いつぞやの"立ち回った"記憶|ウマツのパチスロ日記

いつぞやの"立ち回った"記憶|2014.10.22(水)

自分がパチスロを打ちに行く時は、だいたい朝イチに座った台がダメで、ふら~っとパチンコの方に流れていくというのがデフォルト。

そんな感じの日々なのですが、なんだか、その日だけは"パチスロでがんばろう"って気分だったみたいなんですよね。

古い記憶を引っ張り出してきたので、もういつの話だったか忘れてしまったんですが、振り返ったらその日の立ち回りをブログに書いていなかったようなので、ちょっと書いてみようかと思います。


そのころの自分は、「とりあえずゼウスのリセット確認から」と考えていたようなんですが、残念なことにその日で"ゼウス"がなくなっていたとのこと。

仕方ないので、ゼウスでワンクッション挟むことなく、最初から行ったみたいなんですよね!? あいつのところへ。


という訳で、今でもホールに行くと対峙しない日はないと言っても過言ではない"ハーデス"ちゃんから勝負です。

まずはスーっと400ゲームを通過し、ドワーっと800ゲームも通過。

(これは、据え置きですな・・・)

と途中から薄々気づいてはいたんだろうと思うんですが、やっぱりハーデスを据え置きと信じて打つのは怖いですよね、据え置きじゃなかった時のことを考えると。

ちなみに、前日のデータカウンターを見て最終"550ゲーム"ほどで止められていたのがわかっていたようなので、据え置きなら天井は"1050ゲーム前後"ですね。

もう、800ゲームを超えたら宵越し天井はすぐそこですから、今の自分だったとしても突っ走ると思います。

たぶん、チビりそうな気持ちだったと思いますが、無事に"1047ゲーム"で初当りをゲットしたみたいです!(ここまで投資3万8千円・・・)

uma-20141022-1.JPG

そして、天井特典で待望の"ハーデス"ちゃんが登場し・・・

uma-20141022-2.JPG

オワッテル・・・こんな記憶を思い出したかった訳ではないのに・・・。


このATでは453枚の獲得に止まっていたんですが、いきなりフォークがぶっ刺さったようで・・・

uma-20141022-3.JPG

神が降りました。

そういえば、このゴッド揃いのあと、真後ろから

「なーーーーーーに、やってるんですかあああああああああああああああああ」

という大声が聞こえてきたような・・・記憶が確かなら、その声の主は"ロー"さんだったような・・・。


uma-20141022-4.JPG

ゴッドのジャッジメントでは、ワンちゃん(50G)、お姉ちゃん(300G)、ハーデス(400G)と、最初を除いては順調に上乗せ。

uma-20141022-5.JPG

途中でちょいちょいと上乗せを繰り返し、一気に捲り切ったようです。

この時点で、据え置き天井と、GODでしか初当たりを引いておらず、ヘルゾーンに至っては1度も突入していなかったようで、スパッとヤメ。

ちなみにメモによると、自分の後を継いで打った方も、GODを2回引いていたんだそうな。

とはいえ、「その後、1000ゲーム超えのハマりが数回」という箇条書きがあったので、やっぱり設定は低かったんだろうなあ。



続いて2台目に選んだのは、朝イチから201ゲーム回されてノーボーナスの"ラブ嬢"でございます。

リセットされていれば天井まで299ゲーム、据え置きだったとすると750ゲームから前日のヤメゲーム数を引いたゲーム数が天井ということで、選んだんでしょう。

すると、どうやら朝イチにリセットされていたようで、513ゲームで初当りをゲット。

uma-20141022-6.JPG

しかも、ATが初期枚数580枚からのスタートというラッキーな展開で、1万円まで膨らんだこの台での投資を超える回収に成功しました。

ただ、この台は勝った、負けたじゃないんです。

きっと、原幹恵ねえさんに、癒されたかっただけなんでしょう。

uma-20141022-7.JPG

(エヘヘッ)
(カンパイ)
(ハーデスおつかれさまでした)


冥界からの歌舞伎町という落差が、なんとも言えませんよね!


その後は、564ゲームヤメの"エウレカ2"でちょい浮き → 640ゲームヤメの"番長2"で大失敗 → "モンハン月下"を504ゲームから打ってちょいマイナス → 601ゲームヤメの"ゼーガペイン"を打ってそこそこマイナス。


そして最後に打ったのが、128ゲームから座った"パチスロ モンキーターンⅡ"。

いま、完全に思い出しました。

たしか、「ローさんの隣りでワーワー言いながら打ちたくなった」という理由だけでこの台を選んだんですわ。

200ゲーム過ぎで超抜チャレンジ(初打ちから1度しか失敗したことがない蒲生さんを選択)を引き当てると、「ほう・・・ほう・・・ほう・・・ほう・・・ほう・・・ほう・・・ほう・・・ほう・・・」と8ゲーム連続でハズレを引いて、アッサリと当たり。

となりでは、ローさんが"洞口"を選んでリプレイ4連で当たり。

「私たち、天才ですよ」

とか言いながら打っていたような、そんな記憶が。

uma-20141022-8.JPG

そして、そのATでは、強チャンス目から150ゲームを上乗せし、波多野全速を80ゲーム継続させるなどして、そこそこ出る。

まあ、そんなもんですよね。


最終結果
投資:9万3000円
回収:12万5500円

とりあえず、ハーデスの壁を乗り越えて、転々と立ち回って、それなりに良い結果だったと言っていいのかどうなのか。

うーん、どうなのか。



(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)MIZUHO

(C)2013 OLYMPIA,All Rights Reserved.

(C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト
(C)YAMASA

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事