【競馬予想】大荒れの結果もあると思います!エリザベス女王杯|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】大荒れの結果もあると思います!エリザベス女王杯|2016.11.13(日)

先週末はGIレースの中休みとなりましたが、今週のエリザベス女王杯を以降は、年末の有馬記念まで毎週GIレースが行われます。

今からワクワクが止まらない訳ですが、まずはGI連戦のスタートとなる今週のエリザベス女王杯を何としても的中させてロケットスタートを決めたいところですね。

そんなエリザベス女王杯ですが、上位人気3頭が1、2、3番枠と極端な内枠に並ぶ枠順となりました。

スローペースで馬群が密集しがちな近代の日本競馬で、内枠に入った差し馬3頭が足並み揃えて追い込んでくるとは考えにくいですから、大荒れの結果になる可能性も十分にあるのではないかと考えていますよ。


なお、先週はお休みさせていただいた特別レースの予想を見ることができる競馬予想メールマガジンですが、今週はしっかり準備が整っています。

先ほどすべての予想を協力してくれている知人にお送りしましたので、もうすぐ公開されるはずですから、しっかりチェックしてくださいね。


それでは、エリザベス女王杯に出走する全15頭の短評、そして最終的な予想へといってみたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 ミッキークイーン

連を外したのは牡馬の一線級が相手となった昨年のジャパンカップのみで、牝馬同士なら力上位です。スタートに不安があるだけに長時間待たされる最内枠は大きなマイナス要素ですが、しっかり出れば圧勝しても不思議ではありません。

2枠2番 マリアライト

昨年の覇者で、春には宝塚記念で牡馬を一蹴していますから、牝馬相手なら負ける要素は少ないでしょう。ただ、この馬の場合はレースの上がりが速くなると途端にパフォーマンスが落ちますから、今回ばかりは疑ってかかりたいところですね。

2枠3番 クイーンズリング

府中牝馬Sを快勝しているように勢いは十分ですが、2200mの距離では位置取りが少し後ろになりそうです。直線でことどとく進路が塞がった昨年のこのレースほど負けることはなさそうですが、油断はできません。

3枠4番 ヒルノマテーラ

カシオペアSでは驚異の末脚を見せましたが、この馬にとって2200mはやや長く、その末脚も鈍るような気がしています。実績もこのメンバーに入ると見劣りしますから、今回は軽視したいところです。

3枠5番 メイショウマンボ

この馬の場合は、何度も言っているように走る気持ちが途切れてしまったように思います。何回走っても2ケタ着順に大敗という状況が続いていますから、今回も厳しいレースになるのではないでしょうか。

4枠6番 プロレタリアト

前走でようやく準オープンを卒業したばかりですから、さすがにGIでは荷が重いのではないかと考えています。人馬ともにまずはGI経験を積んで、今後に活かしたいといったところでしょう。

4枠7番 マキシマムドパリ

なかなか勝ち星量産とはいかないものの、レースの格に関係なくいつも相手なりに上位争いしています。昨年の秋華賞で3着しているようにGIで通用することも証明済みですから、押さえておきたい一頭です。

5枠8番 タッチングスピーチ

昨年のこのレースでも、直線で狭いところを割って3着に食い込んだように、京都の外回りコースでは安定して力を発揮しています。休養明けは走りますし、ムーア騎手を起用してきたようにいきなり勝負気配ですから、期待して良いのではないでしょうか。

5枠9番 シングウィズジョイ

楽に先行できれば渋太い面も見せてくれますが、さすがにGIともなると易々と逃がしてはくれないでしょう。成績が示しているように、馬群に飲まれるとそこからがモロいですから、大敗の可能性までありそうですね。

6枠10番 シュンドルボン

府中牝馬Sは5着止まりだったものの、最後の上がりは33秒3とメンバー最速の脚を使っていますから、展開のアヤだったと考えています。2200mとなると不安がないわけではありませんが、春にはルージュバックにも勝っている実力馬ですから、押さえておきたいですね。

6枠11番 デンコウアンジュ

牝馬三冠レースに皆勤賞ですが、いずれのレースも不利や出遅れがあり、不完全燃焼でした。ハマればメジャーエンブレムを差し切るほどの末脚が使える馬ですから、買い目には入れておきたいと思っています。

7枠12番 アスカビレン

古馬になってから重賞に挑戦したのは前走の府中牝馬Sのみということで、このメンバーに入るとやや見劣りしてしまいます。後々はGIでも通用してくる可能性はあると思いますが、現時点ではまだ苦しいのではないでしょうか。

7枠13番 プリメラアスール

準オープンからの格上挑戦ということで、さすがに苦しくなる気がしています。先行して自分の形に持ち込むことはできるかもしれませんが、そこからの上がりが36秒前後では、後続に飲まれるのは時間の問題でしょう。

8枠14番 シャルール

前走の府中牝馬Sは不慣れな逃げる形になりましたが、それにしてもスローペースの中で負けすぎな印象です。期待されつつも重賞タイトルに手が届いていませんし、距離も微妙に長い印象を受けますから、評価を下げたいと考えています。

8枠15番 パールコード

秋華賞であわやの2着に好走し、秋華賞馬が出走していない今回は3歳世代の大将格と言っていい存在です。大外枠と中間の追い切りの軽さは気になるところですが、ある程度先行しても良い脚を使えますから、押さえておきたいですね。

短評をふまえた上で予想です

逃げてペースを握るのは、格下のプリメラアスールか、シングウィズジョイか、はたまた惜敗続きにピリオドを打つため奇襲作戦に出るかもしれないマキシマムドパリか。

いずれにしても、有力どころはジックリ構える差し・追い込み脚質ですから、ハイペースになる可能性は低く、ラスト1000mからの上がり勝負になるのではないかと考えています。

そうなると、そもそもスタートに難がある上に最内枠を引いてしまったミッキークイーンや、自身の上がり3Fが33秒台になった時には全敗しているマリアライト、そして折り合いを考えると少しでもペースが上がってくれた方が良いクイーンズリング、内枠に並んだ人気3頭にとっては厳しいレースになる可能性が否定できません。

そこで注目したのは、昨年のこのレースでも際どい3着に来ているように、下り坂を使って加速できる上に直線も長い京都の外回りコースでは抜群の好成績を残しているタッチングスピーチです。

(世界のライアン・ムーアを背に待望のGI制覇に挑むタッチングスピーチ)

今回は休養明けになりますが、元々苦にしないどころかレース間隔が開いている時の方が良いパフォーマンスを見せてくれるぐらいの馬ですから、まったく心配しなくてよいと思います。

あとは、世界のライアン・ムーアが馬の力を存分に出し切ってくれることを祈るばかりです。

馬券は、タッチングスピーチを1頭軸に据えた3連単マルチで勝負します。

相手は、まず上記の人気3頭、そして府中牝馬Sでは上がり最速の脚を見せたシュンドルボン、さらに相手なりに上位争いできるマキシマムドパリ

あとは、2頭しか参戦してこなかった3歳世代のデンコウアンジュパールコードも押さえておきたいところですね。


◎08タッチングスピーチ
△01ミッキークイーン
△02マリアライト
△03クイーンズリング
△07マキシマムドパリ
△10シュンドルボン
△11デンコウアンジュ
△15パールコード

3連単(軸1頭マルチ)
軸:8
相手:1.2.3.7.10.11.15【計126点】

関連記事