『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』【設定6】試打レポート




Sammyさんの新台『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』、設定6の試打レポートを担当いたします、のーめんです。(*・∀・)コンニチハ

2013年に導入された『パチスロ攻殻機動隊S.A.C.』も記憶に新しい気がしますが、早くもその続編ということで2017年春の期待の1台でございます。

結論から先にお伝えいたしますと、ARTだけに頼るでもなく、ボーナス頼みというわけでもなく、バランスがとれていて面白い、という印象でした。

最強特化ゾーンやプレミア役を引いたわけではありませんが、じわりじわりとプラスになっていくイメージです。なるほど、より一層興味が湧いてきましたね?

それでは早速どうぞ!!

基本仕様のおさらいと、通常時の楽しみ方

基本仕様は機種ページ、打ち方ページでおさらいを!


本機には純増約200枚~300枚のリアルボーナスと、純増約1.4枚/G(G数上乗せ型)のARTが搭載されています。

リアルボーナスは大体1/250~1/200くらいで出現するような感覚です。

ARTは通常時の"チャンスゾーン"やボーナス中の"7揃い"から、というのがメインルート。

ARTに入れたら、特化ゾーン・高確率ゾーンやレア役の直撃でG数を上乗せしつつ、ボーナスを絡めて出玉を増やしていきましょう、というイメージです。

詳細は下記も参照くださいね。

ゲームフローの図解は→コチラ♪

スペックの概要は→コチラ♪

感想

通常時はタチコマを眺めつつ、CZ・ボーナスを待つ!!


序盤はレア役が引けなかったためとくに何も起こせず、400Gを超えたところでレア役からの「ストーリー高確率ゾーン」へ突入します。



ストーリー高確率は、高確率ゾーン2種類のうち、いうなれば偉い方です。もう一つの高確率ゾーンの名前はそのまま「通常高確率ゾーン」。
ちなみにCZはもう1種類存在し、プレミア扱いの「電脳MODE」があります。

ストーリー高確率中は、選択されたストーリー(演出)が進んでいき、敵を撃破したりミッションをクリアしたりすればART・「S.A.C.モード」へ突入します。


▲ストーリーがチャンスパターンにステップアップする場合もあります。

あ、そうそう。ストーリー高確率から突入したARTは通常高確率ゾーンから突入するよりもちょっとお得なんですよ。後ほど説明しますね。

通常時に引いたBIG BONUSでは、リール周囲の枠の色でボーナス後のCZ期待度を示唆!?


BIG BONUS中はレア役で高確率ゾーンを抽選しています。

枠の色で当選期待度を示唆しているので、赤や紫になれば結構期待できるのでは?

データ表を合わせてみていただくとわかるのですが、ボーナス後にレア役などの契機役を引かずに高確率ゾーンに突入することがありました。

おそらく、この抽選に当選したんだろうと思います。

実戦では緑までにしか育てられなかったのですが、それでも高確率ゾーンに突入しているので、緑でもそこそこチャンスなのかもしれないですね。

期待度はちなみに と5段階あるようです。

BIG BONUS中には7を狙えのカットインが出ることがありますが、揃えばART突入、ART中に引いたボーナス中なら後ほど説明する電脳RUSHに突入が確定します。


▲挟んでテンパイした場合実戦上確定でした。

REG BONUS中はロングフリーズ発生確率がアップ......?




REG BONUS中はロングフリーズ確率がUPしているとのこと。

発生した場合、「電脳MODE」(通常時のCZ3つのうちの一番偉いやつ)への突入が確定するという噂です。

ART中のモード3種類が面白い!



ARTは「S.A.C.モード」「個別の11人モード」「笑い男モード」の3種類あり、多くはS.A.C.モードに滞在しています。

個別の11人モードは特化ゾーン「電脳RUSH」の高確状態となっておりますが、通常時にストーリー高確率から突入したARTは必ずこの個別の11人モードからスタートなんですよね。なのでちょっとお得です。


▲リール下部にしっかり"電脳RUSH高確率中!!"の文字が。

笑い男モードは上乗せ超高確状態とのことですが、実戦中に突入できなかったのでその真価のほどを確かめることはできませんでした......!!

