【競馬予想】アウォーディーよりも強いかも!チャンピオンズカップ|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】アウォーディーよりも強いかも!チャンピオンズカップ|2016.12.04(日)

注目された先週末のジャパンカップは、1番人気に支持されたキタサンブラックが圧倒的な逃げ切り勝ちを収め、馬主の北島三郎さんは嬉しそうに「まつり」を歌っていました。

これで有馬記念でも主役になることは間違いなさそうですが、もう、有馬記念のことを考える時期になりましたか・・・競馬をやっていると、時間が経つのは早いですね。


ということで、先週は芝の王者が決まりましたが、今週は中京競馬場でダートの頂点を決めるGI・チャンピオンズカップが行われます。

実績上位のホッコータルマエの電撃引退、そして前哨戦の武蔵野Sを制していたタガノトネールが追い切り後の事故でこの世を去ったという残念なニュースが2つ続きましたが、それでもダートの実力馬15頭が顔を揃えました。

ダート路線に転じてから6戦無敗、前走のJBCクラシックでGIのタイトルも獲得したアウォーディーが断然の注目を集めていますが、果たしてすんなりここも制覇するのでしょうか。


そして、いつもの特別レース予想を見ることができる競馬予想メールマガジンですが、3場開催の特別レースをすべて網羅しています。

先週も順調に多くの的中馬券が出ていますから、すでに利用してくれている方も、まだの方も、チェックしてみてくださいね!


それでは、チャンピオンズカップに出走する15頭の短評、そして最終的な予想へといってみたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 カフジテイク

このところオープンクラスでも安定していますが、今回は実績のない1800m戦ですから楽ではないと思っています。相手は一気に強化されますし、追い込み馬で最内枠というのも気になりますから、今回は軽視したいところですね。

2枠2番 アウォーディー

ダート路線に転じてから無傷の6連勝、その間に今回の出走馬の大半を負かしていますから、主役であるのは間違いないところ。抜け出してソラを使うので何かに脚元をすくわれる可能性はありますが、3着を外すようなことは想像できません。

2枠3番 ブライトライン

かつては重賞戦線で活躍していたものの、このところは苦戦が続いています。休養明けをひと叩きされたのは評価できるものの7歳馬で大きな上積みもなさそうですし、相手も揃いましたから、厳しいレースになるのではないでしょうか。

3枠4番 アスカノロマン

年明け当初は好走が続いていたものの、夏場以降は不振が続いています。この枠だと外からかぶされて展開的に苦しくなりそうですし、それを嫌って思い切って逃げても目標にされそうですから、評価を下げたいと思っています。

3枠5番 ロワジャルダン

実績は目立たないものの、ダートで掲示板を外したことは1回しかなく、常に相手なりに走っています。今回も大崩れはなさそうですから、押さえておきたいと考えました。雨が降ってくれれば、なお良さそうですね。

4枠6番 モンドクラッセ

何がなんでも逃げる競馬を主張しそうですが、このメンバーに入ると実績面で見劣りしてしまいますから、勝負どころで捕まってしまう気がしています。楽に行けたとしても、直線半ばまでが一杯ではないでしょうか。

4枠7番 ラニ

一身に注目を集めているアウォーディーの弟ですが、アメリカから帰国後は苦戦が続いています。とはいえ、今回は得意の左回りに変わる上にブリンカーを装着してくるそうですから、ガラリ一変があるかもしれませんよ。

5枠8番 サウンドトゥルー

昨年の3着馬ですが、その後は地方の重賞ばかりを使われています。近走は惜敗が続いており注目度は高くありませんが、相手なりに走れているのは事実なので、展開次第では上位進出の可能性があるのではないでしょうか。

5枠9番 ノンコノユメ

去勢明けとなった前走のJBCクラシックは4着止まりでしたが、従来よりも前目の競馬ができたのは評価して良いと思っています。今回は叩き2戦目で状態面の上積みがあるのは確実ですし、ムーア騎手が新たな一面を引き出してくれる気もしますから、押さえておきたいところです。

