『パチスロ メタルギア ソリッド スネークイーター』試打レポート


........prrrrr............prrrrrr.......................

こちらガット石神、KPEのアジトに潜入した。

どうやら今回は
パチスロ「メタルギア ソリッド スネークイーター」の取材をするみたいだ!

.........

ってな感じで、スネークに憧れる"ガット石神"がKPEさんにてメタルギア ソリッド スネークイーターを試打してきました。

メタルギアソリッドと言えばご存知の方も多いのではないでしょうか?

なんたってあの人気ゲームのメタルギア ソリッドですからね!

初代のメタルギアが1987年、個人的になじみのあるPS版のメタルギア ソリッドシリーズが1998年からの登場となっています。

主人公スネークが"潜入任務"をこなすというゲーム。

シリーズ通して大人気の作品がパチスロとして登場となるわけです。

さっそく筐体を見ていきましょう!

パチスロメタルギアの筐体の画像

まず、めちゃくちゃ綺麗!!

加えて"32インチ"というめちゃくちゃデカい液晶はメイン画面と下パネルに区切りが無い1枚の液晶になっています。

あまりの美しさにデモムービーをずっと見ていましたからね!

さあ、そんな本機はどんな台なのかざっくりと紹介!


・疑似ボーナス+ART機
(ARTで出玉を増やす)

・疑似ボーナスはBIG60G/REG30G+α

・ART突入はボーナス中orボーナスART終了後50Gが鍵?!

・ART平均継続G数は約350G、獲得平均枚数は約700枚!(ART純増は1G/約2.0枚)


・50枚あたりの回転数は約47Gと高ベース

ART中G数に縛られない敵とのバトルがかなり面白い!



これがちょっと思い出しただけで、打ちたくなるような台なんですよ。(笑)

本機最大の魅力は、なんといっても驚きのART平均G数ですね!

ここの部分がとにかくART中最高に楽しく遊ばせてくれる!って感じなので、ここをメインに今回は紹介していきたいと思います。

それでは本題へGO!

新感覚?最高に面白いART「スネークイーター作戦」

今回はARTの楽しさをメインに伝えようと思うので、当日の試打の流れで説明していきます。

まず、通常時はレア役を引いて
2種類あるCZ(バーチャスサバイブ
いずれかへ突入させる仕組みとなっています。

このCZを成功させると疑似ボーナスの当選となります。

期待度は
バーチャスミッション約35%、
サバイブミッション約60%

となっていて期待度の低いCZでも3回に1回は当たると言った感じですね!


試打ではバーチャスミッションから.....

パチスロメタルギアのレギュラーボーナス入賞画面

REGBONUSに当選!上記にて記載しましたが、REGは30G+αの疑似ボーナスとなっています。
(昇格もあるみたいですが、確認できず!)

ただ、自分の場合はこれがですね.....

パチスロメタルギアのスペシャルレギュラーボーナス

右上にARTのロゴ"SNAKE EATER"があったので、ポカーンとしてましたが....。

これがスペシャルREGだったみたいで、REG当選と共にARTが確定していました。

パチスロメタルギアのレギュラー終了画面

獲得枚数はこちら!

ま、30Gの疑似ボーナスなんでね!

ボーナス終了画面は最近の流れからすると何かありそうですね!

ちなみにこの画像を見てわかった方もいるかと思いますが、この終了画面はPS2のメタルギアソリッド3のパッケージですね!

いやーカッコイイ!!

それでは待望のART「スネークイーター作戦です。



パチスロメタルギアのスネークイーター作戦開始画面

もうね。この画面がめちゃくちゃカッコよくて惚れますわ!!

ここでざっくりとARTの仕組みを説明します。

ARTは3つのパート
オープニングバトル→(バトル勝利)→エンディング演出/潜入
に分かれていて、この流れでループしていきます。

オープニングは10G、バトルはG数不定、潜入は30G/setとなっていて、ARTが終わる可能性があるのはバトルパートのみとなっています。

流れとしてみるとバトルさえ勝ってしまえば
潜入30G以上+オープニング10Gが付いてくる
ので、ARTの平均G数が高いというのが頷けます。

潜入は30Gで1セットなのですが、2セット続くこともありました。


さて、さっそくバトルの説明に入ります。

バトルでは、スネークは4ポイントのライフを持ち、敵のライフを削る仕組みとなっています。

リプレイを引き続けていると戦況が不利になり攻撃を受けやすくなり、
ベルまたはレア役で戦況が有利になりスネークが敵を攻撃していく感じです。

G数に縛りがないので、ヒキ次第ではかなり長いバトルになることも十分あり得ます。

自力感がとんでもなく面白いわけです!!

