『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』【設定5】試打レポート

1kg痩せただけで、なんだか5kg位は痩せた気になって、速攻でリバウンドするというのを何度も繰り返しているすがしょーです。

久々に試打レポートを担当するという事で、胸が高鳴っております。

さて、今回は発表会にも行かせて頂き、速攻で虜になった
"パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~"
を打たせて頂く為、山佐さんへお邪魔してきました。



アツいポイントや、導入前に知っておくと10倍楽しめる演出などを、すがしょー目線で書いていきます。

ちなみに、「設定5」を打ったのでその点を踏まえてご覧下さい。

重要ポイント~レア役「タッグシステム」とは~

通常時は、レア役からART「マッスルタイム」直撃抽選・CZ(2種類)抽選を行っております。

しかし、単にレア役を引けばいいって訳ではございません。

今何を打っているんでしたっけ?

そうです。

「パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~」です。

夢の超人タッグ編にちなんで、レア役「タッグシステム」というものが存在します。

その名の通り、同じレア役を続けて引けばタッグ役の成立となり、強レア役に変換されます。

仮に、開始35Gでスイカを引いたとしましょう。

その後、他のレア役を引かずに78Gで再びスイカを引けば見事タッグ役成立となる訳です。



そして、85Gで再度スイカを引いたら、前回のレア役がスイカなので2回目のタッグ役成立になります。

レア役は、チャンス目・チェリー・スイカ・レアベルしかない上にチェリー以外は確率に差がないと思うので、ヒキ次第ではヤレる感があります。

つまり、常に叩きどころ。

このシステムは最高だと個人的に思いました。

勿論、このシステムは通常時だけではなく、ART「マッスルタイム」中も適用されるのでご安心を。


今回の試打中は、上手い事かみ合わない場面も多くみられたのですが、かみ合った瞬間の小さな達成感はクセになります。

お楽しみポイント~2つのCZ~

本機には、2つのCZ「火事場のクソ力モード」「悪魔の小箱」が存在します。

特に、打っていて楽しかったのは「火事場のクソ力モード」



継続ゲーム数は最大で6Gと短く、一発告知型のCZとなっております。

何が楽しいかって、成功時の役物ギュイーンですよ。

迫力満点で、成功した感が一層強まる快感系の役物が堪らない。

体感ですが、レア役は勿論、リプレイもアツいのではと予想。

最初は何も引かないで成功したのかと思いましたが、よくよく考えてみるとどれもリプレイから当たっているようなので、恐らくこの予想は合っているのかと思います。


そして、もう1つのCZ「悪魔の小箱」も中々の仕上がり。

気付いた点として、CZ「悪魔の小箱」は、主に「はぐれ悪魔超人コンビ」ステージを経由する事。

「はぐれ悪魔超人コンビ」ステージは基本的に、レア役の連続によるタッグ役非成立時に抽選を行っているのと、100G刻みか200G刻みでのG数抽選もあるのではないかと思いました。

CZ「悪魔の小箱」は、最大で20Gと長く、ステップアップ型のCZとなっております。



青からスタートし、青→黄→緑→赤→レインボーの流れでステップアップしていきます。

こちらは、レア役とベルでステップアップを確認できたので、ベルもアツいのではと予想。


どちらのCZ中もタッグ役成立でアツいはずです。(実戦上)

白熱ポイント~ART「マッスルタイム」~

お待ちかね、ART「マッスルタイム」について。

ゲーム性や大まかな流れはウマツさんの試打レポートや一撃の解析にお任せして、純粋に楽しかった部分を抜粋して書いていきます。


白熱ポイントその1は、継続か終了か明暗の分かれる「超人タッグバトル」

この勝敗を決める瞬間の1つに「ドッキング図柄ナビ」出現からの...という流れがあります。

見事、中リールに3連のドッキング図柄停止で勝利となるのですが、この瞬間が楽しすぎる。



シンプルに気分が良くなれる演出です。(←これ重要)


白熱ポイントその2は、「悪魔将軍バトル」→「夢の超人タッグトーナメント」→「超人必殺技」の手に汗握る展開。

「悪魔将軍バトル」に勝利(勝率約40%)すると、「夢の超人タッグトーナメント」に突入。

「夢の超人タッグトーナメント」終了後には必ず「超人必殺技」に突入するのですが、この「超人必殺技」が本当にアツい。



「夢の超人タッグトーナメント」での勝利数が「超人必殺技」の継続率に影響するようなのですが、4戦で終了した後の「超人必殺技」でやらかしました。



かっこいいですね!

そしてここから乗せまくって...。



なんとノーマルロゴ8個ゴールドロゴ(複数ストック!?)2個も獲得。



これをきっかけに2660枚も出たので、伸ばすきっかけは間違いなくここ。


ここでどこまで乗せられるのか...が、勝利のカギとなっています。

すがしょーの総評

通常時・ART中共に、常に何かに期待できる台だと試打をさせて頂いて思いました。

正直なところ、最近の台は仕様上何もない時間が多く、ついつい携帯に手を伸ばしがちなのですが、この「パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~」は、そんな暇などございません。

レア役「タッグシステム」が、最近の強演出・強レア役待ちのゲーム性を打破してくれたのです。

最高のコンテンツと質の高いゲーム性が合わさっていて、人気が出ないはずがない!


『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』の導入日は

4月17日(月)予定!


なので、導入日から打ち込みましょう。

楽しかったなら、Twitterですがしょーに報告を。

実戦詳細データはこちら





(C)ゆでたまご・東映アニメーション
(C)YAMASA



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事