6枠10番 メイショウスミトモ

初めてダートの重賞に挑戦した前走の武蔵野Sが見せ場なく大敗していますから、GIのメンバーに入ってしまうと苦しい気がしています。今後、オープン特別に出走してきたら狙いたいですね。

6枠11番 コパノリッキー

GI8勝はここでも威張れる実績ですが、チャンピオンズカップに関しては2年続けて惨敗しています。馬群に入らず外を追走できれば逃げなくても問題なさそうですが、本命にはしづらいですね。

7枠12番 ゴールドドリーム

メンバー唯一の3歳馬ですが、苦しい位置から上がり3F34秒台の末脚で2着まで押し上げた武蔵野Sを見る限り、古馬相手でも通用して良さそうです。叩き2戦目で状態も上げてくるはずですから、押さえておかなくてはなりません。

7枠13番 ブライトアイディア

オープンクラスで勝ち星がなく、唯一の重賞挑戦が最下位に大敗ですから、ここでは荷が重いのではないでしょうか。ここでの経験を今後の実戦に活かして欲しい、といったところですね。

8枠14番 アポロケンタッキー

2走前のブラジルCは見せ場なく敗れてしまったものの、次走のみやこSを勝って心配を払拭してくれました。相手はさらに強くなりますが、強気の先行策でバテない強味を活かしてもらいたいですね。

8枠15番 モーニン

59キロを背負った武蔵野Sは残念な結果になりましたが、アウォーディーとアタマ差の接戦を演じた日本テレビ盃が本来の実力だと思っています。フェブラリーSの覇者で実力は折り紙つきですし、この枠なら思い切った先行策に出そうですから、アウォーディーが来る前にリードを広げるシーンもあると思っていますよ。

短評をふまえた上で予想です

激しい先行争いで先行馬が総崩れして最後の直線で追い込み馬が台頭してくる、そんな展開を考えていましたが、先行してこそのホッコータルマエ、タガノトネールが出走回避したことでそれなりの流れに落ち着きそうですから、力の決着になりそうです。

これまでの対戦成績を見てもアウォーディーに注目が集まるのは当然だと思っていますが、日本テレビ盃で同馬より2キロ重い58キロを背負いながら互角の勝負をしたモーニンの方が強いと考えることはできないものでしょうか。

(日本テレビ盃ではアタマ差の接戦を演じたアウォーディーとモーニン)

武蔵野Sで大敗したことで人気には大きな差がついてしまいましたが、59キロを背負っていたことや、経験したことがない揉まれる競馬になったことを考えれば、よく勝ち馬から1秒差で収まったなという印象。

その点今回は、同じ条件の57キロになりますし、大外枠なら開き直って思い切った先行策を見せてくれそうですから、アウォーディーが来る前にセーフティーリードをつけるシーンまで想像していいのではないでしょうか。

馬券は、モーニンと3着以内ならしっかり確保してくれそうなアウォーディーを2頭軸に据えた3連単マルチを買いたいと思います。

相手ですが、まずは昨年のこのレースで2、3着しているノンコノユメサウンドトゥルー、そして実績は最上位と言えるコパノリッキー、さらには前哨戦のみやこSを勝っているアポロケンタッキーを選択。

あとは、ダートではほとんど崩れていないロワジャルダンと、前走からの上積みが大きそうな3歳馬のラニゴールドドリームも押さえておきたいところですね。。


◎15モーニン
○02アウォーディー
△05ロワジャルダン
△07ラニ
△08サウンドトゥルー
△09ノンコノユメ
△11コパノリッキー
△12ゴールドドリーム
△14アポロケンタッキー

3連単(軸2頭マルチ)
軸:15.2
相手:5.7.8.9.11.12.14【計42点】

関連記事