リベンジマッチ|ティナ君の実戦記

リベンジマッチ|2015.01.28(水)

前回の設定判別バトルから約2週間。

1/11(日)にKINBASHA新宿三丁目店さんにて、
『設定判別バトル』が開催されました。

shb150111tina-gazou0.jpg

そして担当する機種は
『パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴』

前回のバトル記事を見て下さった方なら知ってるかと思いますが、この間はあれだけ偉そうに語っていた機種で、しかも推定高設定の台を半日打ってボロ負けしたんですよ。

これはもうリベンジするしかない。

そんなことを言ってたらやってきましたよ、その場が。

まさかこんな早くにリベンジの場を設けていただけるとは...。


今日はいつも以上に気合が入っております。

そしてヒキと気合は比例しないことも分かっています。

ということでがんばらない程度にがんばります。こんにちは、ティナ君です。

わりと比例するのかも?

朝イチは最初の前兆からすんなりとゲーム数解除。

前日のヤメゲーム数が120G前後だったのでリセット後の天国移行だったのかもしれませんね。

個人的にはリセット後に128G以内で当選することがあまりなかったので恥ずかしながらもビックリ。

その初当りで選択された大型モンスターはクルペッコ


...突然ですけどクルペッコってなかなか討伐できなくないですか?
できないですよね!?←

個人的には討伐後の「やったぜ。」的な、クルペッコを囲んで喜んでいる様をあまり見れない気がするんですよね。

とまぁ、こんな下らない話は置いといて。


2回目の初当り(ギギネブラ)討伐報酬がなんと

shb150111tina-gazou1.jpg

剥ぎ取りチャンスGだったんですよ。

たしかギギネブラの場合は討伐時の1.0%でしか選択されなかったはず...。


BAR揃い時の大型モンスターでこのケースに遭遇するのは自身初です。
(赤7時の大型モンスターのほうが段階を踏んで振り分けが高くなっているため)

新年早々ドエライもん引いてしまった予感。

shb150111tina-gazou2.jpg

...と思ったら今度はあれだけ討伐できないとボヤいていたクルペッコから剥ぎ取りチャンスGをゲット。

あとで調べた結果、クルペッコの振り分けは0.8%でした(驚)

一日を振り返ってみると、リオレイア希少種を一度討伐成功していたので、一日に剥ぎ取りチャンスGを3回も拝めたということになりますね。

「これが取材中じゃなければ...。」

と、プライベートで絶対できないようなヒキをみせて悔やむティナ君でした。

そんなこんなで

shb150111tina-gazou3.jpg

ティナ君の実戦中には必ず降臨するといってもいい激熱チェリーもしっかりと確認。(そんなに引けるものじゃない)

その他にも、昇格チャレンジ(惜しくも青7)を引いたりして一撃3000枚以上を叩き出しました。

これで今日はやりきったな、って感じです。

実戦終了です。


さて、このへんでド素人の設定推測のお時間です。

今回注目すべき点は間違いなくココでしょう。

■実戦時の各小役出現率

通常時 回数/確率
ベル出現率 34回(1/65.7)
強スイカA 6回(1/752.0)
強スイカB 7回(1/644.6)
AT中 回数/確率
共通ベル 33回(1/69.0)
左第一ベル 8回(1/284.6)

通常時のベル出現率は設定4の近似値ではありますが、それ以外はぶっち切って設定6以上です。

強スイカは出現率ではなく比率で見るべきでしょうが、差は1回分ですので今回は出現率で見ます。


通常時の初当りがかなり悪い結果となりましたが、初当り回数自体が少ないのでなんとも言えません。

そして今回も初当りからのジンオウガ選択(天国)が1回確認できたので、少し強引ですが設定3・5・6のどれかと推測します。

また、天国移行率も悪くなく、天国モードの連チャンが無かったので偶数設定と推測。

正直初当り関連がこれだけサンプル少ないと自信はありませんが、予想設定は6ってことで。


とりあえずリベンジ成功できてよかったです。





実戦詳細データはこちら


(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする
ツイッターでシェアする

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事