『パチスロ モンキーターンⅢ』試打レポート

なにがきっかけかはわかりませんが、先日、唐突に一撃の編集長から「ボートレースに連れていってほしい」と言われたので、関東圏の開催スケジュールを伝えました。

直近ではボートレース戸田で開催されているものの、「2月まで待てばモンキーターンの舞台になっている場所で開催がある」と伝えたところ、かなり乗り気のようだったので、今度編集長とマンツーマンでボートレース平和島に行ってこようと思います。

競馬が大好きなキャラで間違いはないものの、実はボートレースもかなり大好きな"ウマツ"でございます。


ということで今回は、2月末に導入される予定の
"パチスロ モンキーターンⅢ"
を取材ができるということで、YAMASAさんに行ってまいりました。



こちらが、モンキーターンシリーズの3作目となるパチスロ モンキーターンⅢ。

過去2作が比較的似たような雰囲気でしたが、今回はイメージカラーの青がかなり濃くなったこともあり、見た目からして変化を感じます。

左リールに見える「3連V図柄」も、インパクト大ですね。

チャンスゾーンでART突入を目指しましょう

ボーナスを搭載しない「ART特化タイプ」パチスロの先駆けとなったパチスロ「モンキーターン」ですが、今作も純増1G=約2.0枚のART「SG RUSH」のみで出玉を増やす仕様。

とはいえ、今作のSG RUSHは「バトルV-ST」と銘打たれているように、前作までとはちょっと違った雰囲気を感じますね。


では、ARTの紹介をしていく前に、まずはこちらも独特な仕様になっている通常時の流れを説明していきたいと思います。

通常時は「艇刻システム」を採用しており、液晶の右側には1Gで1日進むカレンダーが表示されています。

モンキーターン3の通常時画面右カレンダー

画面に表示されるのは、2カ月=60G分のカレンダーで、画像は1カ月目の19日のマスが対象となっています。

マスには色があってチャンスゾーンの当選期待度を表しており、黒マス→青マス→緑マス→赤マスと期待度が上がっていきます。

良い色のゲームで強いレア役を引くことができれば、チャンスゾーン当選の大チャンスと言えるでしょう。

モンキーターン3の通常時画面右カレンダーのチャンスアップ

それだけ言うと「そんな無理ゲーな」と思うかもしれませんが、黒マスでもレア役を引けばチャンスゾーンをゲットできることはありますし、カレンダーの色はレア役によって変化していきます。

どんどんレア役を引いてカレンダーを良い色で染めていきましょう。


チャンスゾーンは2つありますが、まずはART当選期待度約36%「バトルオブスプラッシュ」から紹介していきたいと思います。

モンキーターン3のチャンスゾーンバトルオブスプラッシュ

「バトルオブスプラッシュ」はレース型STタイプのチャンスゾーンとなっており、初期8G(保証4G+ST4G)からスタート。

リプレイ、ペラを含む小役を引くことができればターンに成功し、残り4Gを切ってからは小役を引くと再び残り4Gにリセットされる仕組み。

規定回数のターンを決めることができれば晴れてART当選となるわけですが、対戦相手によって求められるターン成功回数が変わってきます。

モンキーターン3のCZバトルオブスプラッシュの対戦相手選択(潮崎)

ランダムで選択される対戦相手は、

波多野の同期・洞口(期待小)
業界の先輩・潮崎さん(期待中)
女性レーサー・櫛田さん(期待大)の3人。

モンキーターン3のCZバトルオブスプラッシュの残りターン数表示

レア役でARTに直撃当選なんてこともありましたよ。


そして今作は、「超抜チャレンジ」が上位版のチャンスゾーンとなっており、ART当選期待度約60%となっています。

モンキーターン3の上位チャンスゾーン超抜チャレンジ

「超抜チャレンジ」は毎ゲーム抽選タイプのチャンスゾーンとなっており、ゲーム数は10G or 20G or SG RUSH当選までの3段階。

モンキーターン3で超抜チャレンジからV揃いでART SG RUSH当選画面

レバーオンで、ズドンとV図柄が揃えばART当選。

引いた小役によって期待度が変わるのはもちろんですが、ペラでも約18%、ボート・弱チェリーなら約50%、チャンス目・強チェリーは激アツ(確定?なのかな)とかなり高い期待度となっているようですから、しっかりチャンスをモノにしたいところですね。


