【競馬予想】春の勢力図は秋になっても変わらない?菊花賞|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】春の勢力図は秋になっても変わらない?菊花賞|2016.10.22(土)

先週末は3歳牝馬三冠レースの最終戦となった秋華賞が行われましたが、今週は同じく日曜日に京都競馬場で3歳牡馬三冠レースの最終戦・菊花賞が行われます。

もちろん今週のブログはこの菊花賞を予想していきたいと思いますが、春の勢力図が変わるのか、変わらないのか、そのあたりが馬券的中へのカギとなりそうですね。

今週末は、だいぶ前に決めた予定だとニコニコ生放送で予想することになっていましたが、残念ながら関係してくれる人々がかなり多忙なようなので、とりあえず今週は中止になりました。

来週の天皇賞・秋でやるのかやらないのかは現時点ではわかりませんが、もしやることになったらお知らせしますので、その時はよろしくお願いいたします。


そして、いつも多くの方が利用してくれて感謝してもしきれない特別戦の競馬予想メールマガジンですが、明日の京都は特別戦が5鞍も組まれているので、かなりお得です。

もうすぐ配信スタートすると思いますので、ちょいちょいチェックしてみてくださいね。


それでは、大注目の菊花賞に出走するフルゲート18頭の短評、そして最終的な予想へと行ってみましょう。

出走全馬の短評

1枠1番 カフジプリンス

神戸新聞杯は4着止まりながら、スムーズさを欠いた割には頑張ったと言えるのではないでしょうか。札幌の2600mで圧勝しており、3000mでスタミナ勝負になったら一発があるかもしれませんね。

1枠2番 ジョルジュサンク

トライアルの神戸新聞杯に出走しましたが、大きな見せ場はなく10着に敗れてしまいました。春は皐月賞で16着に大敗していますし、今回のメンバーに入ってしまうと厳しい気がしています。

2枠3番 サトノダイヤモンド

皐月賞3着、日本ダービー2着しているように、今世代の「3強」と言われているうちの一頭です。3000mの距離が向いているとは思えませんが、秋初戦となった神戸新聞杯も急仕上げの中でも勝ち切りましたから、期待していいのではないでしょうか。

2枠4番 シュペルミエール

ここにきて500万下、1000万下と連勝して、ギリギリでこの大舞台に駒を進めることができました。底を見せていない魅力はあるものの、さすがに重賞初挑戦がいきなりGIということで、苦しい気がしています。

3枠5番 ミライヘノツバサ

前走こそ自己条件で勝利を挙げているものの、春から夏にかけては皐月賞12着、ラジオNIKKEI賞8着と大きく崩れています。さすがに今回のメンバーで上位争いできるかと言われると、苦しいのではないでしょうか。

3枠6番 ディーマジェスティ

皐月賞制覇、そして日本ダービーは3着ということで、サトノダイヤモンドと互角の存在です。3000mの距離、そして初の長距離輸送を伴う競馬と不安がない訳ではありませんが、セントライト記念も本番を意識した走りで着差以上の勝ち方だと思っていますから、期待していますよ。

4枠7番 レッドエルディスト

春は青葉賞2着で権利を獲って日本ダービーに駒を進めたものの、スタートのミスが災いして9着止まりでした。それでも、夏を休養に充てて秋初戦となった神戸新聞杯ではしっかりゲートも出て3着に食い込みましたから、精神的にも成長してきたと考えています。3000mの距離で、さらなる前進があるかもしれませんね。

4枠8番 ミッキーロケット

夏場を使われてきた強味こそあったものの、神戸新聞杯で大本命のサトノダイヤモンドにクビ差まで肉薄しました。春の皐月賞では13着に大敗していますから強気にはなれませんが、前走だけ見ると本番で2強を負かす可能性まで考えたくなります。

5枠9番 イモータル

神戸新聞杯ではスタートのミスもあり、大きな見せ場なく8着に敗れています。春はマイル路線を歩み、最後に思い出作りで日本ダービーに出走(15着)した感じですから、本質的に長距離戦は向いていないんだと思います。今回はさらに距離が延びますから、消しで良いのではないでしょうか。

