舐めるか揉むか|ティナ君の実戦記

舐めるか揉むか|2015.02.21(土)

こんにちは、ティナ君です。

2月11日、KINBASHA新宿三丁目店での設定判別バトルで
『パチスロ マクロスフロンティア2』を打ってきました!

shb150214tina-img1.jpg

ここだけの話、この機種はあまり打ったことがないんですよね。
(初代マクロスはアホみたいに打ってましたけどね)

バトルの前日に初めて弱チェリーBとかいう小役の存在を知りましたし、なんならこの機種について知ってることといえば、ランカちゃんは舐めたい、シェリルは揉みたい、とかそのくらいです。

そんなやつが設定判別バトルで担当していいのか疑問ですが、下手なりに頑張ってみますのでよろしくお願いします。

ということで打っていきます。

マクロス2の主なゲーム性は前作を踏襲しているみたいなので、スムーズに打ち始めることができました。

と言っても、スムーズに打ててるだけで、朝イチノーボーナスでこんな感じに。

shb150214tina-img2.jpg

途中でARTを挟んでいるとはいえ、さすがにこれはキツいです。

というかレア役全く引けないですし、引いてもうんともすんとも言いません。


天井は1280Gで超時空LIVEとのこと。

ここはしっかりと天井恩恵を掻っ攫って差枚数をプラスにもっていかなければ厳しい展開になりますね。

頑張ります!

shb150214tina-img3.jpg

ありがとうございました。

その後

ここでで当選したボーナス準備中にボーナスを2つストック。
300枚ほど出玉を獲得しましたが、そんなんじゃ足りません。

これまでも、そしてこの先も何もなかったので、1500Gほど回した時の小役確率を見てみましょう。

※CB中のベル回数92回を引いた1408Gで算出
弱チェリー...17回(1/82.8)
強チェリー...4回(1/352.0)

小役確率は完全に低設定ですね。どちらも設定1を振り切っています。

それに加え、ボーナスとARTの初当り確率も設定1を振り切る値。

デカルチャンスは今のところランカ(奇数で出やすい)先行状態。

...。


ここまでのデータだと完全に奇数の低設定って感じですね。

たかが1500Gでのサンプルですけど、これは正直辛いなぁ。

プライベートならずっと前にヤメてるでしょうね。

shb150214tina-img4.jpg

ちなみに今こんな感じです(怒)


この写真を撮った数ゲーム後に引いた強チェリーでボーナスに当選したのは内緒にしておいてください。

結果は聞かないで

shb150214tina-img5.jpg

もう逆転するにはコレしかない!

ということで、バジュラアタックを全て超一撃で挑戦してみましたが、当然のようにハズレ。

こういう日は何をやってもだめですね。

というかポンポン成功するものでもないですけど。

shb150214tina-img6.jpg

そして"最後のチャンス"とばかりに発生した突撃ライブチャンス

ここは是非とも当てたいですね。


(さて、どちらを選ぼうか...。)

つまりは舐めるか揉むかってことですよね。


よし、舐めましょう。


ということで、ここは迷わず緑7を選択。外れました。

僕にはどちらかを選ぶ資格もなかったということでしょうか。

なんだかフラれた気分。


shb150214tina-img7.jpg
▲この写真は打ってて一番興奮した瞬間です。


そんなこんなで実戦終了。最終的な推定差枚数は約-3900枚でした。
ホントもう、何しに来たのかわかりませんねコレ。


設定判別をしてみようとデータを見返してみたのですが、見てビックリ、どこも良いトコがありません。

・弱チェリー...48回(1/83.2)
・強チェリー...15回(1/266.1)
・フェイクリプレイ...4回(1/998.0)

強チェリーは設定6を振り切っていますが、分母がでかすぎて信用なりません。

ARTの初当りやボーナス出現率なんかはTHE☆低設定って感じで話す気にもなりません。

デカルチャンス中の曲は奇数先行で高設定確定パターンは一度もなし...。


さすがにそんなことは無いだろうと思いますが、この実戦値を見てしまうと低設定としか言いようがないですよね。

予想設定は13ということで。

さて、帰って寝よう。


実戦詳細データはこちら






(C)2009,2011 ビッグウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)SANKYO

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事