【第39回ガチノリ】天命|逆押しサレンダー ~破滅に向かって~編

【第39回ガチノリ】天命|2014.12.29(月)

マイナ55Kだ。

そう、5万とんで5千円という大金を、私は、この日、失った・・・。


だが、自身の名誉のために言っておく。
「おのののか似のチャンネーの隣の台」とか言うテキトーな理由で台選びをし、命よりも重い金を便所紙のごとくジャブジャブと散財したわけではない。決して。

私とて、底辺の最末端とは言え一応はこの業界に身を置く者。少ない脳みそをフル回転させ、策を振り絞り、私なりに必死に立ち回った結果がこれなのだ。


悲喜交々、波乱万丈の一日を、自ら傷口に塩を塗る思いでこれから報告する。

恐らくガチノリに参加するのはこれが最初で最後となるであろうが、そんな私の泥臭い立ち回り、親愛なる一撃読者さんに是非ともご覧いただきたい。



「ガチノリ」
言わずと知れた一撃が誇るこの超人気企画。
嬉し恥ずかし今回初参加させていただくことと相成った、申し遅れました、やあマルサンです。

戦場は『龍龍NEXTAGE SENKAWA』

年の瀬も迫った12月26日(金)、今回ガチノリの戦場となる『龍龍NEXTAGE SENKAWA』が居を構えるメトロ有楽町「千川」駅に降り立った。

gn-141226-senkawa-marusan-3.jpg

このホールさんで一撃取材陣がガチノリを行うのは、前回(11月4日)以来だからおよそ二ヶ月ぶりだろうか。

しかもこの日は、同じ龍龍グループの『龍龍 SLOTCLUB EKODA』さん、それに『べラジオ東十条』さんでも同時に行っており、3店舗ガチノリ同時取材という如何にもお祭り好きな一撃らしい一年を締めくくるにふさわしい華々しさ。


そんな中で今回私にも参加要請の白羽の矢が立ったというわけだ。


龍龍千川店に突撃する私を除くメンバーはこの二人。
ご存知パチスロターミネーターレディのーめんと、このご時世にパチスロで家族を養うというイバラの道を選択した愛すべき大馬鹿野郎マザコンチキ男だ。

のーめんは監督業兼務なので、実質マザコンと私の二人でこのホールを攻略していくこととなる。

朝イチ~台選択

朝イチの並びはおよそ30人くらいか。

gn-141226-senkawa-marusan-4.jpg

本日は雲一つないテッカテカのピーカンとは言え、師走の忙しい折に多数の方が並んでくれた。

このホールさんが如何に普段からお客さんに信頼されているかの表れでもあるが、それ以外にも本日は面白い趣向が凝らしてあったのも理由の一つだろう。


gn-141226-senkawa-marusan-2.jpg
「打ちたい機種言ってみろや!」という潔いくらい直球すぎるタイトルからも一目瞭然のこの試み。

一撃サイト内で、ユーザーさんから当日龍龍千川店と江古田店で打ちたい機種をアンケートで募り、それをお店側に伝え"ラブ注入"してもらおうというこの企画の効果も多分にあったことは間違いない。


そして気になる千川店のアンケート結果はこんな感じ。
gn-141226-senkawa-marusan-1.jpg

朝の抽選の結果、マザコンは5番という絶好のスタート位置。よって、ヤツは当然ランキング1位のまどマギ狙い一択。

対する私は8番。
私の中では、(リスクを最大限回避するという目的も勿論あるが)本日は大好きなノーマルタイプで終日勝負と決めていた。

となると、4位のアイムジャグラーAPEXが妥当かと思えるが、機械割を考えるとAPEXではやや心許ない。

それに私は完全告知機は大好物だが、どちらかといえば後告知よりかは先告知派。

ということで、攻める機種は第8位の「キングハナハナ-30」。お前さんに決定だ。

寝起きは低血圧

入場と同時にB1Fの沖スロコーナーへ向かう。

全5台のシマにトップ入場だったので、前日閉店前の下見に御足労いただいたマザコン先生を呼び、出目のチェックを行うも全台変わり無し。そして、BETランプは全台消灯ときたもんだ。

gn-141226-senkawa-marusan-5.jpg
※朝イチBETランプ(上記黄枠内)全消灯でリセット濃厚

この時点で少なくとも全台リセットが施されたことが(ほぼ)確定した。

全台・・・というのが若干台選択の足を引っ張るが、それでも全台据え置き濃厚よりかは全然マシ。

そうこうしている内に他のお客さんも続々と沖スロコーナーにやって来たので、台選びにあまり躊躇している時間はない。前回来た時に角が強いイメージがあったので左角の席に腰をおろし、いよいよ涙の実戦スタートだ。

・・・違和感

千円札をサンドに挿入し、コインを借りる。
・・・この時、最初の違和感を感じた。

はて何だろう?とは思ったが、特に気にすることもなくコインを3枚投入しレバーオン。
・・・同じ違和感だ。でも・・・分からない。

頭がそっちの方にいっぱいでガックンチェックも忘れていたが、リールを3つ止めた時にようやく違和感の正体が判明した。


久しぶりなのだ。
私自身スロットを打つのが本ッ当に久しぶり。

いや勿論、メーカーさんのショールームとかで打つ機会は多々あったけど、言ってもあれはコインレス仕様機。

実際にコインを自ら投入し、プレイするというスロット本来の行為を行ったのは一体いつ以来となるのだろう?

