『パチスロBLOOD+ 二人の女王』【設定6】試打レポート

ブラッドの筐体画像

こんにちは、編集部ののーめんです(*・∀・)

今回は

『パチスロBLOOD+ 二人の女王』

の試打をしてきました!

2010年にリリースされたパチスロBLOOD+の後継機です。もう6年も経つんですね。

前作同様、A+ART機の仕様を踏襲し、さらに50G(DEAD) or 1000G(ALIVE)の仕様も形を変えてしっかり搭載されています。

ボーナスはいわゆるリアルボーナスで獲得枚数204枚、ART性能は純増約1.5枚/Gとなっていて、なかなかとっつきやすそうなスペックです。

そして今作のカギを握る小役「BLOOD EYE」のシステムも面白く仕上がっています。

女王のひとり、主人公の音無小夜(双子の姉)ともうひとりの女王・ディーヴァ(妹)との対決をさらにうまくパチスロ化した本機の魅力、ご紹介していきたいと思いますよ!


―――私が全てをわらせたら あなたの手で 私をして

PVの始まりから震えます。

大まかなゲーム性と通常時

ゲームの流れとBLOOD EYE揃いについて

通常時は基本的に5つのステージ(沖縄・イギリス・リゾート・フランス(夕方)・アメリカ())に滞在しながら、ボーナス経由、もしくはチャンスゾーン(CZ)からARTを目指すことになります。

前作同様、アメリカステージは期待度が高いステージ。フランスステージ(夕方画面)滞在時もしばらく様子を見たほうがいいでしょう。夜に近いステージほど期待度が上がる、と覚えておけばいいと思います。

パチスロBLOOD+二人の女王の通常時のアメリカステージ高確
▲アメリカステージ


何の期待度が高いのかというと、レア役の一種である"BLOOD EYE揃い"の期待度です。

パチスロBLOOD+二人の女王ブラッドアイ揃い

BLOOD EYE揃いは2種類あって、一つは中段に並行に揃うもの、もう一つはレア役などからの昇格で右下がりに揃うもの、です。後者の場合はリールが再始動して揃います。

お目にかかる頻度が高いのは後者のリール再始動タイプです。

このBLOOD EYEは、通常時はARTやCZ抽選などを行い、ART中は上乗せ特化ゾーンなどの抽選をする重要な役割を果たすのですね。

つまり、

スイカなどの小役を引いてステージを上げる

BLOOD EYE揃いを引いて「OPERATION MODE(オペレーションモード)」(前兆ステージ)を経由

CZ「BLOOD CHANCE」に突入

ART「BLOOD CHANCE+」を目指す


という流れが王道パターンかと思います。

オペレーションモード
▲オペレーションモード


通常時はBLOOD EYE揃いを引いた後に画面左下のこの部分がオーラをまとって発光することがありますが、発光中はCZなどの前兆かも⁈ ということなのでヤメずに様子を見ましょう。

パチスロBLOOD+二人の女王の画面下の宝石


また、ボーナスはリアルボーナスで、ボーナス中でもARTの抽選をしています。

CZ「BLOOD CHANCE」

s_bloodplus2-shida6-11.jpg

BLOOD EYE揃いを契機に突入するこのCZ。

敵である翼手(よくしゅ)やコープスコーズ(兵隊さんみたいな外見)を倒せばART突入となります。

敵は大型翼手・小型翼手・コープスコーズのいずれかで、1体だったり5体だったりと振り分けがあるようです。

共通ベルや押し順ベル正解、レア役で1体以上を撃破します。

大型より小型が倒しやすく、おそらくリプレイなどでも撃破する確率が優遇されているのでしょう。

コープスコーズが出てきた場合は、倒してARTに突入させたときの初期G数が優遇されるようです。

また、CZ中にBLOOD EYEが成立すると問答無用で敵を全部撃破する=ART突入です!

