この機種が打てるレベルの店が有るとは、思ってなかった!!|シンクksの専業実践記

この機種が打てるレベルの店が有るとは、思ってなかった!!|2014.10.13(月)

ど~もシンクksでっす(´∀`)ノ

さて少し前でしょうか、スロの方は、AT規制などが有り、この先どうなっていくのでしょう?!

パチ稼働がほとんどやけど、スロも規制後に、どうなっていくのでしょうな、これからが気になりますね。

これは、あくまで予想やけど、現状と比べると、エナは厳しくなるかな。

ただし、設定狙いがしやすくなり、安定感も上がりそうな気がするかな~ってのが現状思ってる事かな(´∀`)

5号機初期を思い返すと、やはり判別しやすかったし、現ATと比べると、設定に正直な出玉やったのでね。

そういう意味では、状況が良くなると予想かな。

MAXの釘状況悪化から選択したのは、技術介入効果が高いこの台。

さて、ここからは本題の最近の稼働状況です。

通ってた店の状況が悪くなり、近隣店の甘コーナーで出会った台は、こいつだ。

『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999 Light Version』

141012-sk-gazou1.JPG

この機種の魅力は、なんと言っても、とにかく甘い!!

出玉にもよるが、1k/20回れば、勝率も高く、細かい技術介入による期待値の底上げも可能なので、かなり負けにくい機種です。

もちろんそれだけじゃなく、演出バランス、スペック、すべてが優秀な個人的には、かなりの優秀台!!

さて打つ判断を決めたのは、ヘソが本当に微妙ながら開いていたのと、右のアタッカー周辺+電チュー、スルー周辺釘がそこまで悪く無かったので。

5段階で表すなら、こんな感じかな。

寄り3(普通)

ヘソ2(ホンマに気持ち開き程度)

スルー4(普通)※普通で十分。

アタッカー2(ちょい削り有り)

電チュー4(普通)※普通で十分。

これだけの条件が揃っていれば、後は、店がどこまでの技術介入を許してくれるんかの探りやな。

そこに関しては、探るしか無いので、とりあえずやってみるしかないかな。

ほな実戦開始~店との探り合いも開始Σ(´∀`;)

初当りは、投資6k116回転目と、ま~ぼちぼち、ただし回転数は、十分。

141012-sk-gazou2.JPG

ステップアップメーテルからの、役物落下のアツイ演出でした。

141012-sk-gazou3.JPG

これが出玉有り2連で終了、しかし15Rも込みなので、1600玉ちょいの出玉獲得。

電サポでの増えも問題無し。

店員が注意してきそうな雰囲気も、現状は無し。

そこから更に打って、再投資は無しでコンスタントに当たって、昼過ぎの2時位には、1万発越えと、もう甘デジなので、ほぼ勝ち確定。

この時点での回転ベースは、1k/20.5、流石に回りすぎであるw

そして夕方位に、店員の動きが変わってきたのであるΣ(´∀`;)

やけに後ろを通り始め、白シャツカットインが勃発してきたのですな。

店員警戒LV1であるΣ(゚д゚lll)

ここからは、少し抑え気味で打ってたけど、バイトのリーダーに注意されたので、かなり抑えて打つ事に。

抑えはするが、上皿崩壊さすのだけは、勘弁、最低現状維持か微増に調整。

この日は、この店での初稼働の為、こういう感じで気にし始めたら抑えて、どこまでが許容範囲かを探るのも大事です。

とりあえず、ある程度玉増やしを抑えれば、気にはするが、注意は無くなったので、後は終日回すだけ。

ちなみに2日目も打ったけど、甘で久々にここまでハマったわw(以下画像参照)

141012-sk-gazou4.jpg

そんな感じの探り合いをしながら、終日回した結果のデータは、以下に記載。

稼働結果

■最終稼働データ

項目 データ数値
平均回転数 1K/20.9
平均出玉 1R/86.25玉
総ラウンド数 402R
(15R×10)
(4R×63)
初当り 14回
通常回転数 1233回
総回転数 2542回

※平均回転数は、最終計測時
※平均出玉は、時短中増減込み

■収支

項目 収支等
投資金額
(玉使用分)
6000円
獲得玉数 21438玉
換金額 85500円
収支 79500円

※換金額は等価計算
※投資、換金、収支は、499円以下切り捨て

※基本貯玉使用~出玉は全部貯玉してる為、投資、換金額、収支などは、実際の収支とは、多少のズレが有ります。

こんな感じで、平均回転数+平均出玉共に素晴らしく、今回はかなりの良台を打てました。

まさかこの時期に、また銀河を打てるとは思って無かった(´∀`)

店の警戒考えたら、毎日は流石に使えないけどなw

週一で精一杯かな。

ほな今回は、これで~、ほなら~( ̄▽ ̄)ノ



(C)松本零士・東映アニメーション
(C)KYORAKU SANGYO

この記事に関連する記事

【一撃】タレントブログの最近の記事