【競馬予想】メンバーが変われば展開も変わる!オールカマー|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】メンバーが変われば展開も変わる!オールカマー|2015.09.27(日)

先週末はシルバーウィークということで変則的な3日連続開催が行われた中央競馬ですが、今週末はいつも通りの土日開催となります。

重賞は、日曜日に阪神競馬場で菊花賞トライアルの神戸新聞杯、そして中山競馬場では天皇賞・秋やエリザベス女王杯に繋がりそうなオールカマーが行われます。

過去にはディープインパクトやオルフェーヴルも制しており、名だたるGIホースたちが勝っている神戸新聞杯も気になるところですが、人気が予想されるリアルスティールが日本ダービーで負った骨折明けで未知数ということもありますから、今週の予想はオールカマーの方で行ってみましょう。

それでは、いつもどおり、出走全馬の短評から予想へと進んでいきたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 セキショウ

この枠なら思い切って逃げることになりそうですが、今回は先行馬が揃いましたから、楽な競馬にはならなそうです。過去には重賞にも何度か挑戦しているものの、掲示板に載ったことはないだけに、強気にはなれません。

2枠2番 オーシャンブルー

このところの成績を見てしまうとなかなか買う気にはなれませんが、この馬の場合はいきなりの激走があるので侮れません。中山コースは金杯を勝っている舞台でもあるだけに、穴に一考するのもいいかもしれませんね。

2枠3番 ショウナンパンドラ

春の宝塚記念で3着に激走し、牡馬の一線級が相手でも通用するところを証明しました。馬場が悪くなると心配でしたが、土曜日には雨が上がるようなので、パンパンの良馬場でなくても克服できる範囲内に収まるでしょう。

3枠4番 ヌーヴォレコルト

実績はメンバーでも上位に入りますが、ヴィクトリアマイル、宝塚記念と案外な走りが続いていますから、どう立て直してくるか見物です。距離は問題ありませんし、中山コースも中山記念を勝っていますから、大丈夫でしょう。

3枠5番 マイネルミラノ

逃げなくても2着に粘れた前走の新潟記念は大きな収穫がありましたが、2200mはこの馬にとって微妙に長い気がしています。先行馬には厳しいペースになることも予想しているだけに、今回に関しては評価を落としたいところですね。

4枠6番 ロゴタイプ

中山コースは朝日杯FS、皐月賞とGIを2つ勝っているように絶好の舞台ですが、これまで2000mまでしか馬券になったことがありませんから、あと200mをどう克服するかがカギになりそうです。デムーロ騎手とのコンビは久々になりますが、一番結果が出ていたころに乗っていた騎手ですから、むしろプラスでしょう。

4枠7番 レッドレイヴン

いつもそれなりに走りますが、強豪が揃う重賞となると強調材料がないのも事実です。今回は距離延長も課題になってきますから、上位争いに加わったとしても勝ち切るまではどうでしょうか。

5枠8番 メイショウカンパク

最後に勝利してから3年が経過しており、近走は2ケタ着順の惨敗が続いていますから、さすがに厳しいレースになる気がしています。平坦コースの方が良い印象もありますし、今回は消したいと考えています。

5枠9番 ミトラ

このところは重賞でも通用していますし、年明けには同舞台のAJCCでも2着していますから、今回も押さえる必要があると思っています。できることなら、先行集団には加わらず、中団で脚を溜めてもらいたいものです。

6枠10番 メイショウカドマツ

このところは長距離戦を中心に使われてきましたから、距離短縮をどう克服するかが気になるところです。先行してこその馬なので、同型馬が揃ったのは、あまり歓迎できませんね。

6枠11番 タマモベストプレイ

好走時はスローペースを先行している時ですから、ペースが上がりそうな今回は苦しいレースになる気がしています。昨年の京都大賞典ぐらい走られると厄介ですが、思い切って買い目からは切ろうと思っていますよ。

7枠12番 マイネルフロスト

海外遠征帰りで休養明け、状態があまり良くないのか、直前まで出否を迷っていたのが気になるところです。実績を考えるとここでも上位争いして不思議ではありませんが、元々が使いつつ良くなるタイプだけに、今回に関しては押さえる程度で良いのではないでしょうか。

7枠13番 メイショウナルト

重賞2勝に一昨年のオールカマー2着と実績はあるものの、今年はなかなか良い結果が出ていません。メンバー的に外枠を引いたことで自分のポジションを取るのも苦労しそうですから、苦しいレースになるのではないかと思っています。

8枠14番 マリアライト

重賞初挑戦となったマーメイドSで2着に善戦しましたが、今回は牡馬混合で相手も一気に強化されますから、同じ結果が出るかと言われれば微妙だと思っています。コース実績があって距離も問題なさそうですが、押さえ程度が妥当ではないでしょうか。

8枠15番 サトノノブレス

重賞2勝の実績はここでも目立ちますが、さすがに長期休養明けでこの相手では楽はさせてもらえません。大外枠ということでポジションもかなり後ろになりそうですから、先行馬が総崩れになった時に馬券に絡めるかといったところだと考えています。

短評をふまえた上で予想です

同舞台で行われた先週のセントライト記念は、スローペースで完全な前残りとなりましたが、今回のメンバー構成を見ると同じようなペースにならないのは容易に想像できるところ。

逃げるのは最内枠を引いたセキショウだと思いますが、パッと見ただけでも他にマイネルミラノ、ロゴタイプ、メイショウカドマツ、タマモベストプレイ、メイショウナルトと、先行したい馬が揃いました。

みんな逆にハイペースになることを意識して控えるようなことがあると思いもよらぬスローペースになることも考えられますが、押さえて押さえ切れる馬ばかりではありませんから、さすがに落ち着かないとは思っています。

元々、今開催の中山コースは開幕週から差しが決まる例年とは違う変わった馬場状態でしたが、それにハイペースという要素も加わることで、追い込み決着になることを期待したくなりました。

そこで注目したのが、持ち前の末脚で昨秋には秋華賞を制し、前走の宝塚記念でも3着に好走しているショウナンパンドラです。

uma-20150926-1.jpg
(※宝塚記念で一線級が相手でも通用するところを証明したショウナンパンドラに注目)

もし逆転があるとするなら、本来の走りを取り戻した時のヌーヴォレコルトと、距離を克服して先行争いもうまく乗り切れた時のロゴタイプでしょう。

上記の3頭以下は2、3着争いと考えたいところですが、馬券的妙味も狙ってちょっと広めに押さえてみたいと思っています。

まずはいきなりの激走があるオーシャンブルー、いつもそれなりに走るレッドレイヴン、このところは重賞でも安定しているミトラ、実力はあるものの状態面が気になるマイネルフロスト、相手強化も勢いは侮れないマリアライト、あとはサトノノブレスあたりまで押さえてみたいところですね。

馬券は、ショウナンパンドラを1着固定にしたものと、ヌーヴォレコルトとロゴタイプが逆転したものと、複数買いたいと考えていますよ。


◎03ショウナンパンドラ
○04ヌーヴォレコルト
▲06ロゴタイプ
△02オーシャンブルー
△07レッドレイヴン
△09ミトラ
△12マイネルフロスト
△14マリアライト
△15サトノノブレス

3連単(1着固定)
1着:3
相手:4.6.2.7.9.12.14.15【計56点】

3連単(フォーメーション)
1着:4.6
2着:3
3着:4.6.2.7.9.12.14.15【計14点】

3連単(フォーメーション)
1着:4.6
2着:4.6
3着:3【計2点】


実際にどんな馬券を買ったかは、ツイッターでつぶやくと思いますので、ぜひフォローしておいてくださいね!

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事