『めぞん一刻 桜の下で 』【設定6】試打レポート

音無響子みたいな人と出会いたいよー。

はいどうもー!

五代くんになりたいガット石神新台レポートのお時間がやってきましたー!

伊勢志摩サミットの影響もあり、規制前・規制後は新台のRUSH!!となっていますね。

そんな今回はOLYMPIAさんのショールームにお邪魔させていただきまして「めぞん一刻 桜の下で 」を試打してきました。

5号機の初期から楽しませてくれた、パチスロめぞん一刻シリーズの新作です。めぞんファン必見の台のですね。

自身、パチスロに初めて触れてから少し経ったぐらいの時に「めぞん一刻」(初代のRT159Gとかあったやつ)を打って7が揃う楽しさを知ったものです...ああ、なんて懐かしいんだろう.....9年位前かな??(笑)

その後にリリースされた、「めぞん一刻~あなたに会えて、本当によかった~」はめちゃくちゃ世代だったので、よく打ったのを覚えています。

まあ、原作的には世代ではないのですが、涙なしには語れないあのストーリーには打つたびに感動してました。(´;ω;`)

そういえば、今回一緒にデータを取った編集部の上條ローさんは原作のめぞん一刻世代だったみたいで、その当時の盛り上がりについてかなり熱く語っていましたねぇ。

そんな今作も原作からの世代はもちろん、パチスロから知った世代、これから知る世代の方も楽しめる「めぞん一刻の変わらない感動的なエピソード」が盛りだくさんでした!やっぱり何度見ても色あせないものですね。(ホールで打つ際はハンカチ必須!)

さあ、気になる筐体はこちら!



本機は昨年の「パチスロルパン三世ロイヤルロード~金海に染まる黄金神殿~」から続いていたアタックビジョン筐体ではありません。

(灰皿が付属していたりして、良い意味で少し懐かしささえ感じますね!)

横の丸いランプが気になりますね...これについては後ほど!!


気になるのはもちろんスペック!ざっくりと紹介します。

・懐かしのA+RT機(RT純増は現状維持程度!?)

・ボーナスはBIG311枚、REGは155枚!(どちらも最大獲得枚数)

・ボーナス後には必ずRT30Gが付いてくる!

・50枚あたりの回転数が34.5G〜37.3G(設定1~6)

・ビタ押しなど、多彩な設定看破要素が有り?!



RTこそついてますが、シンプルなノーマルに近いタイプが出てきました!!

まず、ボーナスの獲得枚数も満足(!?)のBIG311枚・REGにしても155枚!!

これこそ遊べるノーマルタイプなんじゃないか?!と思っちゃいます。

感覚的には初代のめぞん一刻に非常に近い感じですね。

そして、ノーマルタイプ好きにはたまらない通常時の回転数の差。すなわち小役確率によってコインも持ちが変わる(!?)と思われるわけですから...打たれる際には小役確率に要チェックです!

とりあえず台のあれこれを説明していきましょう!

シンプルで懐かしい感じと多彩な看破要素?!

まず、本機は通常時のモードを選択することができます。



こちらが通常時なのですが、一刻館ステージの他に時計坂ステージもあります。レア役等で連続演出へ発展したりする、いつもの「通常モード」ですね!

そしてもう一つがこちら。



「役物告知モード」です。

こちらはレア役を引いたときに役物が動いて示唆してくれる「準完全告知モード」のようなものです。

通常時に飽きたり、ぶん回したい!って人にはおすすめです。

用途によって使い分けられるのは良いですね。

続いて、ボーナス2種類!

今作は最大獲得枚数311枚BIGBONUSが2種類!



赤7青7です。

赤7だとボーナス中はエピソードを見る事が出来ます。

そして、ボーナス中は簡単な技術介入で最大獲得枚数を取ることができます

まず、逆押しで右、中リールはフリー打ちで、最後の左リールに青7を狙います(ビタ押しではないので、上段でも可)




すると中段に青7リプリプ」の形に止まり、14枚役となります。

これを1回揃えた後の残りゲームは、左からフリー打ちすると15枚役が取れます。これで最大獲得枚数を取ることができます。

失敗しても、ボーナス中は何回でもチャレンジが出来るので、是非ともやってみてください。


あと、ここからは推測の域なんですが、試打途中に一つ気がついたことがあるんですよね...というのもボーナス中の「オレンジ揃い違和感なんですよ。



こちらが通常パターン(斜めオレンジ揃い)なんですが、時々こんな感じで...。



中段にオレンジが揃って上下段が消灯しているんですよね......!!!

これは設定差がありそうだと推測できます。

気が付いたのが途中からなので、データ上には載せていないのですが【BIG8回(24G)192Gで中段オレンジ揃い14回(1/13.7)でした。

サンプルにするには少ないので、参考程度にしてみて下さい。(設定6のデータです)

ちなみに横で設定1を打っていたローさんのボーナス中には、あまり落ちていないように見えたので...多分何かあるはずです。


続いてREGULAR BONUS



REGの画像が即揃えしているものしかなかった...(笑)

試打動画でティナさんが最速ボーナス察知手順を公開しているので見てください!

