【競馬予想】世代レベルの高さを信じてみます!ジャパンカップ

2016.11.27(日)投稿|競馬予想

先週末のマイルチャンピオンシップは、本命に据えたミッキーアイルが勝利してくれたものの、3着のネオリアリズムを拾うことができず残念な結果に。

勝ち馬の斜行で後味が悪いレースとなってしまいましたが、果たしてまともな内容でゴールしていたらどんな結果になっていたのか、気になるところですね。

まあ、答えは誰にもわかりませんし、競馬にアクシデントは付き物ですから、気を取り直していきたいと思います。


さて、GI戦線が続く今週末ですが、早いもので2016年の東京開催の最終週ということで、毎年恒例となっている国際GI・ジャパンカップが行われます。

一応、昨年の菊花賞と今年の天皇賞・春を勝っているキタサンブラック、そして昨年のグランプリホースのゴールドアクターに人気が集まっているようですが、個人的にはかなりの混戦模様だと考えています。

明日の天気、そして馬場状態が気になるところですが、そのあたりも想像しつつ、予想の方をしていきましょう。


そして、今週末もいつも通り特別レースの予想を見ることができる競馬予想メールマガジンを配信しますが、2場開催とはいえ東京は特別5鞍、京都も最終レースに組まれている重賞の京阪杯を含めた特別4鞍ありますから、盛りだくさんの内容となっています。

ぼちぼち、配信の準備が整うころだと思うので、いつも使ってくれている方も、まだの方も、ちょいちょいチェックしてみてくださいね。

【ウマツの競馬予想】

それでは、大注目のジャパンカップに出走する17頭の短評、そして最終的な予想へといってみたいと思います。

出走全馬の短評

1枠1番 キタサンブラック

秋初戦となった京都大賞典を快勝したあとは、天皇賞・秋をパスしてこのレース一本で調整を進めてきました。唯一馬券を外しているのが今回と同じ東京2400mの日本ダービーというのが気になるところですが、充実している今なら問題なくこなしてくれる可能性の方が高そうですね。

1枠2番 ビッシュ

1番人気に支持された秋華賞は大敗してしまいましたが、初の関西遠征だったのが影響したと考えています。その点、今回は走り慣れた東京でのレースですし、3歳牝馬ということで53キロの斤量で出走できますから、ファビラスファフインのような巻き返しがあるかもしれませんよ。

2枠3番 ゴールドアクター

古馬になってから負けたのは天皇賞・春だけ、そして昨年末には有馬記念を制していますから、このメンバーでも上位の存在でしょう。東京コースも昨秋にアルゼンチン共和国杯を勝っているように悪くありませんから、有力な一頭だと言えるのではないでしょうか。

2枠4番 ルージュバック

ここでも通用する力は持っていると思うのですが、このところはずっと2000m以下の距離を使ってきましたから、久々の2400mが気になるところです。戸崎騎手がずっと後方待機の競馬をしているということは折り合いに不安がありそうで、今回はいつも以上に後方での競馬になりそうですから、楽な競馬にはならなそうですね。

3枠5番 イキートス

ドイツから参戦の外国馬ですが、日本の軽い馬場が向く印象は受けません。かつては外国馬の活躍が目立ったレースですが、今は日本のレベルも上がって外国馬は劣勢ですから、低評価で良いのではないでしょうか。

3枠6番 ラストインパクト

昨年のこのレースで2着に激走しましたが、その後は苦戦が続いています。前走の京都大賞典もスローペースを先行して失速してしまいましたから、今年は厳しいレースになってしまいそうですね。

4枠7番 ワンアンドオンリー

ダービー馬ですが、日本では3歳春の神戸新聞杯を最後に馬券に絡めていません。さすがにここでいきなりガラッと変わる可能性は低いと思いますから、消しの評価で良いのではないでしょうか。

