『JACKPOT』新機種発表会

jackpot-press-gazou1.jpg

2013年11月19日(火)、株式会社ヤーマは東京上野本社にて新機種『JACKPOT』の新機種発表会を行った。


定刻の13:30に同社代表取締役社長 徳山誠祐 氏の主催者挨拶で発表会はスタート。

jackpot-press-gazou2.jpg

「この業界は今大変厳しい状況にある。
ART/AT機市場はすでに飽和状態となっており、それによりプレイヤーの金銭的疲弊が激しく、ホール側も経費が嵩むなどの弊害が出ている。
そこでヤーマとしては、初心者/年配の方にも楽しんでいただけるAタイプ機の開発に力を注ぎ込んでいく。
その開発コンセプトの元、今までの伝統を残しつつ新たなゲーム性も加えて完成した『JACKPOT』は、Aタイプコーナーの起爆剤となることを願っている。
これからもヤーマはAタイプコーナーを活性化させるメーカーの一つで有り続ける。」
と述べた。



続いて同社取締役営業部長 荒川誠治 氏により行われた機種の概要説明によると、

①ビッグボーナス純増312枚、レギュラーボーナス純増104枚の完全告知ノーマルAタイプ機(天井非搭載)

②ボーナス当選時はリール右下にあるセグにて告知を行い、”7″でビッグ、”3″でレギュラー、”5″でビッグorレギュラーとなる

③ボーナス図柄一直線、リプレイテンパイハズレ等の伝統的なリーチ目は完全継承

リムーブ機能を搭載した革新的なゲーム性

と、本機は以上のような特徴を持つ。

「ジャグラーのユーザー様にも十二分に楽しんでいただけるマシンに仕上がった。」と語った同氏の言葉に間違いはないだろう。



jackpot-press-gazou3.jpg

最後に株式会社ベルコ販売代表取締役社長 国本籍雄 氏
「ベルコはART機、ヤーマはAタイプ機の開発に力を入れパチスロ市場の活性化を図る。
業務提供を結んだヤーマの新機種『JACKPOT』を積極的に販売していく。」
とこれからの展望を述べた。


『JACKPOT』の導入予定日は2014年2月17日(月)となっている。

『JACKPOT』のPV

JACKPOTのメーカー公式ページはこちら

JACKPOT

『JACKPOT』の試打レポート

最近のプライベート稼動は、2.5割沖スロ/ジャグラー系、2割クランキーコレクション、0.5割ART/AT機、残りの5割がCR仮面ライダーV3の、やあマルサンです。


『JACKPOT』

jackpot-press-gazou4.jpg

とまあ、ほとんどART/AT機を打たなくなった私にとって、正に打って付けと言えるマシンの登場だ。

それにしてもJACKPOTというネーミングは私ら世代にとっては実に懐かしい響き。

近年でもヤーマ名義で登場していたが、いの一番に思いつくのは4号機初期に尚球社(現:岡崎産業)から登場したボタン連打攻略法で世間を賑わせた・・・って、いきなりヤヴァイ方向に話が脱線しそうになったので、無理矢理センチな気分に浸りながら試打実戦スタート。