ここでもBLOOD EYEがいいところをもっていきますね。

BLOOD BONUS

ブラッドボーナス

通常時にボーナスを引いたらARTを目指しましょう。

赤同色、青同色、赤異色、青異色と4種類のBLOOD BONUSがありますが、獲得枚数は同じで204枚です。

ボーナス中は前半のパートで画面右側にある刀のオーラを昇格させていき、後半のディーヴァとのバトルに備えます。

オーラの色は「」の順で期待度が上がっていきますよ。

オーラが昇格すればするほどバトル勝利期待度=ART突入に期待が持てます。

下の写真は赤まで行ったところ。

パチスロBLOOD+二人の女王のBLOOD BONUS中の刀オーラ赤

前作の場合は3択ベル正解などでゲージが上がっていきましたが、今作はボーナス中でもBLOOD EYEが大活躍。

"狙え!"のカットインで狙って揃う場合もありますし、ベルやチャンス目からの昇格もあります。


なお、ボーナスでARTに突入しなかった場合、ボーナス終了後に必ずBLOOD CHANCEに突入するところは前作同様ですね。


個人的にすごくポイントが高いと思うのは、原作アニメ1期~4期までのOP曲、それからED曲の1つが好きなように選べるところです。

もちろんおなじみの『青空のナミダ』(1期OP)は搭載されています。

ART「BLOOD CHANCE PLUS」

基本性能

パチスロBLOOD+二人の女王のARTのBLOOD CHANCE PLUS

純増約1.5枚/GのART。

初当り時の初期G数は50G以上となっているようです。

今作ではステージが3つ用意されており、

疾走剣舞月華

の順にBLOOD EYE期待度が高くなります。

パチスロBLOOD+二人の女王のART中のステージ3つ

試打時にはARTの総G数が約2500Gでしたが、月華ステージ滞在率がかなり低かったです。

また、ART準備中にレア小役を引いて疾走から一気に月華へと昇格したこともあったのでレア役後は気合が入りますね。

剣舞には結構上がる印象でした。

レア役での直乗せのほか、下記の演出による上乗せがあります。


前作BLOOD+の上乗せ演出で印象的だったものといえば、コープスコーズ(兵隊さんみたいなのが出てきて3択を当てる等で上乗せする)の演出です。

今作では「コープスコーズミッション」として引き継がれました。押し順の3択を当てる方式です。

前作では"先鳴り"と一部で呼ばれた"当てればでかいよ!"の音が鳴ることがあったのですが、今回は液晶上で"当れば+100G以上だよ!"等の文字が浮かんでいることがあります。

パチスロBLOOD+二人の女王のART上乗せ演出コープスコーズミッション

あの高揚感は、しっかり受け継がれています。


また、ART中も楽曲が選択できます。

ボーナス中楽曲の一部や、前作のART中のBGMなど(『明日へ...shining future』もあった!)14曲あり、一部の曲は何か条件を達成しないとダメみたいなので、頑張りましょう。

ART中の上乗せ特化ゾーン「女王血戦」

パチスロBLOOD+二人の女王の上乗せ特化ゾーン女王血戦

決戦ではなく、戦です。

BLOOD EYE揃いで突入抽選がされているようで、当選の場合は数Gの前兆を経由することが多いです。

小夜とディーヴァとの対決で、小夜が負けない限り特化ゾーンが続きます。

セット数・継続率管理型で、セットはPhaseと呼ばれます。

小夜Phaseなら上乗せ+継続、ディーヴァPhaseなら終了のピンチ。

1Phase目は、実戦上必ず小夜Phase(=小夜の攻撃=上乗せ)でした。

小夜Phaseの場合は小夜が連続して攻撃することもあり、ディーヴァが攻撃を避けるまで連続して上乗せをします。

ディーヴァPhaseではディーヴァの攻撃を小夜が避けたり喰らったりしながら、Judgment Phaseで小夜が倒れなければ継続となります。

パチスロBLOOD+二人の女王の女王決戦中のジャッジメントフェーズ

女王血戦突入時の文字の色が赤かったり、Judgment Phaseの文字が赤かったりすると継続率や継続に期待が持てるのではないでしょうか。

ART中のBLOOD BONUS

通常時と基本的に一緒ですが、ディーヴァとのバトルに勝利すると女王血戦をストックします。

パチスロBLOOD+二人の女王のBLOOD BONUS中に女王血戦ストック

Secret Story Bonus

パチスロBLOOD+二人の女王のSecret Story Bonus(エピソードボーナス)

