Pトキオブラック4500

パチンコPトキオブラック4500の筐体画像

メーカー AMTEX(アムテックス)
導入日 2019年9月30日
タイプ 役物機
型式名 Pトキオブラック4500V1

※数値等自社調査

(C)HEIWA

目次:Pトキオブラック4500

※以下、タイトルをクリックすると各項目へ飛びます

基本情報

機種概要・スペック
ゲームフロー
ボーダーライン・期待値
大当り中のポイント

機種概要・スペック:Pトキオブラック4500

パチンコPトキオブラック4500の盤面の画像

機種概要

アムテックスから「Pトキオブラック4500」が登場。

役物内を掻い潜り“てっぺん”を目指すゲーム性はそのままに、あのトキオが大量獲得機になってついにお目見え。

タワー役物進入時のV入賞期待度は約1/6、V入賞後の大当りは10R大当り4回1セットで約4500個の出玉を獲得可能となっている。

刺激あるゲーム性に生まれ変わった新生トキオが、これまで味うことができなかった楽しさと興奮を打ち手にもたらしてくれることだろう。

スペック

スペック 数値
大当り 4回1セット
賞球数 5&2&3&6&14
ラウンド 10R(※1)
ラウンド中
カウント
9カウント
払い出し個数
(実獲得個数)
10R
(実質9R)
約1134個
(約1053個)

※1 初回羽根入賞が1R目

目次へ戻る

ゲームフロー:Pトキオブラック4500

①始動口入賞で羽根が開放

パチンコPトキオブラック4500の画像

始動口は盤面下部の左と中央に位置。
いずれの始動口も入賞で1回の羽根開放となる。
始動口の入賞率が高く、羽根の拾球率が高いほど大当り期待度アップだ!

②玉を拾えばミニタワー役物へ

パチンコPトキオブラック4500の画像

拾われた玉はミニタワー役物へ移行。
役物を真っすぐ通過できれば、SPルートへ、下へ落ちてしまった場合はノーマルルートへ移行する。
SPルートは玉が回転体へ直接落下するため大チャンスだ!

③中央手前のSTART部分に入賞でタワー役物内へ進入!

パチンコPトキオブラック4500の画像

④リフト役物を突破し大当りを目指せ!

パチンコPトキオブラック4500の画像

START部分入賞後はお馴染みのリフト役物へ移行。
突破率約1/3の中段ステージと、突破率約1/2の上段ステージ合算約1/6でV入賞となる。

⑤大当りは右打ちで簡単消化

パチンコPトキオブラック4500の画像

V入賞後は台の指示に従うだけで、誰でも4回1セットの大当り獲得が可能となっており、約4500個の出玉獲得が見込める。

目次へ戻る

ボーダーライン・期待値:Pトキオブラック4500

ボーダーライン

交換率 ボーダーライン
等価 8.6
3.5円 9.0
3.3円 9.2
3.0円 9.6
2.5円 10.4

※ボーダーライン=羽根開放数

※大当り確率1/87、拾球率40%、出玉3%減、持ち比65%で算出

目次へ戻る

大当り中のポイント:Pトキオブラック4500

パチンコPトキオブラック4500の画像

V入賞後は大当りを4回獲得するまで右打ちで消化となる。
GATE通過後に羽根が開放、拾った玉が役物内へ進入しV入賞で大当りとなるフローは通常時と変わらないが、右打ち中はタワーの回転がストップするためV入賞までの経路がフリーパス!労せず4回までの大当りを獲得することができる。

注目ポイント

GATE通過から羽根の開放までは長めのインターバルが存在するため打ち出しの停止を推奨する。
打ち出し再開タイミングの基準とできるのが、GATE通過後から流光を始める4つの3連ランプとなっており、実戦上27回目の点灯直後に羽根開放するのが確認できた。
この間も打ち出しを継続してしまうと大きな玉ロスに繋がりかねないので、必ず実践して無駄玉を省こう。

目次へ戻る

Pトキオブラック4500:メニュー

Pトキオブラック4500 基本情報

一撃ライン@

一撃チャンネル 最新動画

また見たいって方は是非チャンネル登録お願いします!
▼ 一撃チャンネル ▼

スポンサードリンク

確定演出ハンター ハント枚数ランキング

2019年10月度 ハント数ランキング

更新日:2019年11月5日
集計期間:2019年10月1日~2019年10月31日

スポンサードリンク