【競馬予想】得意の京都で一変を希望!秋華賞|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】得意の京都で一変を希望!秋華賞|2016.10.16(日)

先週末は連続3日間開催ながらGIの行われない週末でしたが、今週からしばらくは、毎週のようにGIが行われる週末が続きます。

まず明日は、京都競馬場で3歳牝馬三冠レースの最終戦・秋華賞が行われますから、もちろん予想していきたいと思いますよ。

出走してくれば断然人気が確実だったシンハライトが故障で回避したことで馬券的には急激に面白くなってきたと考えていますから、どんな結果になるのか楽しみですね。


そして、多くの方が利用してくれている特別戦の競馬予想メールマガジンは、そろそろ配信がスタートするころだと思いますので、チェックしてみてください。。


それでは、注目の秋華賞に出走するフルゲート18頭の短評、そして最終的な予想へと行ってみましょう。

出走全馬の短評

1枠1番 エンジェルフェイス

秋初戦となった紫苑Sで16着に大敗。今回は最内枠を引いたことで思い切った競馬をすることになると思いますが、目標にされてしまうと耐え切るだけの力はないような気がしていますが、どうでしょうか。

1枠2番 ジュエラー

牝馬3冠レースの初戦である桜花賞を制していますが、その後は骨折で休養していました。休み明けとなったローズSで想像以上に大敗したのは気になるところですが、実績を考えると押さえない訳にはいきません。

2枠3番 パールコード

休養明けとなった紫苑Sは、上位から大きく離された5着止まりでした。今回は初挑戦となるGIでさらに相手が強くなりますし、思い切って先行してもマークされそうですから、苦しくなりそうですね。

2枠4番 パーシーズベスト

重賞初挑戦となった紫苑Sでは4着に善戦したものの、上位2頭には大きく離されてしまいました。今度はさらに相手が揃うGIですし、内回りコースも微妙ではないかと思っていますから、消しで良いのではないでしょうか。

3枠5番 レッドアヴァンセ

春の桜花賞、オークスはともに7着でしたが、いずれも直線の坂で脚が鈍った印象を受けました。前哨戦のローズSも8着と崩れましたが、直線入口までは絶好の手応えでしたから、最後の坂と重馬場が影響したと考えています。内回りは微妙ですが、連を外していない京都コースで一変があるのではないかと思っていますよ。

3枠6番 ゲッカコウ

大敗した春のオークスや、秋初戦の紫苑Sを見ると、GIではちょっと苦しいと考えています。先行争いも厳しくなりそうですし、関西への長距離輸送も初体験になりますから、軽視して良いのではないでしょうか。

4枠7番 ヴィブロス

春の重賞成績を見ると買えませんが、ひと息入れたあとのここ2戦が一変の内容でした。前走の紫苑Sでも道中の不利を挽回して3着以下を離す2着でしたから、春の結果には目をつぶって買い目に入れたいと考えています。

4枠8番 デンコウアンジュ

桜花賞、オークスと王道路線を歩んできましたが、いずれも着順は平凡でも大きく負けたレースはありません。復帰戦となったローズSも重馬場の中で4着に善戦しましたが、良馬場で持ち前の末脚が活きそうな今回は、上位進出まであるかもしれませんよ。

5枠9番 クロコスミア

思い切って逃げたローズSで、あわやシンハライトに土をつけそうな粘りを見せました。春の実績を考えると強調はできませんが、前走だけ見ればここでは上位クラスですから、一応押さえておきたいと思っています。

5枠10番 ビッシュ

トライアルの紫苑Sでは、相手に恵まれたとはいえ圧巻の勝ちっぷりでした。春にはオークスで今回出走するメンバーの中では最先着となる3着善戦していますから、押さえないといけません。とはいえ、初の関西遠征や、馬体重の維持など、課題があるのも事実です。

6枠11番 フロンテアクイーン

オークスでは見せ場を作ったものの、秋初戦の紫苑Sでは上位2頭に大きく離されてしまいました。速い上がりの勝負になると分が悪そうですし、早めに栗東入りしているものの関西圏での競馬も初めてになりますから、今回は消したいところですね。

