【特集ページ】スマートパチスロ(スマスロ)とは?

スマスロスマパチ特集の

目次

「スマートパチンコ(スマパチ)」「スマートパチスロ(スマスロ)」とは?
スマート遊技機のメリットは?
「スマートパチスロ」で変わること


「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」とは?

「次世代遊技機」の名称で、パチンコでは従来「封入式遊技機」と呼ばれていたもの。パチスロではいわゆる「メダルレス遊技機」のことを指す。

ユーザーがパチンコ球やメダルに一切触れることなく遊技することができるのが大きな特徴。

2022年3月24日に日本遊技機工業組合(日工組)および日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)よりホール団体に向けて発表されたもので、スマートパチスロ(スマスロ)は2022年11月、スマートパチンコ(スマパチ)は2023年1月のホール導入が目標とされている。

これらはもとより2017年頃から話し合いが進められていたもので、“遊技機の出玉などのさまざまな情報を一元的に管理する新規遊技機”として2018年から順次開発が進められていた。

スマスロスマパチ特集のスマスロ筐体参考展示
「ユニバカサミフェス2018」でも既に参考展示されていた


スマート遊技機のメリットは?

スマスロスマパチ特集のメリット

感染症対策強化

従来までのように不特定多数のユーザーが球やメダルに直接触れることがなくなるため、衛生的な問題の解消に加えて感染症対策の強化にも繋がることが期待できる。

ホールの負担軽減

遊技球・遊技メダルがなくなることで、玉箱の上げ下げや計数作業の軽減に繋がる。パチスロの場合、コイン補給やホッパー関連のエラー対応を行う店員の業務負担が減ることが見込まれ、人員的な負担軽減に期待できる。

また球やメダルの“循環設備”が不要となるため、特に新規店舗ではイニシャルコスト(初期費用)の削減にも繋がる。

ユーザーにとっては、ホール側の負担が減る事でより出玉での還元や、細やかなサービスに期待できるだろう。

セキュリティ・依存症対策強化

「球やメダルの持ち込み」などの不正防止に繋がるのはもちろんのこと、封入式に近い形になることでスマパチではピアノ線ゴト・磁石ゴトといった行為のセキュリティ強化に繋がる。そしてスマスロではホッパー・セレクター関連のゴト撲滅にも期待できる。

またスマパチ・スマスロの出玉情報等は「遊技機情報センター」に送られ、一元的に管理される。これにより管理が容易となり、不自然なデータがあればすぐに対応できるほか、遊技機が型式どおりの性能であるかの確認も可能で、射幸性が過度に高まることを防止する役割も担う。

スペース確保!?

スマパチ・スマスロ共に、遊技機の横に「専用ユニット」が設置されることが決まっているが、特にパチスロにおいては従来の“サンド”よりスペースが削減され、より設置台数が増える可能性も!?

規制緩和への期待

これらの次世代遊技機を広く普及させるため、スマパチ・スマスロに限りそれぞれスペックの向上や出玉性能の緩和といった現行機種との差別化が見込まれる。(下記項目参照)

かつてこの業界では、ホールの経理透明化を目的としてCR機を広く普及させるため、確率変動(確変)機能の付加が許可されたという歴史がある。

今回、そして今後の規制緩和に関しても現実的なものと言って良いだろう。

デメリットも……!?

一方で当然デメリットや懸念点もある。

まず次世代遊技機自体の費用に加えて、専用のユニットを設置する必要があるため、その分コストがかかる。店舗によっては「シマの設備自体」を改装する必要も出てくるだろう。

また2024年には新紙幣への移行が予定されており、その際は確実に設備投資を強いられる。このタイミングまで、スマート遊技機への設備入れ替えを見送らざるを得ないホールが出てくることも予想される。

また半導体不足や、ウクライナ情勢などの影響による円安で部材調達コストがかさむことも懸念材料であろう。

「出玉感が出しにくい」といった懸念点もあるが、このあたりは既存のホールも各台計数機が一般的になりつつあるので問題は小さいと言えよう。

「スマートパチスロ」で変わること

スマスロ・スマートパチスロの特徴

有利区間のゲーム数上限が撤廃に!

現在伝えられている情報では、昨今ホールに登場しはじめた【6.5号機での緩和】に加えて、スマートパチスロでは、有利区間のゲーム数上限が撤廃となる。

ここで注意して欲しいのは、あくまで「ゲーム数」の撤廃であって“有利区間自体がなくなるわけでは無い”という点。

「差枚数で2400枚」という点や、保通協の型式試験における出玉試験の水準(1600Gで150%等といったもの)が変化するわけではないので、いきなり出玉性能が劇的に変化した機種が登場する可能性は低いだろう。

項目 6.2号機 6.5号機 スマスロ
有利区間内
獲得枚数
MY
2400枚
差枚数
2400枚
差枚数
2400枚
有利区間
ゲーム数
最大
3000G
最大
4000G
制限なし
有利区間ランプ 従来通り 点灯義務なし
(6.4号機より)
点灯義務なし
コンプリート
機能
なし 19000枚 19000枚


しかしながら有利区間のG数制限が無くなるということは、理論上は例えば数千Gかけて8000枚吸い込んだ台なら、一撃10,000枚を超える台も作れるという事になる。(もちろんこれは、出玉試験の範囲内の出玉性能での話だが……)

少なくとも現行機種よりは、ゲーム性の幅が広がった遊技機が登場することは間違い無いだろう。

期待して待とう!

※「コンプリート機能」とは
一定の出玉量に応じて打ち止め機能を発動させるもので、安全装置とも呼ばれる。パチンコで95,000発/パチスロでは19,000枚に達すると発動する。

これはいわゆる“自主規制”で、「万が一にも抜け道的な要素で高い射幸性と出玉性能を持つ機種が登場することが無い」という点を“自主的に”明確にすることで、認められた出玉性能内においてスペックや設計・出玉性能に幅を持たせたり、今後の緩和に繋げようというもの。

実際にこの出玉に到達する事はほぼ無いため、「リミッター」といったネガティブなものでは全くないことをおさえておきたい。


スマパチ(スマートパチンコ)についてはこちら


※本記事の内容は編集部の独自調査に基づくものです。情報の正確性を保証するものではありません

目次へ戻る

業界ニュース