4枠8番 イラプト

昨年に続いての参戦となる外国馬ですが、不利があったにしても昨年は6着止まりでしたから、古馬になって斤量も増えた今年、昨年以上の結果を出せるイメージは浮かびません。思い切って切りたいと思います。

5枠9番 ディーマジェスティ

菊花賞は4着止まりでしたが、力負けというよりも初の関西遠征や3000mの距離が影響した印象を受けました。久々をひと叩きして挑んだにも関わらず馬体重が増えていたのをみても、長距離輸送に備えて調整を加減しすぎたことも考えられるのではないでしょうか。そう考えると、走り慣れた東京なら、本来の力を発揮してくれる可能性が高そうですね。

5枠10番 トーセンバジル

条件戦を3連勝して勢いに乗っていますが、さすがにGIで上位争いするには実績が足りない気がしています。ここで一度経験して、今後飛躍するためのプラスになれば、といったところではないでしょうか。

6枠11番 フェイムゲーム

去勢明け初戦となったアルゼンチン共和国杯は5着止まりでしたが、さすがに操縦性は良くなっていた印象を受けました。今回は叩き2戦目で確実に状態アップしているはずですから、ダメ元で押さえてみたいと考えています。

6枠12番 サウンズオブアース

最強の2勝馬と言われるようになってからだいぶ経ちますが、未だに重賞タイトルには手が届いていません。昨年のこのレースも5着止まりでしたし、軽い馬場の方が得意なイメージですから、今の馬場状態では苦しい気がしますが、どうでしょうか。

7枠13番 ヒットザターゲット

重賞でたまに穴を開けるものの、GIでは馬券に絡んだことがありません。8歳馬で大きな上積みは望みづらいですし、今の馬場状態では得意のイン突きも決まらなそうですから、軽視して良いのではないでしょうか。

7枠14番 レインボーライン

GI勝ちこそないものの、同舞台の日本ダービーは出遅れた割に頑張っていましたし、菊花賞では2着に好走していますから、可能性が無いわけではなさそうです。すでに札幌記念で古馬に通用しているのも、心強い材料ですね。

8枠15番 ナイトフラワー

昨年に続いての来日となりましたが、近走成績を見る限り、1年で大きく成長した印象は受けません。2走前にはイキートスに負けていますし、斤量も昨年より重いですから、思い切って消します。ただ、昨年のこのレースは11着とはいえ不利で全く力を出し切っていませんから、もし外国馬の中で上位に来る馬がいるとしたら、この馬ではないかとも思っています。

8枠16番 リアルスティール

秋初戦になる予定だった毎日王冠を直前で回避し、万全の臨戦過程ではなかった天皇賞・秋で2着に好走し、地力が高いところを見せてくれました。その点今回は叩き2戦目になりますし、ムーア騎手も心強いですから、2400mでも買い目に入れたいところですね。

8枠17番 シュヴァルグラン

休養明けで100%のデキではなかったアルゼンチン共和国杯を快勝したように、高い能力を持っています。天皇賞・春は立ち回りの差で3着止まりだっただけだと思っていますし、宝塚記念は不利で力を出し切っていませんから、ここで激走しても不思議ではありませんよ。

短評をふまえた上で予想です

これといった逃げ馬がいませんから、最内枠のキタサンブラックが押し出されるように先頭に立って淡々としたペースになる気がしていますが、思い切ってゴールドアクターや外国馬がハナを主張するようだと意外なペースになる可能性もありそうです。

ただ、いずれにしても極端なハイペースになることは考えにくいですから、2400mの距離、そして力の要る今の馬場状態でも鋭く末を伸ばせる馬が最後に台頭してくるのではないかと考えています。

期待したのは、近年では最もレベルが高い世代ではないかと今のところは感じている現3歳世代の代表格であるディーマジェスティです。

uma-20161126-1.jpg
(得意の東京コースで皐月賞に次ぐGI2勝目に挑むディーマジェスティ)