ボーナスの一部がSecret Story Bonusになります。

エピソードムービーが流れ、終了後は女王血戦に突入します。

エピソードの種類は8種類。残念ながら試打では絡めることができませんでした。

Secret Story Bonus中はBLOOD EYE揃いで女王決戦中の小夜Phaseをストックをします。

強力な上乗せ性能3つ

バーサクモード

パチスロBLOOD+二人の女王の上乗せ特化ゾーン、バーサクモード

BLOOD BONUS中において、ディーヴァとのバトルに発展せずに突如不気味な警報とともに小夜が暴走を始めるART上乗せ特化ゾーン。

バーサクモード突入Gからボーナス終了Gまでに、基本のG数を貯めていき、最終Gでその基本G数をボタンPUSHで継続に漏れるまで上乗せしていきます。

例えば、基本G数が50Gだとして、ボタンPUSH演出が4回継続したら、200G乗ることになります。

↓の画像の左下の26という数字が、このときの基本G数ですね。

パチスロBLOOD+二人の女王のバーサクモードはボーナス中に発生

バーサクモード中にBLOOD EYEが揃うと、PUSHの継続率アップ抽選をしている模様。最大継続率は約80%で、まさにバーサク状態なモードです。

枠の色が今は青ですが、BLOOD EYEが揃うと緑や赤となることもあり継続率アップの示唆をしています。

パチスロBLOOD+二人の女王のバーサクモード継続率アップ抽選

基本G数がどれだけ貯められるかにもよりますが、かなり強力な特化ゾーンだと思います。

なお、通常時に引いたBLOOD BONUSがバーサクモードに当選していた場合は当然ARTに突入しますので、初期G数を多く確保した状態でARTを始められることになります。

DEAD or ALIVE

パチスロBLOOD+二人の女王のDEAD or ALIVE

噂のDEAD(50G) or ALIVE(1000G)です。

突入契機は2つ。

1つはBLOOD EYE揃いの一部で前兆を経て突如告知されるもの。

そしてもう1つはバー図柄揃いです。

BLOOD EYEを狙え、の演出かと思いきや、バーが揃ってしまうパターン。

パチスロBLOOD+二人の女王のバー揃い
▲震える

10秒後にレバーを"叩け!" の文字が出たら、祈りも祈ってレバーを叩きましょう。

リールが逆回転し、液晶上に「ALIVE」が出れば。

ほら。

パチスロBLOOD+二人の女王の1000G乗せ

普段クールな貴方も能面顔の貴女も、ガッツポーズ間違いなしです。

DEAD(50G)かALIVE(1000G)かは1/2とのことですので、いつ何時でも1000Gを引けるように心しておきましょう。

詳細はわかっていませんが、DEAD or ALIVE合算で1日打って1回引けたらいいな、という確率みたいですよ。私はいつでも準備OKです。

二人の女王モード

パチスロBLOOD+二人の女王のフリーズ、二人の女王モード

いわゆる"フリーズ"

ベルが4回入賞するまで続くART上乗せ特化ゾーン。

ほぼ毎G、赤7青7が高確率で揃います。

好きなほうを"狙って""狙いなさい"と言われますので、2択ですね。

選んだ2択が当れば上乗せ外せば乗せ無し

赤7(順押し)は当選確率が高くG数が小さめ。
逆に青7(逆押し)は当選確率が低いが乗ったときのG数が大きい、という特長があります。

テンパイ音や第1停止時に液晶上でのチャンスパターンなど、力の入れ所が絶妙です。

ちなみにこの出目から100G以上の上乗せがありました。

パチスロBLOOD+二人の女王の3桁乗せ確定出目
▲2リール悶絶出目

試打を終えて


さて、今回は設定6を試打させていただいたのですが、ボーナスが相当引けなかったのです・・・・・・。

が、逆にDEAD or ALIVEに2回突入させてどちらもALIVEを勝ち取るなどのヒキもあり、さらに通常時からのCZ非経由も含めたART突入が何回かあったので相当やれた感があります。

設定6でもそこまでボーナスが軽くない分、ART滞在比率を如何に高く出来るかが勝負になりそうだなと思いました。・・・・・・とはいえ、己のボーナスのヒキに関しては本当に残念な気持ちでいっぱいですw

CZの突入率や小役の確率など、設定差が予想されるところがたくさんあるように思います。

マイスロも対応しますし、ホールでじっくり打ちたい1台です。




『パチスロBLOOD+ 二人の女王』の導入日は

2016年
9月5日予定!





ナンクルナイサ(*・∀・)
一撃編集部・のーめん



実戦詳細データはこちら


(C)2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(C)Sammy



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事