円という飛びぬけた売上を上げれるのは何故なのか?とても興味がある、とりあえず三年やってみよう!というのがきっかけでした。


●就活中、色んな業種の話を聞く中でパチンコ業界って抵抗なかったですか?

私、パチンコ自体は嫌いでした。

でも新卒なら一からスタートになるので、別に業種とかどうでもいいなと思ったんです。

それに野球部でしたし、体力に自信はありましたからパチンコ屋でも何とかなるかなと。

不安な要素はいっぱいありましたけど、マルハンの魅力に賭けてみようというのが一番大きかったですね。


●寺岡さんみたいな方って多いですか?

パチンコをやったことがない新卒の割合は、全体の3割~4割くらいですね。

多いときだと5割くらいになることもあります。


●ちなみに新城さんはどちらでした?

maruhan-141214-prider2.jpg
採用育成担当 新城さん

パチンコ・パチスロはちょこっとやったことあるくらいでした。


●新城さんがマルハンに決められた理由は何だったんですか?

就職活動の際は、大手企業や商社とかも見て回りましたが、惹かれるものがありませんでした。

淡々と今までの実績を話すだけで、これからの未来の話が無い。

10年後の自分の未来が見えなかったんです。

合同企業説明会でも、他の企業の社員の方はダルそうにビラ配ったり、もう帰ろうぜって言ってる中、マルハンの方は一生懸命パンフレットを配ってました。

やらされているのではなく、やりたいと思って自らやってるんだろうと思いました。

それにこれからカジノとか新しい業態へのチャレンジも待ってるぜ!というのがあって面白そうと思って決めました。

そういう熱い人が多いです。

新卒の多くはほとんど社長や人事本部長の松田が話す、

「業界を変える」という想いに共感して入ってきてます。

なのでパチンコが好きか嫌いかは、どっちもいます。

「業界を変える仕事をしないか?」

今はぐちゃぐちゃで後ろ指さされるような業界かもしれないけど、そんな業界を変える仕事を一緒にしよう!

それに共感する人たちを集めたら今のマルハンになった。

だから業界人ぽく無い人が多いです。

だからこそ、この「マネージメントゲーム」も社内教育の充実のために作りたい!これが作れたら、たくさんの経営者が生み出せます!

という感じで普通に企画をしても通らないような企画を通したそうです。

どうやったらお金を稼げるかというよりも、どうやったら人の部分で社内で一枚岩になれるのか?

北海道から九州にいる人間の目線を合わせることができるか?

そういうことばっかり考えてやってました。



なるほどな~!

結局、お金や休み云々のよりも、「いいな!」と思えるものがマルハンにはあったって事なんですね。

「業界を変える!」、かっこえぇ!

たぶん、自分が新卒でマルハンさんの説明会行ってたら、即決してただろうなぁw

それに、マルハンの社員の方から感じるピシッとした自信と品格が同居する感じ個人的にとても好きです。

惚れちゃいそう(*^^*)ポッ

自分も一撃を通して「業界を変える!」やって見せますよ!

関連記事