『リバティベルⅤ』【設定6】実戦データ&感想

『リバティベルⅤ』【設定6】実戦データ

※ボーナススタート時、ボーナス終了時にG数をリセット
※リセットG数は黒文字で表記し、灰色文字はボーナス確定時のG数

通常
G数
ボーナス
G数
挙動 備考
0 スタート
71 ボーナス確定 推定投資額:3000円
78 BIG BONUS
100 BIG BONUS終了 継続:100G
獲得枚数:219枚
17 ボーナス確定
20 BIG BONUS
100 BIG BONUS終了 継続:100G
獲得枚数:405枚
(前回から枚数引き継ぎ)
111 ボーナス確定
112 BIG BONUS
リバースセブンラッシュ +50G
150 BIG BONUS終了 継続:150G
獲得枚数:381枚
31 ボーナス確定
34 BIG BONUS
100 BIG BONUS終了 継続:100G
獲得枚数:543枚
(前回から枚数引き継ぎ)
74 ボーナス確定
89 BIG BONUS
リバースセブンラッシュ +100G
リバースセブンラッシュ +50G
リバースセブンラッシュ +50G
300 BIG BONUS終了 継続:300G
獲得枚数:666枚
100 ヤメ 獲得1168枚

■ゲーム数データ

状態 G数
総回転数 1183G
通常 433G
ボーナス 750G
ボーナス 回数
EXTRA BONUS 0回(-)
BIG BONUS 5回(1/86.6)
REG BONUS 0回(-)
演出 回数
リバースセブンラッシュ 4回(1/187.5)

■小役確率

小役 回数
リンゴ
(通常時+ボーナス中)
15回(1/78.9)
ハズレ
(ボーナス中)
10回(1/75)

■推定収支

項目 収支等
推定投資金額 3000円
推定獲得枚数 1168枚
推定換金額 23000円
推定収支 20000円
勝ち

※1000円あたりの平均消化ゲーム数を31.9Gとして算出
※換金額は25枚以下の端数切り捨てで算出(等価計算)

『リバティベルⅤ』【設定6】の感想

いまだに車で片道一時間かけて、
状況の良い「クランキーコレクション」設置ホールに通っている、やあマルサンです。

もはや、本年度のマルサン的ナンバー1回胴機種は
「クランキーコレクション」で間違いないのだが、
その当該メーカーであるアクロスから早くも新機種が登場するってんで
早速取材に行ってまいりました。


『リバティベルⅤ』

いわずもがなユニバーサルさんが誇る伝説的名機の名を冠している本機。

2号機時代には思う存分猛威(?)を振るっていただけに
その実力が大いに期待されるところだが、
時は流れ5号機として生まれ変わった新生ベルの実力はさあ如何に。



本機は単純明快で遊びやすさを追求したART機(疑似ボーナスタイプ)。
それだけにボーナス確率は設定1でも破格の1/152だってんだから、
こりゃ大変ですよ、おっ母さん!

強森よりも全然引けるじゃねーかっていう確率だけに
実際私もソッコーで当たった。

打ち始めてから程なくして「カウントダウン」演出が発生し、
途中数字がローマ字に変化。

そのままカウント”0″まで進み
最後はボタンをネジッって離すと見事にMr.Doちゃんの鼻がペカッ!

いやぁ、いいですな。実にいい。

こういうシンプルな台好きですよ。マジで。

「ネジネジペカッ!」っていう表現(PV参照)もいいですよ。
挑戦的な感じがして。色んな意味で。


ちなみにこの「Mr.Do」
最近はすっかりとご無沙汰だったが、歴とした同社のオリジナルキャラ。

今でこそ同社を代表するキャラといえば
総選挙を行うまでもなく「ドンちゃん」がどセンターと決まっているわけだが、
こういうキャラにも忘れずに日の光を当ててくるプロデュース能力はさすがの一言ですな。

私的にはそのままの勢いで「オマエダ星人」を是非復活させてほしいところ。

オマエダ星人を知っているというそこのキミ。
明日から私と文通しよう。



通常時の打ち方は、
中リールでレア役のリンゴを取りこぼす可能性があるくらいで、
演出発生時以外は基本フリー打ちで問題ない。

じゃあ、単純なのかって言ったら意外とそうでもなく、
なかなかいい配列をしている。

左リール「リナリ(リンゴ・7リンゴ)」なんかもそうだけど、
私的にはやっぱりコレ↓かな。

libertybell-m-ナリバ!