6枠12番 ウインファビラス

2歳GIでは2着しているものの、明け3歳になってからの4戦はいずれも見せ場なく大敗してしまっています。前哨戦の紫苑Sでは不利があったとはいえ、上位からは大きく離されてしまいましたから、評価を下げたいと思っています。

7枠13番 ワンダーピルエット

ダートで未勝利、500万下と連勝してきましたが、初の芝でのレースがいきなりGIというのは、さすがに苦しいと考えています。後々になって芝でも結果を残してくる可能性は否定しませんが、今回は厳しいのではないでしょうか。

7枠14番 ミエノサクシード

春まではパッとしなかったものの、休養明けのここ2戦でガラリ一変の勝ちっぷりを見せています。重賞初挑戦がいきなりGIということで楽ではありませんが、内回りコースでも押さえてみたい一頭です。

7枠15番 カイザーバル

ローズSは惜しくも3着でしたが、結果が出ていなかった重馬場での結果ということを考えると悪くない内容でした。良馬場ならもうひと押しがありそうですし、先行力があるので小回りコースも問題ないと考えて良さそうですね。

8枠16番 ダイワドレッサー

ラジオNIKKEI賞以来の復帰戦でぶっつけ本番となりますが、元々休養明けを苦にするタイプではありません。ゼーヴィントを物差しにすれば牝馬同士なら通用してもいいと取ることもできますから、押さえておきたいところですね。

8枠17番 ネオヴェルザンディ

前走でようやく500万下を勝ったばかりということで、さすがにGIでは荷が重いのではないかと思っています。後々は活躍してくるかもしれませんが、今は経験を積む時ではないでしょうか。

8枠18番 キンショーユキヒメ

前走の内容は悪くありませんが、自己条件を勝ち切れなった馬がGIで上位争いするとは考えられません。京都コースでも結果が出ていませんから、今回は消しで良いのではないでしょうか。

短評をふまえた上で予想です

土曜日の傾向を見ると明らかに先行馬が有利、直線では内を走る馬が良く伸びる雰囲気になっていますが、この秋華賞に関しては、内回りコースで全馬が勝ちを意識するレースですから、例年それなりのハイペースになります。

今年も例外なくペースは上がると考えているので、外からの差しも利くのではないかと考えています。

そこで注目したのは、桜花賞、オークスでは着順こそ悪いものの0秒9、0秒4差とさほど負けておらず、連を外していない直線平坦の京都コースに変われば走りが一変すると思っているレッドアヴァンセです。

(得意の京都コースで行われるラスト一冠に挑むレッドアヴァンセ)

近4走はいずれも直線の坂を迎えるまでは良い手応えでしたし、プラス18キロだった馬体重だった前走を叩いて状態も本番仕様になったはずですから、今回は期待して良いのではないでしょうか。

欲を言うなら、スタートを考えると外枠か偶数枠が良かったのは確かですが、ローズSでの直線入口までの手応えを見て「本番では狙えそう」と思っていたのを曲げたら後悔しそうなので、初志貫徹で狙いたいですね。

相手もかなり難しいですが、難しい時こそシンプルに考えて桜花賞馬のジュエラー、前哨戦のローズSで2.3.4着のクロコスミアカイザーバルデンコウアンジュ、さらに紫苑Sで1.2着のビッシュヴィブロスを選択。

別路線からは、初の重賞挑戦がいきなりGIになるもののここ2戦の内容が圧巻のミエノサクシードと、牡馬のゼーヴィントと僅差の2着したラジオNIKKEI賞が評価できるダイワドレッサーを加えたいところです。

馬券は、18万馬券を当てることができたスプリンターズSと同じく、3連単(軸1頭マルチ)相手8頭でいきたいと思います。


◎05レッドアヴァンセ
△02ジュエラー

△07ヴィブロス
△08デンコウアンジュ
△09クロコスミア
△10ビッシュ
△14ミエノサクシード
△15カイザーバル
△16ダイワドレッサー


3連単(軸1頭マルチ)
軸:5
相手:2.7.8.9.10.14.15.16【計168点】

関連記事