【競馬予想】モーリス不在で大混戦模様!マイルチャンピオンシップ|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】モーリス不在で大混戦模様!マイルチャンピオンシップ|2016.11.19(土)

先週末は春のグランプリホースであるマリアライトを筆頭に牡馬顔負けの実力を持つ牝馬たちが顔を揃えたエリザベス女王杯が行われました。

それとは打って変わって今週は、昨年の覇者で年度代表馬にもなったモーリスが中距離路線にシフトしたことで一気に主役がいなくなったマイル路線のGI・マイルチャンピオンシップが行われます。

前売りオッズを見ると、単勝1番人気のサトノアラジンでも4倍超え、3連単に至っては80倍前後からのスタートと人気が割れていることから、皆さんもどの馬から勝負するか悩まれている様子が伺い取れますね。

こんなレースを気持ちよくバシッと的中させたいというのが本心ですが、そうもうまくいかないのが競馬。

果たして、どんな結果となるでしょうか。


なお、今週末もいつも通り特別レースの予想を見ることができる競馬予想メールマガジンを配信する準備が整っています。

すでに予想をすべて終えて協力してくれている知人に送ってありますので、もうすぐ配信がスタートすると思いますから、チェックしてみてくださいね。


それでは、大混戦模様となっているマイルチャンピオンシップに出走するフルゲート18頭の短評、そして最終的な予想へといってみたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 ディサイファ

初マイルとなった安田記念が見せ場十分の内容。毎日王冠の後は天皇賞・秋には目もくれずこちらに向かってきたのは不気味ですし、2度目のマイルならさらに前進があるかもしれませんよ。

1枠2番 サトノアラジン

スワンSは上がり最速の末脚でこの馬らしい勝ち方でしたが、今回は極端な内枠を引きましたから、後方待機から馬群をしっかり捌けるかが上位進出のカギになりそうです。スムーズに伸びてくるとこちらとしては困るのですが、アッサリがあっても驚けません。

2枠3番 スノードラゴン

マイル戦も3戦すべて2着と崩れていないものの、持ち時計はこのメンバーに入ると見劣りします。年齢的な衰えは感じませんが、やはり久々にこの距離を走るだけに、楽ではないのではないでしょうか。

2枠4番 ロードクエスト

時が経てば解消してくるものと思っていましたが、この時期になっても相変わらずスタートが良くなりません。今回は内枠を引きましたし、いつものようなスタートでは苦しいレースになりそうですね。

3枠5番 ヤングマンパワー

準オープン、そして重賞2連勝と、ここにきて一気に実績を積み上げて来ました。乗り難しい馬なので大一番での乗り替わりは痛いところですが、すんなり好位を取れれば粘り込める可能性もあるのではないでしょうか。

3枠6番 ダノンシャーク

2年前のこのレースを制していますが、それ以来勝利から遠ざかっているように、8歳になって勢いが衰えている感は否めません。近走成績も目立ちませんし、大きな上がり目もなさそうですから、ここは苦しいのではないでしょうか。

4枠7番 フィエロ

一昨年、昨年と続けてこのレースで2着しているように、重賞未勝利とはいえ実績で見劣ることはありません。7歳になったものの春には安田記念で3着しているように衰えは感じませんから、今年もチャンスがありそうですよ。

4枠8番 イスラボニータ

昨年のこのレースではスタートで大きく出遅れてしまいましたが、それでも最後の直線で鋭く追い込んで3着に食い込んでみせました。五分にゲートを出さえすればここでは力上位だと考えていますから、スタートに注目ですね。

5枠9番 サトノルパン

1400mのスワンSでも引っ掛かっていたように、久々のマイル戦に対応できるかがカギになりそうです。個人的には無理だと思っているので無印としましたが、果たしてどうなるでしょうか。

5枠10番 マジックタイム

近走は重賞戦線で常に安定して上位争いしており、得意のマイル戦ならGIでも、と思わせる一頭です。府中牝馬Sで接戦を演じたクイーンズリングは先週GIを勝っていますし、この馬も力は持っていますよ。

6枠11番 テイエムタイホー

近走2ケタ着順が続いているように、GIのメンバーに入ってしまうとやや見劣りします。京都コースには勝ち星がありませんし、マイルの持ち時計も劣勢ですから、苦しいレースになってしまいそうです。

