【競馬予想】生涯初の1番人気になるキタサンブラックを負かすのはこの馬!京都大賞典|ウマツのパチスロ日記

【競馬予想】生涯初の1番人気になるキタサンブラックを負かすのはこの馬!京都大賞典|2016.10.09(日)

今週末の中央競馬は3連休の特別スケジュールということで、いつもより一日多い土・日・月曜日の3日連続開催が行われています。

また、盛岡競馬場ではJRAからコパノリッキーやホッコータルマエなど計6頭が参戦する交流GIのマイルチャンピオンシップ南部杯もありますから、競馬ファンの皆さんにとっては、いつもなら抜け殻になっている月曜日でも、明日ばかりはシャキッとしなくてはいけませんね。

そして、今週のブログで取り上げるレースは、今日東京競馬場で行われた毎日王冠にするか迷いましたが、結果的には1、2着馬を軸にしていたものの3着のヒストリカルが抜けて当てることはできませんでしたから、取り上げなくて正解だったと思っています。


ということで今週は、3日連続開催の最終日となる月曜日に京都競馬場で行われる芝2400mのGII・京都大賞典にしました。

意外にも、前売りで1番人気になっている北島サブちゃんの愛馬・キタサンブラックにとっては生涯初の1番人気となりますが、果たして人気に応える勝利を見せるのか、はたまた他の馬が勝つのか、どんな結果になるのか楽しみですね!


いつも行っている特別戦の競馬予想メールマガジンは、日曜日分しか配信していないので月曜日分はありませんが、また来週の日曜日にチェックしてみてください。


それでは、京都大賞典に出走する全10頭の短評、そして最終的な予想の順で進んでいきたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 キタサンブラック

昨春の日本ダービーを除いてすべて3着以内と安定しており、春には天皇賞・春も制しています。宝塚記念以来の復帰で100%の状態ではありませんが、大崩れすることはないと考えて良いのではないでしょうか。

2枠2番 ファタモルガーナ

近走は長距離戦への出走が目立っており、久々の2400m戦になるのがどう出るか気になるところです。持ち時計がありませんし、相手も揃いましたから、今回は厳しいレースになるのではないでしょうか。

3枠3番 アドマイヤデウス

今回と同舞台の日経新春杯、そして日経賞と連勝して以来、1年半ほど勝利から遠ざかっています。春には重賞で連続3着があるように能力に陰りはありませんが、5カ月ぶりの復帰戦になりますから、そのぶん割引が必要でしょう。

4枠4番 ラストインパクト

昨年のジャパンCで勝ち馬とクビ差の2着に激走しましたが、その後は消化不良のレースが続いています。2年前のこのレースを制しているように得意の舞台なので押さえたいと思いますが、なかなかアテにはしづらいところですね。

5枠5番 タマモベストプレイ

2年前のこのレースで2着しているものの、その後はオープン特別でたまに上位争いする程度で、このメンバーに入ると見劣りしてしまいます。今回は様子見が妥当なところではないでしょうか。

6枠6番 ヤマカツライデン

逃げの形にこだわって、前走で初オープン勝ちするところまで到達しました。今回は相手が強くなる上に別定戦で56キロを背負いますが、同型馬が控えて楽に逃がしてくれるようなら、見せ場を作れるかもしれませんよ。

7枠7番 アクションスター

このところはずっと掲示板を外しているように、長いこと不振が続いています。今回も大きな変わり身は見られませんし、相手も揃いましたから、今回も厳しいレースになってしまいそうですね。

7枠8番 サウンズオブアース

「最強の2勝馬」と言われるように、勝ち星は未勝利戦と3歳500万特別の2つだけですが、重賞で6度の2着(内2つはGI)があるように、実績ではこのメンバーに入っても見劣りしません。56キロの斤量は有利ですし、京都コースも得意ですから、しっかり押さえておきたい一頭です。

8枠9番 ヒットザターゲット

時より強烈な追い込みを見せるだけに取捨が難しい馬ですが、近2走は2ケタ着順に惨敗している上に8歳の秋にもなると新たな面を見せることもなさそう。今回は消しで良いのではないでしょうか。

8枠10番 ラブリーデイ

昨年のこのレースを上がり3F32秒3という強烈な末脚を駆使して快勝しており、連覇の可能性が十分にあると考えています。58キロの斤量は昨年の同じで背負い慣れていますから、馬場さえ回復すれば力を出し切ってくれると思っていますよ。

短評をふまえた上で予想です

今年に入ってから天皇賞・春で2つ目のGIタイトルを獲得し、続く宝塚記念でも僅差の3着に粘ったキタサンブラックの力を疑う余地はありませんが、今回は初めて1番人気に支持されることでマークが一点集中しますし、何が何でも逃げたい馬がいることで久々に好位に控える形になりそう。

「逃げないならこっちが逃げちゃうよ」ぐらいの勢いで内枠から出して行くはずなのでそこまでのドスローになることは考えにくいですが、好位に控えてそこから33秒台の脚が使えるかといったら何とも言えません。

キタサンブラックが馬券圏外にまで沈むことは考えにくいですが、一瞬の切れ味に勝る馬に出し抜けを食らう可能性は十分にあるのではないでしょうか。

そこで注目しているのが、昨年のこのレースで上がり3F32秒3の末脚を繰り出して快勝しているラブリーデイです。

(馬場が回復すれば昨年に続く連覇もあると考えているラブリーデイ)

今年に入ってから3戦連続で4着止まりでしたが、いずれのレースも雨の影響が残る馬場状態で本来の末脚が使えなかったのは事実。

今日のメインレースの時点でやや重まで回復していますから、京都大賞典が行われるまでにはしっかり良馬場に回復してそれなりに時計も出る状態に戻っていると期待して、ラブリーデイに注目しました。

相手の筆頭はキタサンブラックで間違いありませんが、斤量面を考えると56キロで出走できるサウンズオブアースラストインパクトにも上位進出のチャンスがありそう。

単騎で楽に逃げた時のヤマカツライデン、久々は割引も京都コースは相性が良いアドマイヤデウスも、恵まれれば3着ならあるかもしれませんね。

馬券は、買い目を絞った3連単でいきたいと思います。


◎10ラブリーデイ
○01キタサンブラック
△04ラストインパクト

△08サウンズオブアース
×03アドマイヤデウス
×06ヤマカツライデン


3連単
10→1→4
10→1→8
10→4→1
10→8→1
10→1→3
10→1→6【計6点】

関連記事