【競馬予想】ミ・スエルテは疑ってかかります!朝日杯フューチュリティS|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】ミ・スエルテは疑ってかかります!朝日杯フューチュリティS|2016.12.18(日)

先週末は2歳牝馬の頂点を決める阪神ジュベナイルフィリーズが行われ、話題のフランケルを父に持つソウルスターリングが制覇しました。

そして今週は、同じく阪神競馬場で2歳牡馬(牝馬も出走可能)の芝マイルGI・朝日杯フューチュリティステークスが行われますが、今年は牝馬のミスエルテが挑戦することが大きな話題に。

デビュー2連勝でファンタジーステークスを制している上に、ソウルスターリングと同じフランケル産駒ということで大きな注目を集めていますが、果たして本当に牡馬を一蹴してしまうのでしょうか。

ちなみに、ミスエルテという名前ですが、ずっと「ミス・エルテ」だと思っていたんですが、実は「ミ・スエルテ」という区切り方が正しいらしいですね。

なんでも、「mi suerte」というスペイン語らしく、意味は「私の幸運」らしいですよ。


朝日杯フューチュリティステークスの予想をしていく前に、ウマツからお知らせを2つ。

1つ目は先週に続いての宣伝になりますが、個人的に競馬のことをいっぱい書くブログをやっています。


主に土日の重賞予想、平日の交流重賞予想、あとは今週の武豊騎手の騎乗予定馬をチェックしたりしていますが、今後も楽しいことを考えながら書いてきたいと思っているので、ぜひ、競馬ファンの方はチェックしてください。


そして、もうひとつのお知らせは、いつもの特別レース予想を見ることができる競馬予想メールマガジンのお知らせです。

今週も3場で計10の特別レース予想を見ることができますが、ツイッターを見ていただいている方は承知していると思っているものの、事情があって作業が遅れています。


恐らく、明日の朝からの公開になると思うので、使っていただける方は、お昼過ぎぐらいにでも覗いてみてください。よろしくお願いします。


それでは、ここからは朝日杯フューチュリティステークスに出走するフルゲート18頭の短評、そして最終的な予想の順で進んでいきたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 レヴァンテライオン

デビュー2連勝で函館2歳ステークスを制覇。大敗した前走は距離というより久々の方が大きかったと思っているので、叩かれて一変してくる可能性がありそうです。最内枠で内田騎手ですから、逃げていいぐらい強気の先行策になるかもしれませんね。

1枠2番 アシャカリアン

ダートで未勝利勝ち。今回は昇級戦、しかも格上挑戦で相手が強いですし、芝は経験がなく未知数な上に血統的にもダートの方が良い気がしますから、苦しいレースになるのではないでしょうか。

2枠3番 リンクスゼロ

初ダートとなった前走はゲートの失敗も響いてレースになりませんでしたが、今回はデビューからオール複勝圏の芝に戻りますから、巻き返す可能性があると思っています。マイルは問題なくオープン勝ちもありますから、通用しても良さそうですよ。

2枠4番 ボンセルヴィーソ

前走のデイリー杯2歳ステークス2着に粘り込みましたが、いかにもスローペースを逃げて展開に恵まれた印象を受けます。今回はGIで同じペースになるとは思えませんし、相手も揃いましたから、苦しいのではないでしょうか。

3枠5番 タガノアシュラ

出世レースのひとつと言っていい黄菊賞を逃げ切ってきましたが、同レースは5頭立てでかなり恵まれていました。今回は一気の距離短縮になりますし、重賞実績もありませんから、思い切って切りたいと考えています。

3枠6番 クリアザトラック

京都マイルの新馬戦を、2番手から上がり最速の脚を使って勝ち上がってきました。時計短縮、相手強化、ペースの違いなど課題は多いですが、展開に恵まれれば好位抜け出しの形があるかもしれませんね。

4枠7番 ビーカーリー

芝1200mで2勝を挙げていますが、今回は見せ場を作れなかった前走のデイリー杯2歳ステークスに引き続き、実績のないマイル戦になります。しかも、2回挑戦した重賞ではいずれも大敗していますから、苦しいと思っています。

4枠8番 ダンビュライト

新馬勝ちから3カ月の休養を挟んで挑戦したサウジアラビアロイヤルカップでは、次走で東京スポーツ杯2歳ステークスも勝つことになるブレスジャーニーの2着に好走。直線で内に切れていなければもっと際どくなったと思いますし、3着以下は大きく離していましたから、負けて強しだったと言っていいでしょう。

5枠9番 ダイイチターミナル

重賞初挑戦となった小倉2歳ステークスでは2着に善戦したものの、勝ったレーヌミノルには大きく離されてしまいました。前走の京王杯2歳ステークスでは見せ場を作れませんでしたし、マイルも今回が初めてですから、厳しいレースになりそうです。

5枠10番 モンドキャンノ

重賞初挑戦となった函館2歳ステークスでは2着止まりでしたが、休養を挟んで迎えた京王杯2歳ステークスを制し、力のあるところを見せました。血統的にさらなる距離延長は微妙ですが、久々を叩いて状態は良さそうですから、距離さえ克服できれば上位に来て不思議ではありませんよ。