6枠12番 ウインプリメーラ

ここが引退レースになるようですが、前走もオープン特別を勝っているように、まだまだ元気一杯です。京都コースは大得意な舞台ですから、思い切って先行すれば残り目もあるのではないかと思っていますよ。

7枠13番 ダコール

マイル戦は過去に実績があるので問題ないものの、得意だったはずの中距離戦でも最近は勝ち切れなくなっているのが気掛かりです。8歳馬で大きな上がり目がなさそうですし、夏場から休まず使われてきているのもどうでしょう。

7枠14番 クラレント

マイル重賞をいくつも獲っており、GIでも馬券に絡んだことがありますが、このところは大敗が目立っているように、年齢的にそろそろ一杯という雰囲気になってきています。今回はGIで相手も揃っていますから、苦しいのではないでしょうか。

7枠15番 ネオリアリズム

札幌記念でモーリス以下を寄せ付けませんでしたが、道悪や展開が味方した印象が強く、そのあと順調にレースを使えなかったのも気掛かりです。マイル戦も初めてで流れに乗るだけで苦労しそうですから、評価を下げたいところです。

8枠16番 ミッキーアイル

半年ぶりの一戦となったスプリンターズSで見せ場十分の2着に善戦したように、自分のペースで逃げれば粘りを発揮してくれます。久々のマイル戦がカギになりそうですが、大敗した昨年の安田記念や一昨年のマイルチャンピオンシップは将来的なことを考えて控える競馬をしたのが裏目に出ただけですから、本来の形で逃げ切ってもらいたいものです。

8枠17番 ガリバルディ

富士Sは5着止まりでしたが、久々だったことやスローペースの中で道中後方2番手だったことを考えれば、悪くない内容だったと思います。中間の追い切りが抜群の動きだったように叩かれた上積みが大きそうですから、押さえておきたいところですね。

8枠18番 サンライズメジャー

秋初戦となったスワンSで見せ場なく惨敗してしまったように、GIのメンバーに入ると見劣りします。大外枠も微妙ですから、今回は消したいと考えています。

短評をふまえた上で予想です

昨今のマイル戦線は、ロゴタイプが逃げ切った春の安田記念が象徴するように、どのレースも「ド」がつくほどのスローペース続きで、このレースも例外ではないと考えています。

外枠でも、スプリンターズSでもハナを切ることができるスピードを持つミッキーアイルが楽に先手を奪えるのは目に見えていますから、そのままマイペースに持ち込んで逃げ切ってくれるのではないかと期待しました。

(久々のマイル戦で3歳時のNHKマイルC以来となるGI制覇に挑むミッキーアイル)

この舞台では、わずかデビュー2戦目に1分32秒3を叩き出しているように、折り合って自分の力さえ出し切れればマイルGIでも勝ち切って不思議ではないと思っていますから、しっかりスタートを切ってもらって、あとは折り合ってくれることを祈るのみです。

折り合えれば逃げ切り、暴走すれば大敗、2、3着はいらないと考え、馬券はミッキーアイルを1着に固定した3連単で挑みます。

相手ですが、まずはミッキーアイルが逃げ切るペースなら前々で残り目がありそうなディサイファヤングマンパワー、京都コースを大の得意としているウインプリメーラをチョイス。

あとは、後方待機でも押し上げてくる強力な末脚を持っているサトノアラジンマジックタイム、追い切りの動きが抜群のガリバルディ、2年連続でこのレース2着のフィエロを拾います。

そして最後に、昨年のこのレースでは大きく出遅れたものの、直線で内を縫うように伸びて3着まで押し上げたイスラボニータを押さえるのですが、この馬だけはしっかりスタートを出れば勝ち切るだけの力を持っていると思っていたので、お遊びで逆転馬券も買っておこうと考えていますよ。


◎16ミッキーアイル
○08イスラボニータ
△01ディサイファ
△02サトノアラジン
△05ヤングマンパワー
△07フィエロ
△10マジックタイム
△12ウインプリメーラ
△17ガリバルディ


3連単(軸1着固定)
1着:16
相手:1.2.5.7.8.10.12.17【計56点】

3連単(フォーメーション)
1着:8
2着:16
3着:1.2.5.7.10.12.17【計7点】

関連記事