停止型は青7青7BAR」1種類のみ!こちらもBIG BONUS時と同様の技術介入を行うことで最大獲得枚数155枚を取ることができます。

そして、REG中はビタ押しチャレンジにて設定推測が可能?!と言った感じになっています。(REGは技術介入込みで全12G)

毎ゲーム左リールに。



この3つのどれかをビタ押しで、横の丸い玉みたいなメーターを貯めていきます。

これが全部貯まると一定の確率でセリフが発生するみたいなのですが...(ビタ全部できてもセリフ発生が確定ではない)




下手くそだとこんな感じでニアピンにて撃沈します。

セリフも全部ビタ成功しなくても発生するパターンがあるみたいなので、セリフが発生したら高設定の期待が持てるかもしれない(!?)と言ったところでしょうか?

こういった推測ポイントはノーマルタイプ好きからするとたまらないものを感じますね!!

そして、どちらのボーナス後にも必ず付いてくるのが。



ドラマチックTIME(RT30G)

上乗せとか、無限とか一切ありません現状維持程度のRTです。

演出に関してもかなりシンプルで、レア役を引くと演出が出るような感じです。

演出弱いからレア役ではないんだろうと思ったゲームでさらっと...。



こんな出目が揃ったりすることもあるので、油断禁物ですよ!(めちゃくちゃ気持ちいい)

あとはRT中にBIGを引くことでプレミアムエピソードが選択可能となります。

ハンカチ必須の感動ストーリー...ホールで泣かないようにしましょう。(笑)

あー記事書いていたら打ちたくてうずうずしてきたあああ!!


ガット流!ちょっとだけ熱くなれる中押し術!!

ここからはちょっと強い演出などに中押しをして熱くなれる打ち方を伝授!

本機はおそらく重複の大半が一枚役だと推測しています。

その一枚役を奪取できる打法です。(あくまで実戦上ですが...)

レバーオンにて、レア役示唆であろう演出の時に...例えばこんな感じですね。



実戦上だと、左がレア役期待度中、右は期待度大って感じですね。

こんな感じの時に中リール下段黒BARをビタ押しします



スイカが中リール中段に止まると実戦上ではチェリー濃厚」です。



スイカが下段に止まると実戦上はスイカorオレンジ濃厚」です。

右リールにスイカを狙いテンパイしたらスイカです。(スイカテンパイの画像無かった...orz)

基本的に熱めの演出ならスイカ濃厚ですね。ちなみにスイカは15枚役なので、取れないと損しますよ!!

ただし、画像のように右リールでスイカがテンパイしなくてオレンジがテンパイした場合はオレンジとなります。(期待した演出がただの小役だったってオチもあります)



そして、中リール上段青7まで滑ると一枚役or青7頭の単独ボーナス濃厚」(※但しビタ押しできず枠下に黒BAR押していた場合、この形になるので要注意)

実戦上ですが、この瞬間は熱いです!

したらば、右リールに黒BARを狙いましょう。



なんと、この時点で(おそらく)2確です!!(実戦上この出目から外れたことはない)



左リール赤7を狙うと...一枚役が取れます!もちろんボーナスも重複!



揃わないパターンもあるのですが、目押しが下手くそで中リール黒BARの一枚役が取れなかったか、単独だったのか...わからず。

多分目押しが下手くそだったんだなと思います...。

まだまだ打ち込みは足りていません。

こうやって狙い処のある台は『パチスロを打っているぞ』って感じがしてものすごく好きなんですよ。

いやーしかし、まだまだいろんな打ち方を試したいものです...。

以上、一枚役をフォローできるちょっと熱い打ち方の紹介でした。

ノーマル好きは期待すべき!

それにしても、演出バランスが非常に良い台だなと感じました。

と言うのもレバーオンで結構熱めの演出?!と思いきやオレンジだったりみたいなこともあったので、いわゆる強カットイン待ちみたいなことにはならないんですよ!

演出待ちではない分、いろんな層に受けるんじゃないかなと...ここ最近ノーマルタイプも色々出ている中で「やっぱりノーマルタイプって面白いな!」って思えた人たちは確実にハマるような感じだと思います。



もちろん強い演出で一枚役取れて役物どっかーん!なんて豪華絢爛盛りだくさんなこともありますけどね!(笑)

でもね、全体のバランスがとにかく素晴らしかったです。

ATで一撃○○枚!なんてのも悪くはないけれど、コツコツボーナスで増やしたり、時々RT連でドカって出たりってのもいいですよね。うーんやっぱりあの台みたいだなぁ(笑)

これこそ「パチスロ」って感じなのでホールには長く設置してもらいたい台だなと感じました。

やっぱりノーマルタイプは高設定を一日ぶん回したいですよ!

小役確率数えて推測したいんですよー。

導入検討している全国のホールさん!こういうの大事に使って残さないとあかんですよ!!(笑)


毎度毎度、簡潔にパパパッと終わらせたいのについつい長くなってしまいました。

あーいろいろ新台が楽しみ!

以上、ガット石神がお送りしました。

今後ともよろしくお願い致します。



『めぞん一刻 桜の下で 』の導入日は

5月30日(月)!


実戦詳細データはこちら




(C)高橋留美子/小学館



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事