【競馬予想】月曜日も競馬があって嬉しい!セントライト記念|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】月曜日も競馬があって嬉しい!セントライト記念|2015.09.20(日)

今週末、世間はシルバーウィークで連休ということもあって中央競馬も特別仕様になっており、土・日・月曜日と、中山、阪神競馬場で3日間連続で開催が行われます。

注目の重賞は、すでに終わりましたが土曜日に障害の阪神ジャンプS、そして日曜日には阪神競馬場で秋華賞トライアルのローズS、さらに月曜日には中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われます。

春からGI戦線を盛り上げた馬が揃ったローズSも気になるところですが、今週末の予想は普段なら開催がない月曜日に行われるセントライト記念にします。

では、月曜日の開催は特別ですが、予想の方はいつもどおり出走全馬の短評から行ってみたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 ウイングチップ

夏の福島開催で500万下を突破したばかりですから、重賞のメンバーでは慣れが必要ではないかと思っています。持ちタイムもありませんから、内枠を利してすんなり先行したとしても、馬券圏内に残るのは厳しいのではないでしょうか。

2枠2番 ジュンツバサ

春の東京開催で未勝利、500万下と連勝しましたが、今回は初重賞挑戦で未体験の中山コースですから、楽ではないと思っています。休み明けのレースになるというのも、歓迎とは言えませんね。

2枠3番 ベルーフ

皐月賞は惨敗したものの、夏の小倉記念で2着に食い込み、力のあるところを見せてくれました。中山は京成杯を勝った舞台ですし、今回は3歳馬同士の一戦ですから、直線で捌ければ上位進出もありそうです。

3枠4番 ミュゼエイリアン

皐月賞、日本ダービーは掲示板に載れませんでしたが、勝利した毎日杯のように上手く先行できれば、小回りの中山コースを味方に残り目があるかもしれません。休み明けになりますが、状態も悪くなさそうです。

3枠5番 ロッカフェスタ

重賞初挑戦になりますが、デビュー2連勝と底を見せていない強味はあります。今回は初の右回り、しかも小回りコースになりますが、先行できるタイプなので苦にすることはないと思いますよ。

4枠6番 サトノラーゼン

デビューからオール3着以内、しかも日本ダービーで2着ですから、今回のメンバーでは実力最上位と言っていいでしょう。関東への輸送は問題ありませんし、自在性があるので初の中山コースも難なくこなしてくれそうです。

4枠7番 ミュゼゴースト

重賞初挑戦となったラジオNIKKEI賞で2着に食い込み、相手なりに走れるところを見せてくれました。中山コースは実績がありますから、距離延長さえこなせれば上位に食い込む可能性がありそうですね。

5枠8番 レッドライジェル

中山コースは2戦2勝ですが、さすがに重賞で同じような結果を出すのは厳しいと思っています。序盤のポジションがどうしても後ろになりますから、あまりペースが上がらなそうなメンバー構成なのも、この馬にとっては苦しいでしょう。

5枠9番 タケルラムセス

デビュー2連勝までは良かったのですが、その後の重賞・オープン戦線では結果を出せていません。今回も相手が強いですから、展開が向いてどこまでやれるかといったところではないでしょうか。

6枠10番 タンタアレグリア

日本ダービーでは結果が出ませんでしたが、それまでのレースと比べてかなり極端なポジションになってしまったので、7着なら悪くないと思っています。小回りの中山コースが鬼門となりそうですが、こなせれば通用しても良さそうです。

6枠11番 スモークフリー

前走で500万下を卒業したばかりですし、春の青葉賞で11着だったことを考えると、ここはさすがに相手が強いのではないでしょうか。先行馬に有利な馬場状態でもないので、展開の紛れも考えにくいところですね。

7枠12番 ブライトエンブレム

裂蹄の影響で日本ダービーを回避する形になりましたが、弥生賞、皐月賞の走りを見る限り、100%の力を出し切れるなら上位争い可能でしょう。本命にするのは怖いですが、馬券から外すことはできません。

7枠13番 キタサンブラック

スプリングSを勝利し、皐月賞でも3着に粘ったことを考えると、中山コースでこのメンバーなら本命クラスの評価をしていいと思っています。ハイペースになることはなさそうなメンバー構成ですから、先行できるのも大きな武器になりそうですね。

8枠14番 グリュイエール

重賞には4度挑戦しているものの4着が最高ということで、ここは相手が強いと考えています。この枠ではポジションも悪くなりそうですから、ここは評価を下げても良いのではないでしょうか。

8枠15番 ブランドベルグ

ラジオNIKKEI賞では掲示板を確保(5着)したものの、それまでの実績を考えるとさすがにこのメンバーでさらに上の着順に食い込むのは厳しいと思っています。中山コースも経験がありませんから、今回は見送りたいところですね。

短評をふまえた上で予想です

今年のメンバーを見渡すと、これといった逃げ馬がいませんから、序盤から平均~スローペースで流れるレースになりそうです。

そう考えると、序盤からある程度のポジションを確保しておくことが必要になってきそうなので、ここは素直に日本ダービー2着のサトノラーゼンと、中山コースでスプリングS勝ち、皐月賞3着の実績を残しているキタサンブラックに注目して良いのではないでしょうか。


(※京都新聞杯を制し、日本ダービーでは2着に善戦したサトノラーゼン)

馬券は、この2頭を軸に据えた3連単(軸2頭マルチ)で勝負したいと考えています。

2頭の相手になりそうなのは、中山コースで京成杯勝ちがあるベルーフ、重賞勝ちがあるミュゼエイリアン、無傷の2連勝中のロッカフェスタ、前走で重賞でも通用するところを見せたミュゼゴースト、重賞で連対歴があるタンタアレグリア

あとは、裂蹄の影響が残っていないならここでも力上位と考えられるブライトエンブレムまで押さえておきたいところですね。


◎06サトノラーゼン
○13キタサンブラック
△03ベルーフ
△04ミュゼエイリアン
△05ロッカフェスタ
△07ミュゼゴースト
△10タンタアレグリア
△12ブライトエンブレム

3連単(軸2頭マルチ)
軸馬:6.13
相手:3.4.5.7.10.12【計36点】


実際にどんな馬券を買ったかは、ツイッターでつぶやくと思いますので、ぜひフォローしておいてくださいね!

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事