【出玉バトル】好きな台で勝てる喜び|ティナ君の実戦記

【出玉バトル】好きな台で勝てる喜び|2014.10.27(月)

こんにちは、ティナ君です。

今回はKINBASHA新宿三丁目店さんにて行われた設定判別出玉バトルに参加してきました。

shb141019tina-gazou1.jpg

そして今回担当する機種は『パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴』(モンハン月下)です。

モンハン月下は、個人的に打ち込んでいる機種なので設定判別的な意味でも、出玉的な意味でも頑張りたい所。

特にモンハン月下は設定を示唆する演出や挙動があるので、是非拝みたいモノです。


ということで朝イチの挙動から。

朝から208G358G148Gと浅くも深くもないゲーム数からのボーナス当選。

2、3回目の当りがCZでの当選だったのですが、ここでどちらも天国モードに移行しなかったのはちょっと辛いです...。

辛い...

のですが...

shb141019tina-gazou2.jpg
▲剥ぎ取りチャンスGじゃなくても見れる幸せ

連チャン中に、温泉ムービー(剥ぎ取りストック高確)発生。

しかもこの間に剥ぎ取りチャンスを3つストック、そのままの勢いで一撃1500枚を獲得しました。

まだ高設定っぽい挙動は見られませんが、早い段階でドル箱を使えたのでとても満足です。


しかしCZからの当選が数回あるのに未だ天国モードでのゲーム数解除がゼロ。

まだ決めつけるには早いですけど、この時点で一番上の設定の可能性は薄そう...。

多分プライベートだったらここでやめてると思います。

(今更過ぎる)強スイカの判別方法

強スイカA/Bの出現率に設定差があるからカウントしましょう。

でもAとBってどう違うの?って話ですよね。

基本的には左リールBAR狙い時に、
上段スイカ揃いがスイカA
中段スイカ揃いがスイカB
なわけですが、目押しの加減でスイカB(中段揃い)もスイカA(上段揃い)の停止型になっちゃうんですよね。

ですが、ありがたいことに上段揃いの停止型からでもスイカのA/Bを見抜く方法があるんです。


手順は簡単で、

スイカ上段テンパイ時に、右リールに「BAR・スイカ・スイカ」狙い

shb141019tina-gazou3.jpg
▲一番下のスイカを上段or枠上に狙う感じです。

画像の様な停止型になったら強スイカBとなります。

僕自身、通常はかなりアバウトに左リールに目押しをするので、よく強スイカAの出現率だけ高いなんてことが多かったです(笑)

もしそんな現象に陥っている人がいたら試してみて下さい。

悩む

結局128G以内でのゲーム数解除を確認できたのは1日打ち通して1回のみ。

個人的には設定差を見る上でここが一番大事かなと思うのでピックアップしてみましょう。

■ゲーム数解除時 天国移行率

※以下の単位は%

設定 モード
通常A滞在時 通常B滞在時
1 19.92 30.08
2 23.05 33.98
3 19.92 30.08
4 30.47 45.31
5 25.00 38.28
6 37.89 55.08


■CZ解除時 天国移行率

※以下の単位は%

設定 モード
通常A/B共通
1 30.08
2 33.98
3 30.08
4 45.31
5 38.28
6 55.08

ここを見るとやっぱり設定6の可能性は低そうですね。

CZ解除後に128G以内でCZ解除なんてこともあったので、純粋なサンプルは少ないですけど...。

小役確率も設定4・5・6付近の値を示していますが、これを重視するのもどうかなと。

もうこうなっちゃうと設定なんてわからないです、はい。

ただ気になるのが一つ。

shb141019tina-gazou4.jpg

詳しい数値は分かりませんが、高設定ほどボーナス確定画面で主人公が選択されやすいみたいです。

実戦上でも、主人公が選択されやすいと同時に高設定の挙動がよく見られましたし。

今回は62回ボーナスを引いて4回出てきたから、きっと高設定なんでしょう(テキトー)

あと初当り時、G数解除からのジンオウガ選択が一度もなかったので設定5・6は薄そう。

小役確率は設定4と5の間みたいですし、

予想設定4ってことでどうでしょうか。

shb141019tina-gazou5.jpg

実戦ライターの癖にこんなこと言うなって思うかもしれませんが...、

設定当てるより出す方が偉いんだ。

そういう意味では設定6だったのかもしれないです。


実戦詳細データはこちら


(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事