『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』展示発表会


krider-unlimited-img1.jpg

2013年11月15日(金)、タイヨーエレック株式会社は、東京ドームプリズムホールにて
新機種『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』の展示発表会を行った。

パチンコでは非常に強いコンテンツである「仮面ライダー」のパチスロ版だ。
ちょうど、10月21日に「CRぱちんこ仮面ライダーV3」(KYORAKU)が導入されたばかりで打ち込んでいるユーザーもいることだろう。

知名度の高い人気コンテンツのパチスロ化とあって、会場の東京ドームプリズムホールは多数の業界関係者で埋め尽くされていた。

本機は、「プレイヤーが楽しめるスペック」をコンセプトに作られいる。

  • ・ATを十分に体感できる
  • ・コイン単価は低めに
  • ・1000枚の期待度UP
  • ・一撃待ちではないAT性能

これらのポイントを抑える形で開発されており、「投資の割りに出玉が無い」「事故らないと大量獲得は無理!」「別に万枚とか出なくていいからもう少し遊べるようにしてほしい」などといった昨今のユーザーからの声に答える形となっている。

さて、「プレイヤーが楽しめるスペック」というコンセプトを基に開発された『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』のセールスポイントは3つ!

①最強コンテンツ「仮面ライダー
これはもう言わずもがなであろう。
「仮面ライダー」と聞いて知らない人はほぼ皆無の超国民的知名度を誇るコンテンツ。
さらに5人の仮面ライダーが集結!


無双SPEC
初回AT100Gスタート」「純増約2.5枚」「AT平均滞在約230G
長期のAT滞在G数と高純増スピードの両立。
疾走感と大量獲得への期待感は半端無い!


③史上初!ケタ乗せ
小役の連続から繰り出される3桁乗せ!
押し順ベルを3回引くだけで3桁上乗せ!?


この中で特に気になるのは、「無双SPEC」と「ケタ乗せ」であろう。
初回AT100Gスタート」「純増約2.5枚」「AT平均滞在約230G
という夢のようなスペックの上に、3桁乗せを前提とした上乗せ特化ゾーンが存在する。

本機は、ボーナス非搭載のAT機であり、AT「ライダーラッシュ」を継続させることで出玉を増やす仕様となっている。
AT「ライダーラッシュ」は主に通常時のレア役を契機に突入する模様。

主な突入経路は、前兆モードである「救出モード」を経由し発展演出に成功す場合と、自力解除ゾーンである「変身モード」で変身成功する場合の2種類である。
もちろん通常時からの直当りも有り得る。

無双SPECを標榜するAT「ライダーラッシュ」は、「ライダー無双」「真ライダー無双」「ダイナモアタック」「アマゾーン」という4種類の上乗せ特化ゾーンを搭載。

krider-unlimited-img2.jpg

このうち「ケタ乗せ」が発生するのは「アマゾーン」でリプレイ以外の小役を3回連続成立させることができれば3桁上乗せが確定する。

「アマゾーン」中は「仮面ライダーアマゾン」の必殺技である「大切断」や「スーパー大切断」が発生すると期待度アップとなる。

ゲーム全体は、仮面ライダーとショッカーとの戦いを通して展開していく。
液晶演出のクオリティーも非常に高く、仮面ライダーというキャラクターが3Dポリゴン映像に非常にマッチしてとても見易い。

カットイン演出やチャンスアップ演出も練りこまれており、打っていて非常にワクワクできる作りになっている。

『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』の導入予定日は年明け1発目、
2014年1月6日(月)を予定。

『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』のPV

パチスロ仮面ライダーUNLIMITEDのメーカー公式ページはこちら

パチスロ仮面ライダーUNLIMITED

『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』の試打レポート

ども、パチスロライダーです。

本日はタイヨーエレックさんの『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』の展示発表会にお邪魔してまいりました。

日程が急だったもので、久しぶりの単独取材です。

タイヨーエレックさんがサミーグループに入って初めてサミーの開発チームと共同で開発したという情報も入っていたので、それは興味深いとワクワクしながら展示会会場に向かいました。

また、すでに発表会に行っていた方から、「この機種は作りこまれてて面白い!」と聞いていたので、パチスロライダーとしてもかなり期待しての取材でした。


会場では、十数名1組で個室に通され機種説明ムービーを見た後、試打コーナーに移るという流れでした。

『パチスロ仮面ライダーUNLIMITED』ですが、機種説明ムービーを見ている段階で真っ先に思ったのは「この液晶画面はかなり凝っている!」ということでした。

おそらく「パチスロ北斗の拳 転生の章」と同じ3Dポリゴンで製作されているのだと思うのですが、仮面ライダーというキャラクターと非常にマッチしており、実写版を見ているかのようなリアルさです!

