稼動日記19・冗談ではない!(シャア・アズナブル談)|禁断症状 ~実家の仏壇がスロット台に見えたので~

稼動日記19・冗談ではない!(シャア・アズナブル談)|2014.01.11(土)

ヤッホヤッホヤホサバンナッチャンス♪
どうもこんにちは、松本ミゾレでございます。

今回も実戦に基づく様々などうでもいいことを呟きたいなあと思っている所存ですが、皆様、もう2014年の初打ちは済みましたか?
直近でライダーやらハンターやらが続々ホールに導入され、早くも多くのスロッターを魅了しているようですが、今回の題材はコチラ。
冒頭のフレーズで既にお気付きの方もいることでしょう!

そう、「パチスロ機動戦士ガンダム」です!

『一撃』においては、既に専属ライターのティナさんが実戦で熱くなれるポイントを書いてくれてますが、その尻馬に乗っかろうという魂胆です。
といっても、基本的な情報は既に雑誌や攻略サイトでも一通り出尽くしている感もあるんで、ちょっとそれ以外のことについて語らせてください。
本当は最近パチスロの話ばっかりしてる場合じゃないぐらい仕事が立て込んでるんですが、気になったことはすぐに書いておきたい性分なのが僕の悪い癖。
それでは早速、参りましょう。



■ビスティ期待の新台!気になるリールについて

まずは基本中の基本。リールについて思うところがあるのです。
リールって言っても、最近の滅茶苦茶なリールロックとか逆回転とか、そういう話ではないです。
本機はフリーズ演出かART中の特化ゾーンに突入しない限りは、リールを使ったお遊びはありません。
これって最近だと随分珍しいタイプになっちゃいましたよね。僕が言いたいのはリールの図柄についてなんです。

ぶっちゃけ見にくくないですか?
BAR図柄が半分赤くなってるし、それが赤7と被るし、終日ぶん回すとなると取りこぼしちゃいますよ。
とか言ってる僕の目押し力の至らなさを恥ずべきなんでしょうけど、おかしいな。4号機時代からハズシの鬼と呼ばれていたはずなのになぁ。
あと、ホールとかで見ることができる機種情報が書かれた紙(小冊子じゃない方ね)では、中リールのスイカはBARを目安にしてって書いてあったんだけど、
配列見ればそんな方法よりも白7狙った方が俄然楽ってことが分かるというね。親切じゃないなぁって思いました(これはビスティのせいじゃないかも)。

ビスティのリールって何か面倒に見えるんですよね、「ウルトラマンウォーズ」もチェリーがチカチカしててちょっとイライラしてました。
まあ、あのマシンは僕の中ではベスト・オブ・スロットルマシン三傑に入ってるんですけど。



■演出のチグハグさはパチンコレベル!?音も小さいような...。

不満点ばっかりで申し訳ないんですけど、リール配列だけじゃなくて、もうちょっと苦言をば。
まずは既にネット掲示板とかでも散々書かれているように、台の音量があまりに小さくなってます。
多分出荷時から音量を抑えていたっていうだけなのかも知れないし、店側の配慮でボリュームをアップしたホールもあるのかも知れないんですが、
いかんせん近隣のホールでは軒並み音をしっかり拾えません。
これじゃ折角の巨大な液晶も迫力がないように思えてしまって。
ついでに、レア小役のレバーオン告知音もあるんですが、通常時はまず聞こえない。
しかもマイホは隣りが「マジカルハロウィン4」を設置してるので、とにかくそっちの音ばかりが耳をつんざくことに。

それと、これもよく話題になっているみたいですが、演出の強弱のメリハリがありません。
対決演出で期待度★★のグフと、★★★★ギャンの勝率が、体感でも全く変化がないように思えてならんかったんですよね。
対決といえば、この時のアムロの台詞もおかしい。
マ・クベの搭乗するギャンは、シャアに「付け焼刃」と称され、あっけなく撃破される程度のMS。
原作でも遥かに年下のアムロをして「小賢しい」と掃き捨てられてます。ところが、どうでしょう。本機のVSギャン演出では、アムロが「つ、強い!」とまさかの発言。
僕は思わず、しれっとパチンココーナーでCR機に着席していたのかと思いました。

おっかしいなあ。「ウルトラマンウォーズ」の演出は、しっかりメリハリついてたのになぁ。
とまあ、そんなことを思いつつも、いつかは天井なり小役直撃なりで当たるし、やっぱりARTが確定となれば期待も入るわけで。
しかし......何故ARTの際に中段ラインに7図柄が停まる制御にしたのか。
お陰で継続率に期待できない青7が一確目で出るという、初っ端から溜息が出るような展開を見る羽目に。
だったら最初からリールの赤7と青7を近づけておく必要なかったでしょ。
なんだろう、ガンダムもパチスロも、触れたことがない人が作ったのかと疑ってしまう台。それが「パチスロ機動戦士ガンダム」に対する第一印象でした。



■豊富な特化ゾーンも、当たらなければどうということはない!