12月に入ってからは、師走が持つ本来の意味を体感できるほど忙しくさせてもらっていたので、少なくとも一ヶ月以上振りなのは間違いない。


「そういう時は運が貯まっているからすぐ当たるよ」
先人達のありがたい教えが頭の中でリフレインする。

よくあるパターン

実戦データ:キングハナハナ-30
G数 挙動 備考
0 スタート
541 BIG 投資:13000円
229 BIG
25 REG
285 REG
163 ヤメ 追加:1000円

どうやら幻聴だったようだ。
初っ端からいきなり中ハマリを喰らい、初チカは投資13本の541G

無論、541G程度のハマリなどは設定1だろうが6だろうが一日打ってれば往々にして遭遇するレベル。

ただ、設定6の合算確率分母ハマった時点でまだ空いてる処女台に移動という選択肢もあったかもしれない。

ではなぜ移動しなかったのか?それは至極単純明快なアンサー。

ベル確が異常だったから。

最初の一万入れた時点で419G消化というブン回り具合で、確率は余裕の1/7.0ブッちぎり状態

正確な解析数値は不明だが、キンハナにはそれ程極端なベル確差はついていないというのが世間の通説ではある。

しかし、それでも(私の)設定6判別目安である1/7.1を遥かに凌駕とくれば、これは非常にやめづらい。

いや、やめづらいというか、この時点で"撤退"の2文字は私の頭の中に全くなかった。むしろこれからの千福万来の未来に期待し、ほくそ笑んでコイン貸出ボタンを押していたぐらいだ。

最初に引いたBIG中にいきなりスイカが2回も落ちたというのも、続行という選択に拍車をかけた要因の一つだ。


粘っていれば、いつか"ゾーン"がやってくる。そう己を信じレバーを叩き続けた。

妄人の戯言

ついでなので、この"ゾーン"について説明しておこう。

ハナハナには、「全くチカる気がしないゾーン」「チカりそうで怖くてレバーを叩けないゾーン」、主にこの2つのゾーンが存在する。

まあ内容は読んで字の如くなのだが、基本的に高設定といえど前者ゾーンがいつかはやってくるのは避けられないので、とにかく後者のゾーンに移行してくれるまで耐え忍ぶというのが、ハナハナを腰を据えて打つ際の重要なポイントとなる。

※上記のゾーン説明は、あくまでマルサンという少しばかり頭のおかしな中年の妄想立ち回り論です。ご了承ください。


話が少しばかり脱線してしまったが、なかなか「チカりそうで怖くてレバーを叩けないゾーン」に移行してくれないので、脱線ついでにもう少し語っておこう。


皆さんはそもそも完全告知機はお好きだろうか?

ここで"NO!"と答えた方にはここから先は全く必要ない話なので、どうぞ読み飛ばしてくれ。


対して、「ああ好きだ。前兆だけで数千円もふんだくられた挙句、『やっぱり当たってませんでしたぁ。ゴメンね♪』なんていうAT/ART機にはもうウンザリだ。俺は丁半博打のようなシンプルな台にこそ愉悦を感じるんだ!」という方。アナタにさらにお聞きしたい。

完全告知機でも、ハナハナのような先告知、もしくはピエロ系に代表される後告知どちらがお好みだろうか?

ちなみに私は、前述のとおり正直どちらも好物なのだが、どちらかと言えば先告知派だ。

よく後告知派の方が言われるのは、レバーオンで告知が入らなければ、その後のボタン停止動作が無駄、つまりほぼ毎ゲームいわゆる"捨てゲーム"が発生することが解せないらしい。

なるほど至極最もな意見だ。

実に仰るとおりなのだが、こんな意見もあるということを紹介しておこう。これはかの有名な業界人、元パチンコ必勝ガイド編集長 大崎一万発さんが語っていた言葉だ。

①コインを3枚投入⇒②レバーオン⇒③リールを止める。言わずもがなこれはごくフツーの遊技方法であり、これを沖スロに当てはめるからいけない。

①リールを止める⇒②コインを3枚投入⇒③レバーオン。このように"リールを止める"という行為を最初にし、レバーオンで一連の動作終了と考えればどうだろうか?これだと一切の捨てゲームは発生しない。」

この名言をいつ語っていたかは忘れてしまったが、当時の私はこの言葉に深い感銘を受け、目からウロコというか先告知機に対するモヤモヤ感が完全に目の前から払拭されたのを今でもハッキリと覚えている。



そんな日本昔ばなしを思い出しながら、黙々と回す。そして持ちコインで暫く粘っていたが、さすがに全飲まれしたところで第1回目の台移動のお時間がやってきた。

関連記事