6枠11番 トリリオネア

前走で未勝利戦を勝ち上がったばかりで実績面では見劣りしますが、デビューから2戦とも上がり最速の末脚を使っているように、走りのレベルは高めだったと思っています。距離延長や相手強化など課題もありますが、一応押さえてみたいと思っています。

6枠12番 トーホウドミンゴ

デビュー3戦目でようやく未勝利戦を勝ち上がってきましたが、元々スタートに不安がりますし、今回はGIで相手も一気に強くなりますから、楽なレースにはならないと思っています。時計が速くなると、さらに厳しくなるかもしれませんね。

7枠13番 ミスエルテ

デビュー2連勝でファンタジーステークス勝ち、しかも末脚にかなりのインパクトがあるので、1番人気になるのは予想していたところ。ただし、牡馬を相手にするのは初めてですし、ファンタジーステークスのレベルにも疑問が残りますから、ここは凡走しても不思議ではないと考えています。

7枠14番 ブルベアバブーン

ダートで2勝を挙げて参戦してきました。唯一の芝となった新馬戦では勝ち馬から5秒も離された最下位に敗れていますし、オープンクラス初挑戦で相手も強くなりますから、軽視したいと思っています。

7枠15番 レッドアンシェル

重賞挑戦こそないものの、デビューから2連勝でもみじステークスを制してきました。相手はさらに強くなるものの、底を見せていない魅力がありますし、距離延長もプラスに働きそうですから、押さえておきたい一頭ですね。

8枠16番 アメリカズカップ

マイルの新馬戦を勝ち上がると、オープン特別の野路菊ステークスで連勝を飾りました。3カ月ぶりの実戦でGIというのは楽ではありませんが、底は見せていませんから、とりあえず押さえておきたいと考えています。

8枠17番 サトノアレス

初勝利に3戦を要したものの、昇級戦となったベゴニア賞で連勝を飾り勢いに乗ってきました。重賞初挑戦ですし、長距離輸送も初体験で不安もありますが、力は持っていると思うので買い目には入れたいと思っています。

8枠18番 トラスト

中央移籍初戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスはチグハグな競馬で5着止まりだったものの、ハイペースを先行しながら勝ち馬から0秒4差で踏ん張っていますから、悪い内容ではなかったと考えています。大外枠は微妙ですが、各馬の出方を見ながらレースを組み立てることができると前向きに考えて押さえてみますよ。

短評をふまえた上で予想です

今年の話題は、なんと言っても牝馬のミスエルテが阪神ジュベナイルフィリーズではなく牡馬相手のこちらに出走してきたことですが、インパクトがある末脚とソウルスターリングと同じフランケル産駒ということで、実力以上に人気を集め過ぎている気がしてなりません。

デビュー2連勝でファンタジーステークスを制している訳ですが、負かした馬たちのその後の成績を見てみると・・・

2着・ショーウェイ(阪神JF・13着)
3着・ディアドラ(白菊賞・2着)
4着・クインズサリナ(阪神JF・15着)
5着・ゴールドケープ(阪神JF・6着)
6着・ドロウアカード(白菊賞・3着)
7着・アオアラシ(その後は不出走)
8着・ブラックオニキス(阪神JF・12着)
9着・ヤマカツグレース(その後は不出走)
10着・メイショウカリン(その後は不出走)
11着・クールファンタジー(その後は不出走)
12着・モンロー(白菊賞・9着)


自己条件の白菊賞(500万下)に出走した3頭がいずれも勝ち上がれず、阪神ジュベナイルフィーズに出走した4頭が最高6着ですから、相手に恵まれた感は否めません。

ミスエルテだけがズバ抜けて強い可能性も否定はできませんが、十分に疑う要素になるとは思っていますし、折り合いに不安があって後方待機策しか取れませんから、馬券は牡馬から入りたいと考えています。

期待しているのは、マイルの新馬戦を圧勝して3カ月ぶりのサウジアラビアロイヤルカップも2着に善戦したダンビュライト

勝ったブレスジャーニーは次走の東京スポーツ杯2歳ステークスも制した実力馬ですし、3着以下には大きな差をつけており、直線で大きく内に切れなければもっと際どいところまで行っていたと思っています。

やや重の馬場状態で1分34秒7の走破時計は優秀ですし、久々を叩かれて状態も良くなってくるはずですから、今回は勝ってくれると期待して1着固定でいくことにしました。

(サウジアラビアロイヤルカップ2着のダンビュライトに期待します)

2、3着につける相手は絞りづらいので、可能性がありそうな馬を、ミスエルテも含めて幅広く10頭チョイス。

ミスエルテが強すぎたという結末になった時のために、押さえ馬券としてミスエルテ→ダンビュライト→相手9頭の馬券も買っておきたいところですね。


◎08ダンビュライト
○13ミスエルテ
△01レヴァンテライオン
△03リンクスゼロ
△06クリアザトラック
△10モンドキャンノ
△11トリリオネア
△15レッドアンシェル
△16アメリカズカップ
△17サトノアレス
△18トラスト

3連単(軸1着固定)
1着:8
相手:13.1.3.6.10.11.15.16.17.18【計90点】

3連単(フォーメーション)
1着:13
2着:8
3着:1.3.6.10.11.15.16.17.18【計9点】

関連記事