「ナリバ(7・リンゴ・BAR)」

いいよぉ。この出目は。

いかにも往年のユニバマシンらしくて。

止まった時、一瞬体がビクッてなったもん。

まあ、狙えば結構止まってくれるから、
本機においてはエラくもなんともないってのがちょっとアレだけどな。
(ただし、スベリを伴って停止した際はかなりアツイ!?)



そして肝心のボーナス中(ART中)だが、
昨年出た「トロピカーナ」というマシンを覚えておいでだろうか?

このトロピ。
個人的には、お世辞ではなくかなりキラリと光るゲーム性を有していたとの評価だが、
残念ながら世間での評価は皆さんご承知のとおり。

その理由の一つとして「ボーナス中(ART中)の怠慢感」が挙げられるが
このリバティベルではそのあたりを見事に改善。

それが「リバースセブンラッシュ」と名付けられた、いわゆるゲーム数上乗せ機能。

ボーナス中の通常状態ではほぼ上乗せに期待は持てないが、
ひとたびリンゴが成立すると状況が一変。

リンゴ高確へと突入し、その間はベルでの上乗せ率が飛躍的にアップ!

しかも上乗せ時は+50G以上確定で、
その後は+50G刻みで乗せが連発(+50G→+100G→+150G・・・)という豪快仕様。

そりゃリールだってこれでもかっていうくらいド派手に逆回転しますよ。

昨今の「+10G!!!!!(ズババババーーーン)」
っていう大袈裟マシン達に爪のアカでも飲ませてやりたいですよ。マジで。


そんなわけで設定6ということもあり、
ボーナスが連チャンするというパチスロ機本来の楽しみ方を
久方ぶりに堪能させていただきました。


いやぁ、でもこういうシンプルな台はやっぱ面白いわ。

最近の台は、発生した時点で一昔前なら親戚一同を集め軽くスピーチの後、乾杯してもいいくらいの演出が、下手すりゃ30Gに一度くらいの頻度でバンバン発生するじゃない!?

そんな耳栓&サングラス必需品の演出超大安売りマシン達に
身も心も財布も疲れたという方々は是非一度打ってみてほしい。

癒されるから。マジで。


『リバティベルⅤ』は全国のホールで絶賛稼動中!

アクロスさん、次回作はタコでお願いします。

『リバティベルⅤ』の機種ページはこちら!

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事

終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会 2019.11.20(水) 
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会
メーカー名:SANKYO(三共)
“999”で当れば、期待出玉約7200個!?「P銀河鉄道999 PREMIUM」プレス説明会 2020.02.06(木) 
“999”で当れば、期待出玉約7200個!?「P銀河鉄道999 PREMIUM」プレス説明会
メーカー名:HEIWA(平和)
「Sリング~恐襲ノ連鎖~」超最速先行試打レポート 2019.11.14(木) 
「Sリング~恐襲ノ連鎖~」超最速先行試打レポート
メーカー名:JFJ(ジェイエフジェイ)
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会 2020.01.16(木) 
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会
メーカー名:HEIWA(平和)
第一回P-SPORTS『超ディスクアッパー選手権』予選大会が開催! 2020.01.20(月) 
第一回P-SPORTS『超ディスクアッパー選手権』予選大会が開催!
メーカー名:Sammy(サミー)
超人気声優 徳井青空さんを起用!「みうのおしゃべりパチスロ」プレス発表会 2020.01.30(木) 
超人気声優 徳井青空さんを起用!「みうのおしゃべりパチスロ」プレス発表会
メーカー名:OKAZAKI(岡崎産業)
6号機最強レベルの出玉性能!「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」新機種発表会 2020.01.24(金) 
6号機最強レベルの出玉性能!「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」新機種発表会
メーカー名:FUJI(藤商事)
「Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司」プレス発表会 2019.11.18(月) 
「Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司」プレス発表会
メーカー名:TOYOMARU(豊丸産業)
速報!「ユニバーサルエンターテインメント」スロット2機種同時記者発表会 2020.01.27(月) 
速報!「ユニバーサルエンターテインメント」スロット2機種同時記者発表会
メーカー名:ACROSS(アクロス)
パチスロ新機種「花伝」が登場! ミナトの発表会レポート 2019.11.19(火) 
パチスロ新機種「花伝」が登場! ミナトの発表会レポート
メーカー名:HEIWA(平和)