では、ここからは、いよいよ楽しいARTのシステムを紹介していきたいと思います。

生まれ変わったバトルV-ST「SG RUSH」

本機のART「SG RUSH」は2部構成となっており、初回突入時は初期ゲーム数20~100G「フライングST」からスタート。

モンキーターン3のART初期ゲーム数 フライングST

ちなみに、ボートレースで「フライング」と聞くと悪いイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、このフライングは時計が0になる前にスタートを切ってしまったという意味でのフライングではありません(たぶん)。

ボートレースのように後ろから助走をつけて切るスタートの形式を「フライングスタート」といい、それが語源になっているんですよ(たぶん)。

フライングSTのゲーム数を消化し終わると、1セット30G固定の第2部の「ST」に移行していきますが、フライングST、ST消化中はV図柄揃いを目指していき、見事にV図柄が揃うと「バトルトライアル」に突入します。

モンキーターン3のART中V揃い

V図柄揃いというと、前作までのイメージだと出現率はそう高くないように思いますが、けっこう頻繁に揃います。

「バトルトライアル」は1セット10G、ライバル8人との勝ち抜きバトルとなっており、一気に8セットを勝ち抜く(平均勝率約70%)か、ライバルに勝った時に得られる賞金が累計1000万GPXに到達すれば、いよいよSGレースに出走です。

もし、バトルトライアルに敗北すると、突入前に消化していたフライングST、もしくはSTに戻りますが、ST中にバトルトライアルに突入した場合は、残り30Gにリセットされての再スタートになりますよ。

シリーズお馴染みの「SGレース」は今作も健在

SGレースが開演すると、まずは1セット約10G「SG優出モード」からスタート。

モンキーターン3のSGレース画面

シリーズでお馴染みとなっている波多野がオーラを発する演出が展開されますが、今作の場合はこのあと控えているSGレースの勝利期待度に関わってきますから、少しでも良い色のオーラになることを祈りたいところ。

モンキーターン3SGレース出走画面

SG優出モードのあとは、いよいよ「SGレース」となり、こちらもお馴染みの出走表が出たあと、白熱のレースが展開されます。

ここでは、「きわどい、しかし入っておる」や、レースに敗北したかと思った次ゲームで澄ちゃん登場からの「憲ちゃん」といった見慣れた演出も見ることができました。

モンキーターン3のグランドスラム達成画面

見事にSGレースを制覇すると、フライングSTのゲーム数上乗せが行われ、再びSG優出モードを経て次のSGレースへ出走することになります。

全8レースを制覇するとグランドスラムとなり、フライングSTのゲーム数上乗せ特化ゾーン「究極VモンキーRUSH」を獲得することができますから、どんどん勝ち進んでいきましょう。

モンキーターン3の青島全速モード画面

上乗せ特化ゾーンは、「究極VモンキーRUSH」のほかにもバトルトライアル勝利をストックする「青島全速モード」や、GPX(賞金)とフライングSTゲーム数を同時に上乗せ抽選する「強艇王ザチャレンジ」、フライングSTゲーム数上乗せの「舟券乱舞」があります。

モンキーターン3の最強特化ゾーン「究極VモンキーRUSH」画面

ちなみに、最強の上乗せ特化ゾーンと思われる「究極VモンキーRUSH」は、グランドスラム達成のほかに通常時のフリーズや中段チェリーからも突入する様子。

最強だけに道のりは平坦ではありませんが、ここでフライングSTのゲーム数をドーンと乗せてしまえばバトルトライアルにも何度も突入しますし、夢は広がるばかりです。

前作までとはシステムが大きく変わったパチスロ モンキーターンⅢでしたが、モンキーターンの面白さは健在、いや前作以上かもしれない、そう思える仕上がりでした。

早く、ホールで打ちたいですな!


機種ページはこちら
パチスロ モンキーターンⅢ


『パチスロ モンキーターンⅢ』の導入日は

2月27日(月)予定!





(C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト
(C)YAMASA



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事