ARTの平均獲得1350枚!『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』【設定6】試打レポート

みなさんこんにちは、一撃の"ウマツ"でございます。

このところ登場してきている新台は比較的マッタリとした出玉感の台が多い(あくまで個人的イメージ)ですが、今回紹介する
"パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒"
は、"荒波"好きの方にはたまらない仕様になっているみたいですよ!

なんでも、ARTに突入した際の平均獲得枚数は"約1350枚"にもなるんだとか。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の筐体画像

こちらがウワサの「パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒」ですが、果たしてどんな仕上がりなのか、さっそく打ってみたいと思います。

ジェネラルバトルを制して聖闘士RUSHへ!

本機は、ボーナスはなくARTのみで出玉を増やしていく仕様のマシンになっていますが、通常時にいわゆる"チャンスゾーン"は存在しません。

レア役やゲーム数消化による抽選、また小宇宙(コスモ)ポイントを貯めることにより突入する、聖闘士RUSHの入口となる"ジェネラルバトル"の当選を目指すことになります。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の海将軍激闘「ジェネラルバトル」
▲こちらが、海将軍激闘と書いて「ジェネラルバトル」です

ジェネラルバトルは純増2.0枚=1GのARTとなっており、継続ゲーム数は25G+バトルG

まずは25G間で後半で繰り広げられるバトルの継続ストック獲得を目指し、聖闘士RUSH突入をかけた勝負に挑むことになります。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒のバトル継続

バトルは最大3回突破するとクリアとなるのですが、前半の25Gでレア役を引いて継続ストックを獲得しているとよりチャンスが広がります(上記画像は、ストック1個獲得で1回目のバトルは突破確定ということ)。

最初から3個ストックを獲得しているなんてことになれば、安心して勝利確定のバトルを楽しむことができますよ!

ちなみに、バトルは継続率で管理されており、その継続率は約50%→60%→70%→80%→99%の5段階で、もしバトルに敗北すると次回ジェネラルバトルは継続率が上がる可能性が高いとのこと。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒のバトル対戦相手

対戦相手が紹介される時には、しっかり「バトル継続率○○%OVER」と出てくれます。

聖闘士RUSHに当選するまでその継続率は下がることがありませんから、ジェネラルバトルの回数を重ねるほど突破する確率が上がるということですね。

ジェネラルバトルが連続で最大10回敗北すると、次回ジェネラルバトルでは聖闘士RUSH突入が確定するという天井もあるみたいですが、そこまで行く確率はかなり低いようですよ!

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の勝利確定画面

無事に3回耐え抜いて(1発目で勝利濃厚となることもある)ジェネラルバトルを制することができれば、いよいよ本機のメインART「聖闘士RUSH」のスタートです。

聖闘士RUSHは必ず"3ケタG数"でスタート!

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の聖闘士RUSH開始画面

ART「聖闘士RUSH」は、初期ゲーム数決定専用の上乗せ特化ゾーン(継続10G+α)から始まります。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の天馬覚醒

初期ゲーム数決定専用の上乗せ特化ゾーンは"天馬覚醒""女神覚醒"の2種類があり、そのいずれかが選ばれて消化していくことになりますが、驚くのはその上乗せゲーム数。

【天馬覚醒】平均200G(最低保証100G)

【女神覚醒】平均400G(最低保証200G)


ご覧の通り、必ず100G以上のゲーム数を獲得することができますし、上手くやれれば数百ゲームの爆乗せする可能性も十分にありますよ!

ここでいかに多くのゲーム数を獲得するかが今後の流れを大きく左右しますが、その後も上乗せ特化ゾーン、さらにはレア役&ゲーム数消化でダブル抽選されるゲーム数の直乗せもあります。

聖闘士RUSHは上乗せ特化ゾーンも規格外

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒のゴールドVSジェネラル バトル

ART消化中の上乗せ特化ゾーンは、主に"ゴールドVSジェネラル バトル"となりますが、バトルに勝てば勝つだけ上乗せして継続もするという仕様。

対戦相手によって一度の上乗せが多かったり、継続率が高かったり、中間のバランスだったりとあるようですが、とにかく、勝ち続ければ出玉も増えつつゲーム数もいっぱい乗ります。

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒の千日戦争

そして、突入率がいかほどかは現時点でわからないものの、平均上乗せ"約650G"にもなる上位版特化ゾーンの"千日戦争"も存在。

さらには、引いただけで"最低1000G"の上乗せが約束される"アテナフリーズ"というものもあるみたいなので、これは是非ホールで引きたいですね!


『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』の導入日は

7月18日(火)予定!





(C)車田正美・東映アニメーション



この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事