ほうほう。まず操作性がグンバツにいいね。

ベルコの“ベンリーシステム”って知ってる?最近では鬼浜の筐体なんかが採用してたアレ。

レバーオン一発で自動で3枚掛け状態になり、ベットボタンを一切叩く必要がないあの超便利システム。

当然このマシンでも装備されてるんだけど、改めてこれはいいよ、マジで。


そんなノーストレス状態で回していると、程なくして伝統のリプレイテンパイハズレで告知発生。

jackpot-press-gazou5.jpg

てゆーかこういうシンプルなリーチ目ってマジでいいよな。

リプレイがテンパる度にドキドキできるもん。まあほぼハズレないんだけどさ。


でもね、例えリプレイが揃っちゃったとしても諦めるのはまだ早い。

右リールが突然ピョコンと1コマずれて強引にリプレイテンパイハズレ型になっちゃうっていうサプライズパターンもあり。

コレ、本機の売りの一つである“リムーブ機能”って言うんだけどさ、直で見たら一瞬驚くと同時に「プッ」って吹いちゃうよ。こんなの反則だって、マジで。


ちなみに通常時は基本全リール適当押しで問題ない。

左リールでチェリーの取りこぼしが発生しそうだが、チェリーとオレンジは同一フラグとなっており、チェリーを引き込めない位置で押したとしてもオレンジが揃うってわけ。

ボーナス当選も、単独と小役重複が6:4くらいだそうで、この辺のバランス感覚も私的にはちょうどいい。

リプレイ時もコイン投入を受け付けるそうだし、この辺の万人に対してのプレイアビリティの高さはさすが抜かりないなって感じ。


かと言って、通常時はスマホ片手にパズドラでもしながらプレイしてればいいのかっていうとそうでもない。

左リールにチェリーを狙ってると、先ほど説明した”リムーブ機能”がたまーにいい仕事をしてくれるんだな、これが。

角チェが止まって「ハイハイ。」ってな感じでレバーオンすると、左リールが1コマずれて中段にチェリーが!ってなビックリパターンも搭載っすよ、旦那!

どう?ドラゴン倒してる場合じゃねーだろ!?


そして個人的に一番好きな機能がこれ。

このマシンね、ベンリーシステム搭載ってのは先ほど述べたけど、この機能がさらに進化してスンゴいことになってんの。

普通はさ、リール停止時はストップボタンを押してリールが完全に止まってから次のリールのストップボタンへ・・・ってな感じで動作が進むけど、このマシンね、ストップボタン操作を左中右の3ボタン同時に受け付けるんだわ。

jackpot-press-gazou6.jpg

写真よく見えっかな?

これビッグ中なんだけど、指3本でボタン同時に押して同時にリールが止まってスイカが一瞬で揃ったところ。

めっちゃ気持ちいいから、コレ!

なんかもう斬新な機能すぎて、私の稚拙な文章力じゃ上手く表現できないんだけど、実際やってみたらビックリするから。マジで。


そんなこんなで楽しい試打時間はアッという間に終わっちゃたんだけど、本日一番の驚きはマンツーマンで事細かに機種説明を行ってくれたのが、他ならぬヤーマの徳山社長だったってこと。


どんだけ気さくやねん!



『JACKPOT』の導入予定日は

2014年2月17日(月)!



暫し待たれよ!

(C)yama

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

yama(ヤーマ)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事

ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会 2020.02.12(水) 
ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会
メーカー名:PIONEER(パイオニア)
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会 2019.11.20(水) 
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会
メーカー名:SANKYO(三共)
PBプロジェクト「Sオリスロ3シリーズ」合同プレス説明会 2020.01.14(火) 
PBプロジェクト「Sオリスロ3シリーズ」合同プレス説明会
メーカー名:JPS(ジェイピーエス)
最高峰のST継続率とスピードを搭載。「P弾球黙示録カイジ沼4 カイジVer.」プレス説明会 2019.12.03(火) 
最高峰のST継続率とスピードを搭載。「P弾球黙示録カイジ沼4 カイジVer.」プレス説明会
メーカー名:TAKAO(高尾)
6号機最強レベルの出玉性能!「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」新機種発表会 2020.01.24(金) 
6号機最強レベルの出玉性能!「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」新機種発表会
メーカー名:FUJI(藤商事)
右打ち中の大当りは全て1G連で当選!?「P D-CLOCK」プレス発表会 2020.02.17(月) 
右打ち中の大当りは全て1G連で当選!?「P D-CLOCK」プレス発表会
メーカー名:MARUHON(マルホン工業)
新感覚!16回転の超先読みゾーン搭載!「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部」プレス説明会 2019.12.19(木) 
新感覚!16回転の超先読みゾーン搭載!「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部」プレス説明会
メーカー名:Konami Amusement(コナミアミューズメント)
シリーズ3作目!!「スカイガールズ~ゼロノツバサ~」プレス説明会 2019.11.21(木) 
シリーズ3作目!!「スカイガールズ~ゼロノツバサ~」プレス説明会
メーカー名:Konami Amusement(コナミアミューズメント)
「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」超最速先行試打レポート 2020.01.09(木) 
「S地獄少女 あとはあなたが決めることよ」超最速先行試打レポート
メーカー名:FUJI(藤商事)
シリーズ最大のパトランプとともに出玉も進化!「P南国育ち~デカパトver.~」プレス発表会 2019.11.07(木) 
シリーズ最大のパトランプとともに出玉も進化!「P南国育ち~デカパトver.~」プレス発表会
メーカー名:HEIWA(平和)