夢の119%が実現!!『パチスロ おそ松くん』試打レポート

みなさんこんにちは、今度の週末に2017年最初の海外馬券発売レースとしてドバイ国際競走が行われることもありワクワクが止まらない競馬大好き"ウマツ"でございます。

競馬以外もスポーツ全般を観戦するのが大好きなこともあって行きつけのスポーツバーがあるのですが、実はそこの常連さんにおそ松さんの製作会社である「ぴえろ」の社員がいるんですよ。

世の中がおそ松さんブームになったころ、私の仕事を知っているその人から

「ウマツさん!1年後ぐらいにパチンコ・パチスロ化もあるかもしれませんよ!」

などと言っていたのでその日を楽しみにしていたんですが、時が経つのは早いなあ~というもので、アッという間に先に「おそ松さん」が登場し、そして今回取材に行ってきた
"パチスロ おそ松くん"
も、後を追う形で導入日が迫ってきました。



こちらが、パチスロ おそ松くん。

Aタイプの「おそ松さん」と使用している筐体こそ同じですが、様々なチャンスを演出してくれる液晶が搭載されていますね!

早速ですが、どんな台なのか見ていきたいと思います。

設定6の出玉率は、なんと"119.2%"!

このたび新たにA+ART機として生まれ変わった"パチスロ おそ松くん"ですが、なんと言っても驚いたのは、マシンのポテンシャルを計る上でひとつの指標となる設定6の出玉率が驚異の"119.2%"ということ。

個人的に業界の事情にはそこまで詳しくありませんが、昨年からの流れを見ていたところ、2017年にこの数字を見ることはないと思っていたのでかなり驚きました。

実際に、設定6はかなりの動きを見せてくれるようなので、一度でも、たまたまでもいいので、ホールで出くわしたいものですね!

通常時は主に宝玉を集めながらART突入を目指していくのですが、天井も999Gと浅めに設定されているようなので、遊びやすい一台と言っていいのではないでしょうか。

通常時は"宝玉"を集めてART当選を目指そう!

通常時は、"試練玉"もしくは"CA玉"を集めてチャンスゾーンやART当選を目指していくのですが、まずは2Gで構成されている"宝玉ミッション"に当選することがスタートラインとなります。


▲宝玉ミッション

宝玉ミッション発生期待度はステージによって変化するものの、それなりに当選するイメージ。

ミッションが発生したら、まずは1G目の成立役で成功か失敗かを判定(ベル・レア役なら必ず成功)し、成功したら2G目の成立役によってどんな宝玉が出てくるか抽選しているようです。



ミッション発生確率や成功率は現時点ではハッキリしていませんが、宝玉獲得確率は約1/23となっているようですから、ミッション自体はそれ以上に発生すると考えて間違いありません。

"CA玉"は10個集めればチャンスゾーンもしくはARTが必ず当選し、"試練玉"は3個集めると"三種の試練"というチャンスゾーンに移行します。


▲三種の試練
3つの宝玉それぞれに期待度が割り振られ、その内いくつ成功したかによってARTや別のチャンスゾーンの抽選が行われます。

惜しくもARTに届かなかった時には、シェー役物落下でART突入となる"ドキドキシェーホール"というチャンスゾーンにも移行します。



▲CHANCE ZANCE
"CA玉"10個で当選するチャンスゾーンは、BARが揃えばART突入となる"CHANCE ZANCE"
一瞬、チャンスゾーンという名前のチャンスゾーンなんだと思っていましたが、よくみたらチャンスザンスだったざんすね。


また、宝玉は"ビッグボーナス"によって大量獲得することも可能となっています。



普通のビッグボーナスはV揃いで獲得306枚、赤7揃いだと獲得204枚獲得となりますが、EX図柄揃いから突入する"PREMIUMロボ松RUSH"というものもあるようです。

PREMIUMロボ松RUSHは最強のエクストラボーナスとなっており、ARTのゲーム数上乗せ平均約200Gになっているみたいですから、是非引いてみたいですね!