今年の3歳世代は「3強」と評価され、ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンドが一冠ずつを分け合う形となりましたが、凱旋門賞に挑戦したダービー馬のマカヒキは置いておいて、菊花賞馬のサトノダイヤモンドは恐らく年末の有馬記念で1番人気に支持されることになりそう。

そう考えると、ディーマジェスティもここで1番人気に支持されていても不思議ではない馬だと思いますから、信じたいと思います。

恐らく、菊花賞で人気を裏切る4着に終わったことがこの程度の評価に甘んじている要因なんでしょうが、初の関西遠征、そして初の距離だったと考えれば、本来の力はあんなものではないはず。

菊花賞では先着を許したレインボーラインも出走していますが、今回と同じ舞台の日本ダービーでは大きく先着していますから、力を出し切れればディーマジェスティの方が強いでしょう。

あとは、「今年の3歳世代はレベルが高い」という評価が本物であることを祈るばかりです。

馬券は、ディーマジェスティを1着固定にした3連単、そして押さえに同じ組み合わせの3連複を買いたいと思っています。

相手ですが、まずは同じ3歳世代のレインボーライン、3歳牝馬で斤量の恩恵もあるビッシュ、さらに古馬の中では実績上位のキタサンブラックゴールドアクターを選択。

あとは、秋初戦の天皇賞・秋で2着に好走したリアルスティール、アルゼンチン共和国杯を勝ってきたシュヴァルグラン、そしてもう一頭、去勢明けを叩いて上昇しているフェイムゲームに大万馬券の期待を込めたいところですね。


◎09ディーマジェスティ
△01キタサンブラック
△02ビッシュ
△03ゴールドアクター
△11フェイムゲーム
△14レインボーライン
△16リアルスティール
△17シュヴァルグラン

3連単(軸1着固定)
1着:9
相手:1.2.3.11.14.16.17【計42点】

3連複(軸1頭流し)
軸:9
相手:1.2.3.11.14.16.17【計21点】


競馬、パチスロ、プライベートの何でもないことなどをつぶやいていますので、フォローしていただければと思います。

この記事に関連する記事

カテゴリー一覧

月別記事一覧

2016年12月の記事一覧(3)

2016年11月の記事一覧(4)

2016年10月の記事一覧(5)

2016年9月の記事一覧(4)

2016年8月の記事一覧(5)

2016年7月の記事一覧(5)

2016年6月の記事一覧(3)

2016年5月の記事一覧(3)

2016年4月の記事一覧(5)

2016年3月の記事一覧(4)

2016年2月の記事一覧(4)

2016年1月の記事一覧(5)

2015年12月の記事一覧(5)

2015年11月の記事一覧(4)

2015年10月の記事一覧(4)

2015年10月の記事一覧(5) 旧ブログ

2015年9月の記事一覧(11) 旧ブログ

2015年8月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年7月の記事一覧(11) 旧ブログ

2015年6月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年5月の記事一覧(14) 旧ブログ

2015年4月の記事一覧(10) 旧ブログ

2015年3月の記事一覧(10) 旧ブログ

2015年2月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年1月の記事一覧(11) 旧ブログ

2014年12月の記事一覧(7) 旧ブログ

2014年11月の記事一覧(8) 旧ブログ

2014年10月の記事一覧(4) 旧ブログ

2014年9月の記事一覧(9) 旧ブログ

2014年8月の記事一覧(8) 旧ブログ

2014年7月の記事一覧(6) 旧ブログ

2014年6月の記事一覧(10) 旧ブログ

2014年5月の記事一覧(17) 旧ブログ

2014年4月の記事一覧(7) 旧ブログ

2014年3月の記事一覧(5) 旧ブログ

2014年2月の記事一覧(5) 旧ブログ

2014年1月の記事一覧(5) 旧ブログ

2013年12月の記事一覧(4) 旧ブログ

2013年11月の記事一覧(3) 旧ブログ

2013年10月の記事一覧(2) 旧ブログ

2013年9月の記事一覧(4) 旧ブログ