個別の11人モードは初期ゲーム数が15G、白7を狙うように促すカットインから、7が揃えば電脳RUSHへ。
電脳RUSH終了時はまた15Gの個別の11人モードに再突入します。要はSTですね。

15G間に電脳RUSHに突入できなければS.A.C.モードに戻りますよ。

個別の11人モードはストーリー高確率からのART当選の他、ART中のレア役でも抽選を行っているようです。
レア役で上乗せ+10G、さらに個別の11人モードに当選というダブル当選パターンも確認!


▲"INDIVIDUAL ELEVEN"=個別の11人

上乗せ特化ゾーン・電脳RUSHが可愛い、そして楽しい!!


"攻殻機動隊"で外せないキャラクターといえば、そう、タチコマ

なんとも愛くるしい動きとしゃべり方で多くの人を虜にしている多脚戦車です。

電脳RUSHでは、そんなタチコマが今回も大活躍。

1ラウンド=3Gで継続期待度を上乗せしていき、最終Gでその継続率(%)で継続・上乗せの抽選をしているものと思われます。

タチコマは1体(Single)だけでなく、2体(Double)、3体(Triple)......本機ではなんと最大5体(Quintuple)まで増えるんですって!!!!


▲ラウンド開始画面例・Single


▲ラウンド開始画面例・Triple

ラウンド突入時に抽選しているようですが、電脳RUSH中にボーナスを引いた際に次のラウンドで1体増えていたりしたので、タチコマが増える抽選がいろんなところで行われているのかもしれません。

タチコマは1体ごとに独立して継続率を貯めていくので、例えば3体で開始したラウンドで1体が上乗せに失敗した場合、次のラウンドは2体(以上)のタチコマで開始します。



ちなみに、電脳RUSHには"レベル"があり、電脳RUSH突入画面でPUSHボタンを押すと背景色で確認することができます。



継続期待度の貯まりやすさに関係するのかな......? などと思っています。

特殊ゲーム数上乗せ・電脳HACKは3種類


性能が異なる特殊ゲーム数上乗せは「タチコマ電脳HACK」「素子電脳HACK」「笑い男電脳HACK」の3種類が搭載されています。

試打中で引けたのはタチコマ電脳HACK。
電脳RUSH中、ラウンドが継続した次のゲームで発生しました。



1G完結型の上乗せで、PUSHボタンを長押しして上乗せのG数を示唆しているのだとか。

今回は+91G。端数が出たのでどういう振り分けになっているのか......抽選方法がとても気になるところです!!

設定推測要素!? "REG中の背景"の種類とボーナス後の"トロフィー"

さて、スロッターなら気になるであろう設定推測要素!?、設定判別要素!?、示唆画面!?などなど、試打中にそれらしきものに遭遇しましたので、掲載しちゃいますね!!

REG BONUS中の背景色

REG BONUS中の背景は、基本的に緑。

が、オレンジや赤といった背景もあるようです。





実戦では9回引いたREG BONUSのうち、何らかの示唆画面が出たのが2回でした。

1G目~5G目まで通常緑背景、6G目にオレンジ背景、というパターンが1回。

1G目~3目まで通常緑背景、その後オレンジ→オレンジ→赤、というパターンが1回。

オレンジは複数回出ましたが、赤は1回ということを考えると特に秘密がありそうです。

ボーナス終了後にトロフィー出現!




偶然にも、オレンジ背景の時に出てしまったのでややこしくなってますが、これはREG BONUS最終Gで画面左下にレインボーのトロフィーが出現したときのお写真になります。虹トロ(*・∀・)

トロフィーは昨今のSammyの機種の設定示唆演出として共通している要素ですので本機でも同様に示唆をしているのではないでしょうか。

細かい数値は続報に期待、といったところですが、虹のほかにもいろんな種類がありそうです。、もちろん虹はきっと......きっと......?!






『パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』の導入日は

3月21日(火)予定!


▼設定6試打データは2本あります!

実戦詳細データ①はこちら←この記事と一緒にぜひ!!

実戦詳細データ②はこちら←編集部・上條ローさん担当!!


引き続き良いパチスロライフを(*・∀・)♪



編集部・のーめん





(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会 (C)Sammy



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事