5枠10番 ウムブルフ

皐月賞では10着に大敗しているので何とも言えませんが、自己条件を走ったここ2戦、特に前走の勝ちっぷりはかなりのものでした。京都では勝負どころの3、4コーナーで動ける馬が有利になってきますから、前走のように一気に捲れるような形になれればアッと驚く結果が出るかもしれませんね。

6枠11番 レインボーライン

札幌記念では3着に善戦しているものの、春は3着したNHKマイルCとは打って変わって2400mの日本ダービーで8着と崩れていますから、距離に限界がある気がしています。3000mとなると、苦しいのではないでしょうか。

6枠12番 コスモジャーベ

自己条件をコツコツと走ってきましたが、前走は1000万特別で敗れていますから、さすがに重賞初挑戦がGIでは苦しい気がしています。ここで経験を積んで、次走以降にどう活かすかといったところでしょう。

7枠13番 エアスピネル

春二冠はともに4着に善戦しましたが、秋初戦となった神戸新聞杯ではしっかり折り合いながら直線で伸び切れなかったように、やはり距離には限界がありそうです。今回はさらに距離が延びますから、思わぬ大敗もあるのではないかと思っています。

7枠14番 アグネスフォルテ

春は日本ダービーに出走して14着に大敗、そして秋初戦となった神戸新聞杯でも7着に敗れています。さすがに今回のメンバーでは分が悪いと思いますし、3000mの距離もどうなんでしょうか。

7枠15番 サトノエトワール

ここまで自己条件を使われてきたものの、このところは1000万特別でも勝ち切れていません。さすがにGIでは荷が重いと思いますし、思い切って先行しても後続の目標にされて厳しくなりそうですね。

8枠16番 プロディガルサン

セントライト記念では3着に善戦したものの、勝ったディーマジェスティとは着差以上に力の差を感じました。日本ダービーでは10着に大敗していますし、さらに相手も強くなりますから、今回は見送ろうと思っています。

8枠17番 ジュンヴァルカン

休養明けでいきなりGIは楽ではありませんが、阪神2200mの前走で叩き出した2分10秒8という時計はかなり優秀です。春二冠に出走していないぶん、未知の魅力がありますから、ダメ元で買い目に入れておきます。

8枠18番 マウントロブソン

春二冠は6、7着止まりでしたが、皐月賞は激化する先行争いの中でかなりの粘りを見せていましたし、日本ダービーも出遅れさえなければという内容でした。秋初戦となったセントライト記念もスムーズに好位を取れればという内容でしたから、ちょっと買い目に入れておきたい一頭ですね。

短評をふまえた上で予想です

ディーマジェスティサトノダイヤモンド、そして凱旋門賞に挑戦したマカヒキ、この3頭が春先から「3強」と言われてきました。

もちろんマカヒキは菊花賞の舞台にはいませんが、他の2頭が東西のトライアルを勝ってここに駒を進めますから、基本的には春の勢力図は変わらず、2頭を巡る争いになると考えています。

(現3歳世代の3強、ディーマジェスティ、サトノダイヤモンド、マカヒキ)

馬券は、シンプルに2頭を軸に据えた3連単軸2頭マルチで攻めます。

その相手ですが、まずは神戸新聞杯で2、3、4着だったミッキーロケットレッドエルディストカフジプリンス、あとは自己条件ながら前走の勝ちっぷりが圧巻だったウムブルフ

さらに、セントライト記念はポジションが悪かったのと大幅プラスの馬体重で力を出し切っていないマウントロブソンと、有力どころと対戦していない未知の魅力があるジュンヴァルカンを加えておきたいところですね。


◎06ディーマジェスティ
○03サトノダイヤモンド

△01カフジプリンス
△07レッドエルディスト
△08ミッキーロケット
△10ウムブルフ
△17ジュンヴァルカン
△18マウントロブソン


3連単(軸2頭マルチ)
軸:6.3
相手:1.7.8.10.17.18【計36点】

関連記事