【競馬予想】2頭のグランプリホースを負かして欲しい!オールカマー

2016.09.25(日)投稿|競馬予想

今週末の競馬は、日曜日に中山で古馬重賞のオールカマー、阪神では菊花賞トライアルの神戸新聞杯と2つの重賞が組まれています。

先週のブログで取り上げたセントライト記念では皐月賞馬のディーマジェスティが強い勝ち方を見せてくれたので、その流れでいけば西のエースと言えるサトノダイヤモンドが勝つであろう神戸新聞杯を取り上げるべきですが、どうにも馬券的には面白くなさそう。

そこで今週の予想は、昨年末の有馬記念を制したグランプリホースのゴールドアクター、夏のグランプリである宝塚記念を制したマリアライトが出走するオールカマーの方を取り上げてみたいと思います。


神戸新聞杯や、その他の特別戦の予想は、いつもの競馬予想メールマガジンでやってますので、気になる方はチェックしてみてください。

【ウマツの競馬予想】

それでは、オールカマーに出走する12頭の短評、そして最終的な予想の順で進んでいきましょう。

出走全馬の短評

1枠1番 サトノノブレス

6歳になった今年に入ってから重賞を2勝しているように、ここにきて充実期を迎えています。宝塚記念は発表以上に重い馬場に苦戦しましたが、良馬場になってくれれば巻き返していいと思っていますよ。

2枠2番 クリールカイザー

昨年のアメリカジョッキークラブカップを勝っているように、中山の芝2200mはこの馬にとってベスト条件と言えます。長期休養明けを3回使って復調していますから、今回はチャンスがあるのではないでしょうか。

3枠3番 ショウナンバッハ

年明け早々に今回と同舞台のアメリカジョッキークラブカップで3着に善戦しているだけでなく、重賞9連続連対中の戸崎騎手騎乗でもあり注目の一頭。近走の成績を見ると買いづらいところですが、とりあえず押さえておきたいですね。

4枠4番 マイネルメダリスト

2年前の夏に目黒記念を勝ちましたが、その後は一度も複勝圏に来ていません。8歳馬と高齢でガラッと変わってくることは考えにくいところですから、今回も苦しいレースになるのではないでしょうか。

5枠5番 ツクバアズマオー

出世には時間がかかりましたが、オープンクラスに昇級してからのここ3戦は3.3.4着と安定して上位争いを続けています。大半の馬が休養明けと考えると、夏場にコンスタントに使ってきたのはアドバンテージになりそうですね。

5枠6番 ゴールドアクター

昨年の有馬記念を制しているように、このメンバーに入っても実力最上位の存在と言えそうです。対マリアライトでも無敗ですから、自分の力を出し切れれば圧勝の可能性まであるかもしれません。

6枠7番 マリアライト

春のグランプリである宝塚記念を制しており、牡馬相手でも上位の存在と言っていいでしょう。休養明けは微妙なところですが、完全に買い目から消すのは無謀な行為と言えるかもしれませんね。

6枠8番 エーシンマックス

オープンクラスに昇級して初戦となった新潟記念で大敗したように、この相手に好走するにはクラス慣れが必要な気がしています。今回に関しては、消しの評価で良いのではないでしょうか。

7枠9番 アクションスター

3歳時には重賞戦線でも上位争いしていたものの、古馬になってからは一度もオープンクラスで馬券絡みがありません。しかも今回はGIIで相手も揃いましたから、苦しいレースになりそうですね。

7枠10番 サムソンズプライド

4歳の春まではオープンクラスでも善戦していましたが、それ以降はオープン馬を相手にして苦戦するレースが続いています。別定の重賞では、厳しいレースになってしまうのではないでしょうか。

8枠11番 ワンアンドオンリー

3歳時にはダービー馬になり、秋初戦となった神戸新聞杯も制覇しましたが、それ以降は苦悩の日々が続いています。今回は後方待機の競馬を試みるようですが、この相手に一気の差し切りを期待するのは酷ではないでしょうか。