2つの"89%ループ"がARTのロング継続を演出

ART"ツールドおフランス"純増1G=約2.0枚となっており、当選時には必ず「おそ松チャンス」からスタート。



おそ松チャンスは6G間で六つ子を見つけるほど期待が高まる仕様で、ベルなら必ず1人以上、レア役なら複数人発見することができます。

見つけた人数によってその後の展開が変わるのですが、1~3人だとおそ松チャンスの継続抽選、4人で継続確定、5人なら「シェーRUSH」、6人揃えば「倍倍シェーRUSH」に突入となります。

おそ松チャンスの継続率は50%からスタートしますが、一度6人見つけてしまえばMAX89%にまで昇格し、より六つ子の発見確率が高くなりますから、なるべく早く全員見つけたいところですね。



5人発見で突入となるシェーRUSHは6GのSTとなっており、6G間で上乗せすることができれば再び残り6Gに戻るのですが、この継続率も89%

正直言って、シェーRUSHで乗せるゲーム数自体は微々たるものですが、ループしているだけでARTがかなり延びますし、倍倍シェーRUSHへ昇格することができれば一気に乗せるゲーム数も増えますよ。



6人発見の恩恵となる倍倍シェーRUSHも、普通のシェーRUSHと同じく継続率89%となる6GのSTなんですが、配当×倍率で上乗せゲーム数を決めるので、ロング継続すればかなりのゲーム数を獲得することができます。

また、六つ子を全員発見して直接突入した時の基本配当は5Gからスタートするのですが、シェーRUSHから昇格したときの配当はそこまでにシェーRUSHで獲得したゲーム数になるので、いきなり大チャンスになりますよ!



倍倍シェーRUSHでは、黒BAR図柄揃いで配当アップ、チェリー(トト子)図柄揃いなら倍率がアップ、V図柄かEX図柄なら両方アップするのですが・・・



シェー!!!の虫眼鏡的な役物が降りてきて、そこに図柄が止まれば中押し一確といったパターンも存在。

この時、適切なポジションに目線を置いておかないと図柄がかなり見えづらいところに止まるので、しっかりベストな目線の高さを決めて消化するようにしましょう!

なかなかARTの基本ステージに行かない!



継続率が一律89%となる特化ゾーンのシェーRUSH・倍倍シェーRUSHは、この倍率ですからかなりのロング継続することが多いのですが、終了すると再びおそ松チャンスに戻ります。



倍倍シェーRUSHまで到達した後に戻るおそ松チャンスは継続率89%になりますから、こちらもまた、そう簡単には終わりません。

もちろん、終わらないだけでなく、5人6人集まれば特化ゾーンに再突入しますから、2つの89%ループを行ったり来たりすることになります。



この2つの89%ループが終わってしまうと、基本ステージのツールドおフランスが始まるのですが、もう、この時点でかなりARTが続いていることも多々あると思いますから、きっとメダルもいっぱい出てることと思います。

ツールドおフランスに移行したら、再びおそ松チャンス突入を目指しますが、こちらは平原(約1/75)→火山(約1/50)→天空(約1/33)と3つのステージによって突入率が異なるようですね。

ゲーム数の直乗せ、さらにその1/4で特化ゾーン

ツールドおフランス中は、レア役によってゲーム数を直乗せすることがあり、さらに直乗せ時の1/4で特化ゾーンに突入します。



こちらの特化ゾーンも継続率89%となっており、ベルやカットイン成功で5~100Gの上乗せをしていきますよ!


打ってみて思ったのは、「89%ループって、やっぱりけっこう続くよね」ということ。

自分は面白い文章を書くのが上手ではないのでなかなか伝わらないかもしれませんが、おそ松くんらしいバラエティー的な演出も随所にあり、かなり良い台だなあと思いました。

元々、限定生産にする予定だったとのことで導入台数がかなり少ないみたいなのが残念ですが、導入日を迎えたら最先端のテクノロジーを駆使して設置している店舗を見つけ、すぐに打ちに行きたいと考えていますよ!



『パチスロ おそ松くん』の導入日は

4月17日(月)予定!





(C)赤塚不二夫/ぴえろ



この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事