これは初見で驚かされるはずです。

krider-unlimited-img3.jpg


次にゲーム性についてですが、基本的に「救出モード(前兆ゾーン)」「変身モード(自力解除ゾーン)」の2種類からATに突入します。

krider-unlimited-img4.jpg

「救出モード」成功時はAT100Gスタート。
「変身モード」成功時はAT30G+「サイクロンクラッシュ」での上乗せG数でATがスタートします。

「サイクロンクラッシュ」では変身モードの残りG数と5G間の間で小役成立で初期G数を上乗せします。

krider-unlimited-img5.jpg

小役が連続すればするほと上乗せG数は大きくなり、50Gや100Gの上乗せも十分射程圏内です。
トータルすると、変身モード経由の方が初期G数の期待値は大きいように感じました。


AT当選後は、仮面ライダー1号がサイクロン号に乗って爆走します。
仮面ライダー2号並走で次回AT継続確定、仮面ライダーV3並走で上乗せ性能UP!
トリプルライダー並走だと・・・超激熱!らしいです。

krider-unlimited-img6.jpg


AT中の上乗せ特化ゾーンは大きく分けると3種類あります。

まず1つ目は、自力必殺フリーズシステムを搭載した「(真)ライダー無双」
AT中最もお目にかかることが多いのはこのゾーン。

krider-unlimited-img7.jpg

3G継続保証の後、リプレイで転落抽選、それ以外の小役でG数を上乗せを行います。
その間に5連続上乗せを達成すれば自力必殺フリーズが発生。
仮面ライダーの必殺技とともに7揃い(30G以上)orベルト揃い(100G以上)が発生しG数を上乗せします。

「真ライダー無双」の場合、仮面ライダーが5人終結し、上乗せ性能も単純に5倍になります。押し順ベルでの最低上乗せが5Gなので、「真ライダー無双」の場合は最低でも25G上乗せします。
1Gで最大、100G×5人の500G乗せまで起こりえるとか・・・

こんなの引いたら終わらんだろ(゚∀゚;)


2つ目は驚きの20コマ滑りが発生する「ダイナモアタック」
最大90%OVERで継続するベルト停止1G連ゾーンです。
3つのリールのうちいずれかのリールのベルト図柄が停止すればダイナモアタック継続が確定し、G数を上乗せします。

krider-unlimited-img8.jpg

敢えてベルト図柄が過ぎ去ってから停止ボタンを押しても思いっきり滑ってきます。
本当に目押し一切不要、ズル滑りです(笑)
賛否両論あると思いますが、これには素直に笑ってしまいましたw


3つ目は本機の目玉「ケタ乗せ」を実現した「アマゾーン」
アマゾーンってどっかで聞いた事のある響きではありますが、それは置いといて・・・
突入した時点で上乗せ30Gが確定。
10G+αの間に、リプレイ以外の小役を3回連続させれれば3桁以上の上乗せが確定という、超簡単に爆乗せが体験できるプレミアムゾーンです。

1回目の小役で1桁上乗せ。
2連目の小役で2桁上乗せ。
3連目の小役で3桁上乗せ。
という具合に、リプ以外の小役で上乗せが発生します。

krider-unlimited-img9.jpg

以上が本機の上乗せ特化ゾーンになります。


しこたま打ち込んだ後、会場の営業担当の方に恐る恐る質問を・・・

ベルの払出し枚数が「7枚」って少なくないですか??

確かに少ないです。
でもそうすることで、この「高純増」で「ロング継続AT」というスペックが実現できたというのも事実。
1回のベルの払出し枚数を「減少」させることで、成立確率を「高く」設定し純増枚数のバランスを取ります。
そして、成立確率が高いので「サイクロンクラッシュ」「(真)ライダー無双」「アマゾーン」にみられるように、「小役の連続」を大量G数の上乗せ契機にしました。
こうすることで、今までのパチスロ機では成し得なかった「高純増」かつ「ロング継続AT」を両立させることができたそうです。
事故待ちでは無く、ほとんどのユーザーに大量G数獲得のチャンスが与えられたわけです。
なので、万枚が出ることは少ないですが1000枚・2000枚OVERが出やすくなっているそうです。


そうなると、初当りの重さが気になるところではありますが・・・
初当り確率はどのくらいですか?

設定1で1/350です。
設定6だと、1/234.5になります。
現行の機種でいうと「パチスロ北斗の拳 転生の章」の初当りに近いです。

ホールに大量にある設定1でも、1000円で30G程度回るので、1.2万円前後あれば初当りが引ける計算になります。
そこから、平均230Gで純増2.5枚のATを消化すれば約575枚の払出しで1.1万円~1.2万円の回収が見込めます。
単純に初当りでトントンの収支まで持っていける期待が持てるわけです。

な~るほど~

相当考え抜かれている印象を受けました。
確かに最近の台は、4号機並に吸い込む割に全然出てくれない。
それだけ吸い込むなら、もうちょっと出してもらわないと財布の中身が持ちませんからね。

初当りが多少重くても、それが回収できる期待が持てて、
さらにATを長めに遊べるなら自分としても打ってみるかってなります。

ということはだ・・・ひょっとするとこの機種は甘いのか!?
そんな予想をしてしまったパチスロライダーです。

ということで、今回のレポートはここまで!
導入日は

2014年1月6日(月)!

要チェックですよ( ̄ー ̄)v

(C)石森プロ・東映 (C)TAIYO ELEC

TAIYO ELEC(タイヨーエレック)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事