8枠12番 カレンミロティック

春の天皇賞で2着しているように8歳でも元気ですが、宝塚記念の負け方を見てしまうと、無欲の先行ができた時でないと大崩れすると思ってしまいます。今回は大外枠な上に長距離戦のメルボルンカップを見据えるとぶっ放して逃げる訳にはいきませんから、好位に控えて見せ場なし、となる可能性が高いと思っています。

短評をふまえた上で予想です

本来の能力を考えると、ゴールドアクター、マリアライトという春秋グランプリホース2頭の3着探しといったところなんですが、2頭ともに目標はこの後のGIですから、今回に限っては付け入る隙があると妄想しています。

そこで2頭を脅かす存在として期待しているのが、長期休養明けを使いつつ上昇しており、前走の七夕賞では完全な追い込み決着の流れを4角先頭から5着に粘り込んだクリールカイザーです。

uma-20160924-1.jpg
(渋太い先行力を武器にグランプリホース2頭を驚かせて欲しいクリールカイザー)

確かにGIレベルの相手を見てしまうと弱気にもなりますが、この馬にとって56キロの斤量で出走できるのはアメリカジョッキークラブカップを制した時以来となりますし、脚部に爆弾を抱えていることで一戦一戦が勝負になりますから、復調気配の今回に期待してみたいと思っています。

相手はもちろん、ゴールドアクターマリアライトになってきますが、前者は天皇賞・春で大敗してひと息入れられましたし、後者も休養明けとなった春の日経賞では3着、そして昨年のこのレースでは5着と崩れていますから、2頭ともにしっかり馬券圏内とはならない可能性も否定はできません。

ということで、良馬場で見直したいサトノノブレス、春にアメリカジョッキークラブカップで3着しているショウナンバッハ、夏場に使われている強味があるツクバアズマオーも相手に加えてみたいところですね。


◎02クリールカイザー
△01サトノノブレス
△03ショウナンバッハ

△05ツクバアズマオー
△06ゴールドアクター
△07マリアライト


3連単(軸1頭マルチ)
軸:2
相手:1.3.5.6.7【計60点】


競馬、パチスロ、プライベートの何でもないことなどをつぶやいていますので、フォローしていただければと思います。

この記事に関連する記事

カテゴリー一覧

月別記事一覧

2016年12月の記事一覧(3)

2016年11月の記事一覧(4)

2016年10月の記事一覧(5)

2016年9月の記事一覧(4)

2016年8月の記事一覧(5)

2016年7月の記事一覧(5)

2016年6月の記事一覧(3)

2016年5月の記事一覧(3)

2016年4月の記事一覧(5)

2016年3月の記事一覧(4)

2016年2月の記事一覧(4)

2016年1月の記事一覧(5)

2015年12月の記事一覧(5)

2015年11月の記事一覧(4)

2015年10月の記事一覧(4)

2015年10月の記事一覧(5) 旧ブログ

2015年9月の記事一覧(11) 旧ブログ

2015年8月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年7月の記事一覧(11) 旧ブログ

2015年6月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年5月の記事一覧(14) 旧ブログ

2015年4月の記事一覧(10) 旧ブログ

2015年3月の記事一覧(10) 旧ブログ

2015年2月の記事一覧(9) 旧ブログ

2015年1月の記事一覧(11) 旧ブログ

2014年12月の記事一覧(7) 旧ブログ

2014年11月の記事一覧(8) 旧ブログ

2014年10月の記事一覧(4) 旧ブログ

2014年9月の記事一覧(9) 旧ブログ

2014年8月の記事一覧(8) 旧ブログ

2014年7月の記事一覧(6) 旧ブログ

2014年6月の記事一覧(10) 旧ブログ

2014年5月の記事一覧(17) 旧ブログ

2014年4月の記事一覧(7) 旧ブログ

2014年3月の記事一覧(5) 旧ブログ

2014年2月の記事一覧(5) 旧ブログ

2014年1月の記事一覧(5) 旧ブログ

2013年12月の記事一覧(4) 旧ブログ

2013年11月の記事一覧(3) 旧ブログ

2013年10月の記事一覧(2) 旧ブログ

2013年9月の記事一覧(4) 旧ブログ