まずは敵!

パチスロメタルギアのオセロットとのバトル開始画面

オセロット!!(懐かしい!)

ここでSAFETYの説明!

オセロットの画像左上にあるSAFETYは減算していくのですが、SAFETY中はスネークのライフが減らない無敵状態となっています。


パチスロメタルギアのコブラ部隊とのバトル開始画面

実戦上ですが、バトル突入時の敵の名前が
金文字だと勝利濃厚?!と言った感じです。

あとは名前がロシア語だとチャンスみたいです。

戦況はEVENから始まりベルないし、レア役で戦況を有利にしていきます。

パチスロメタルギアの戦況を解説する画像

リプレイで戦況が不利になると..敵に狙われてしまい攻撃を受けます。

ちなみに、SAFETYのG数があるとスネークが避けてくれます。

パチスロメタルギアのラッシュ中の画面

状態を上げてRUSHに入れてさえしまえば、スネークの連続攻撃で敵にも大きくダメージを与えられます。

こんな感じで敵を倒していきます!

さらにバトル勝利後は、
エンディング/潜入中のレア役でビッグボスタイムの抽選を行っていて...

パチスロメタルギアのビッグボスタイム突入画面

当選すると
SAFETYゲーム数獲得orバトルの勝利ストック獲得のチャンスとなっています。

パチスロメタルギアのセーフティーゲーム獲得画面

この間はレア役がかなり活きます!

パチスロメタルギアのバトル勝利ストック画面

バトル勝利ストックは1個あるだけでかなり長くARTが遊べちゃう感じですね!

ちなみにバトル中にはスネーク揃いなるものがありまして......

パチスロメタルギアのスネーク図柄が揃った瞬間

カットインが来た時に揃うと相手を倒すことができました。

こんな感じで3つのパートをループしていき、バトルでスネークがやられるとART終了となります。

パチスロメタルギアの数人撃破した時のART終了画面

初ARTにしてはかなり遊ばせてもらいましたね!

そしてゲームっぽさがあるこういった演出も面白いです。

原作ファンも楽しめる打ち手を意識した作り

ボーナス終了後/ART終了後は50G+αの高確率ゾーンとなっていてレア役から直接ARTのチャンスとなっています。

ART終了後の50G+αはコンテニューゾーンとなっていて、レア役からARTに当選すると前回のARTで終わったところからまた始められる仕組みになっています。

パチスロメタルギアのコンテニューから復帰した瞬間

ここでART終了画面"セーブ"が活きるわけですね!

こういう演出は面白いですよね!
本当にゲームをやっているような感覚でパチスロを打てますからね。

しかも相手のHPもそのままの状態なので、ギリギリで倒せなかったとしても引き戻してしまえばいいんです!

そして、本機の魅力の一つであるムービー

ARTバトルパート前のオープニング、敵を倒した後長いムービーが流れます。

大体こういうのってぶん回していると全部見る事が出来ないんですが、本機はぶん回してちょうどいい尺になっているのです。(笑)

なので、ムービーだけじっくり見ている必要はないのです!

ムービーみたいけど、トイレに行きたいなーと思ったそこあなた!ご安心下さい。

役物のボタンで"ポーズ"が可能なんです。

このシステムがあるおかげで、綺麗な映像をホールで食い入るように見てしまうこと間違いなしかと思います。

後は無線の役物の横にはメタルギアと言えば.....

パチスロメタルギアの筐体の小ネタ

があったりと細かい所に打ち手をくすぐる工夫があってこういう所がいいなーと思いましたね。

パチスロとしてもARTの性能は間違いなく面白いものだと思いますし、何よりも
「当たったけど即終了」
みたいなことが少ないのかなと思います。

言っても、ART中に関してはあくまで"自力"ですからね!

いつ終わるかわからないARTは常にハラハラ出来ると共に、 やれるところは目に見えているので引いてやる!って気にさせるのが面白かったです。

エンディングをホールで見てみたいなー!

おそらく高稼働待ったなしの
パチスロ「メタルギア ソリッド スネークイーター」
期待して大丈夫ですよ!!!

早く10月になってくれないかなー(笑)


以上、ガット石神がお送りしました。

今後ともよろしくお願い致します。



パチスロ『メタルギア ソリッド スネークイーター』の導入日は

10月17日(月)!



実戦詳細データはこちら








(C)Konami Digital Entertainment
(C)KPE



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事