まあART機なんて通常時の展開が理不尽でもいいんです。
どんなにレア役が空振りしようと、いざARTにぶち込んでしまえば、最近はART中の小役の働きぶりに設定差がない台ばっかりですから!
とか思ってART「ニュータイプBONUS」を消化することにしたんですが、まあ小役が落ちないこと落ちないこと。
まるで魔法にかかったかのように、リプ、ベルの連打。駆け抜けるとはこの事ぞって感じでした。

なんでも、通常時とART中とでは、小役の確率が大きく変動しており、チェリーもスイカも出現率がグッと下がっているのだとか。
そんでもって最高継続率は驚きの91%ですが、青7では期待できませんし、よしんば91%にぶち込んだとしても15連目で強制エンディング。
次回天国が確定するものの、当然継続率の引継ぎなし。
上乗せ特化ゾーンだけは沢山あるんですが、ハードルをクリアして突入させるにはただでさえ出現確率が下がっているレア役を1セット33Gの間に引くか、
たまに出現する6択を成功させるか、あるいは通常時にフリーズを引くか。どれもなかなか転がり落ちてくれるものでもありません。
それに加えてART消化中のガンダムアップ煽りやらモノアイ点灯煽りやらが結構頻発してくれやがります。
これにはガンジーレベルの聖人でも黙りこくってしまうのではないでしょうか。


mizore-20140110.jpg

添付画像はラウンド開始時、何となく熱そうだったので撮影したギレン総帥です。
でもこのラウンドでシャアにコテンパンにされ、しかも次回ARTまで780Gも引っ張られました。

おお、我ながら大変なこと書いてますね。
でも、これでもかなりマイルドに気になった点を挙げているだけです。
「そんなこと言いながら、負けた腹いせなんじゃねえの?」とか「逆に酷いこと書いて、ステマするつもりか!このクズ!」という声もあるでしょう。

しかし、断じてそのようなことはございません。
朝イチから終日打って、ART初当りがぶっちぎりの6近似値をキープした台を打ってからの、この記事です。
そりゃ赤7は一度引きましたし(一度だけかぁ)、これがエンディングまで伸びましたが、道中これと言った事故もなく、1600枚程度の獲得。
下パネルには「1000枚オーバー」の意味があるのかないのか分からないパネル変化演出。もういっそスランプグラフでも載せてればいいのに。
そんで次回天国での放出も、70G台後半でしたからね。せめて32G以内にして欲しかった。



■希望を捨てるな!ガンダムのポテンシャルはダテじゃない!

ここまで色々と嫌なことばかり書いてしまいましたが、それでも熱くなれるポイントはあります。
通常時ですとリプレイが5連でART確定ですし、ハズレ(ベルこぼし目除く)15連で自力フリーズ獲得。この際の恩恵も相当なもので、興奮必死(確実に15連で終わるけど)。
14連とかでも赤7は濃厚みたいです。まあ、なかなかそこまでハズレを引くことはないんですけど......。

それから、1セット33GのARTが終了すると、8Gの間シャアとの対決に発展。
6Gで勝てば結構快楽中枢を刺激してくれる心地良いサウンドが祝福してくれます。あれはいい。癖になりそうです。
それから5セット目のVSビク・ザムと10セット目のVSエルメスは問答無用で対決勝利確定。このラウンドは安心してOKです。
溜まったコインを箱に移すには、このタイミングが最適ですね。

ART自体も継続するごとにシャアもザクⅡからゲルググ、ジオングと機体を変えて臨んできますし、よく確認すると最初の方はソロモン宙域が舞台のARTですが、ラウンド10を超えた辺りになるとア・バオア・クーでの大規模戦闘に切り替わってます。
確かここで量産型ゲルググの姿が確認できたような......。
あと、よく観察するとどう見てもエースパイロットにしか思えない動きでリックドムを撃破するGMの勇姿を拝めます。

好感が持てたポイントはまだありまして、一旦ART中の6択に成功して「アムロ覚醒モード」にぶち込むと、100G以上は楽々乗ってくれます。
しかもこの特化ゾーン、レバーONのたびに赤7か青7が0G連で揃って上乗せしてくれる「G-IMPACT」の突入契機でもあります。
ツボに嵌れば相当いい思いができるのではないでしょうか。

もっとも、本機最大の上乗せゾーンは「赤い彗星ZONE HYPER」で、こちらの平均上乗せG数は580なのだとか。
突入にはART中のBAR揃いが不可欠とのことですが、これは一度は引いてみたいですね。

このように、良い意味でも悪い意味でも目立つ部分の多い「パチスロ機動戦士ガンダム」ですが、高設定を掴めれば一撃の重さはなくとも、数をこなすことで出玉を増やせるはず!
僕も色んな葛藤に耐えて打ち終えた時には、手元に3000枚残ってました。
特化ゾーンなんてろくに入らず、何度も単発を喰らってしまったんですが、そんなヒキ弱でも高設定域の初当たりが引けてるなら、結果は残ることでしょう。

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事