【第109回ガチノリ】エヴァ逆挟みほくそ笑みポイント愛|能面の微笑み

【第109回ガチノリ】エヴァ逆挟みほくそ笑みポイント愛|2015.08.19(水)

レポーター以外でガチノリに参加するのはいつ振りでしょうか。

こんにちは、編集部のよろづ屋のーめんさんです。

8月8日(土)、ガチノリということでパチスロライダーさん(!!)と一緒にやすだ所沢店さんに行ってきました。

パチスロライダーさんとのーめんさんを引率するのは、編集部の上條ローさんです。

この妙なメンツ(*・∀・) 誰だよ決めたの編集長かな?

今日は"ヴンダー発進"でおなじみの、今自分の中で最もアツいあの機種をじっくり打ちたいと思います。

所感

ヱヴァンゲリヲン・希望の槍というパチスロ機

エヴァ希望の槍とかエヴァ槍とか略されてる、ヱヴァンゲリヲン・希望の槍ですが、この日にこの機種をチョイスしたのには理由がありまして。

どうも知人等々の話を聞いている感じ、「あっちの店で4以上確定演出を見た」だの「そっちの店で6確定ボイスを聞いた」だの、そういう嬉しい報告を聞くわけなんですよ。

"エヴァ"と言えば、設定推測がしやすいシリーズというイメージが強く、一般的に特定日には設定が入りやすい鉄板機種のイメージがありました。まああくまで個人的なイメージなんですけど。

今作についても最初にスペックを聞いたときは正直"エヴァ"としてどうなるんだろうと思っていましたが、導入からしばらく経って改めて観察していると専業さんからライトユーザーさんまで幅広く打っているようですし、特に大事に使っているだろうお店さんもよく見かけます。

そんなわけで、実戦店舗へ下見に行けなかった今回。

上記の風潮に倣えば、エヴァなら間違いではないだろう。

そう勝手に決め込んで朝イチから打っちゃうぞという魂胆です。

まあいろいろ理由をつけましたけど、竹を割ったような女になれって数学教師だった祖父が言ってましたので、こうなったら本音だ。

この機種が好きだ。だから打つぞ。

「私、ヴンダーになる」(赤文字)

昨今主流のAT機と違い、"新基準機"である本機は通常時から変則押しができるというのはもう有名な話。

つい最近私の名前が"のーめん"から"よろづ屋のーめん"にジョブチェンジ風の変化を遂げたのですが、他の候補として"逆挟みサチコ"みたいな名前もいいかなって思ったんです。

理由といたしましては全部、本機のせいだ。
※"サチコ"に深い意味はありません。

とまあ話がどうでもいい方向に逸れましたが、せっかくなので逆挟みで打った時のボーナス察知手順、というかこうなったらこの色のボーナス、リーチ目じゃないかなあっていうのを備忘録を兼ねてまとめておきたいと思います。

......と、思ったのですが、案外長くなってしまったのでそれだけを別に記事にしてまとめましたので、具体的な方法とかはそっちを見ていただきたく。

この記事では当日の実戦の流れとかを書いていきたいと思います。

実戦

朝イチは変更挙動かどうかわからないままレア役をポコポコ引いてしまって前兆ステージに移行したりしてわちゃわちゃしてました(あるある)。

初当たりはちょっとハマったあとのCZから。



やっぱり私のヒキではシンジ君が『僕が乗ります』になってからが勝負です。

この日初ボーナスは青SBB。

分母が大きいですが、とりあえず早い段階でこいつが複数回引けると設定2・4、あわよくば6かもしれないという希望がちょっとだけ出てきて、というか設定1じゃないかも!という気分になれて大変嬉しいですね。

本日最大の見せ場となったのはこいつです(↓)。

エヴァクラッシュ ロンギヌス

どどんと、チェリーBからのエヴァクラッシュで+313G!

震えました。

関連記事