『クランキーコレクション』【設定6】実践データ&感想②

『クランキーコレクション』【設定6】実践データ

____0G スタート

(459G) クランキーチャレンジ
      └不明 10%

(464G) クランキーチャレンジ
      └不明 10%

(477G) クランキーチャレンジ
|    └不明 15%
|    └スイカ成立 30%
ハズレ

(605G) 絵柄一直線⇒ハズレ


(934G) クランキーチャレンジ(男の声!)
      └不明 90%

_939G REG
     └113枚(8/12回ミス)

____7G REG
     └119枚(6/12回ミス)

___67G REG 突然入賞
     └119枚(6/12回ミス)

__121G 青BIG
     └334枚

____0G ヤメ

■ゲーム数データ
総回転数:1134G
赤7BIG:0回(0/1134)
青7BIG:1回(1/1134)
REG:3回(1/378)
ボーナス合算:4回(1/283.5)


■推定収支
推定投入金額:25000円(38G/50枚で計算)
推定獲得枚数:445枚
※BIGの獲得枚数を334枚として計算
推定換金額:8500円(等価)
推定収支:16500円負け

『クランキーコレクション』【設定6】感想

クランキーコレクション スイカハズレ目

この台、2人で連れ打ちすると面白いぉ(゚∀゚)

と言うのが率直な感想ですね!

大量導入されるようなタイプではないので、1島全部『クランキーコレクション』!なんてホールはあまり見かけないかもしれませんが、バラエティーコーナーに2台、4台とあってほしい機種です^^


「今日、会社終わったら、ちょっと打ってかない??」

と同僚と遊びに行くシチュエーションが頭に浮かびます。

同世代の2人が、リーチ目を自慢しあったり、REG中の目押しのスキルで対決してみたり、そこから学生時代や若かった頃の話に花が咲くようなちょっとノスタルジックなイメージが広がる一台です。

今回、相方のマルサンと打っていて、昔話を聞きながら打っていてもなかなか面白かったですしね。

また、目押しが下手な人が上手な人と一緒に打ちに行くというのもまた一興!

今回のパチスロライダーとマルサンの構図ね。

マルサンの方は淡々と打っているんですけど、パチスロライダーは妙に落ち着かない様子で打ってます。

たまに、リールを覗き込んで、ちゃんと目押しできてる??とか思いながら打つんですねww

結構なフラストレーションがたまったところでの、目押し成功やクランキーチャレンジの高期待度。

ここぞとばかりに喜びがこみ上げ、思わずガッツポーズ!!

なんてことも起こります。

実際にライダーは、ショールームで思わず立ち上がり大声で、

「ぉっしゃーーーー!!」

と叫んでますからね、クランキーチャレンジ当たっただけで(笑)

シンプルだからこそ味わえる喜びなんですよね~これ(((~´∀`)~

派手な演出の台だとその派手さに慣れちゃって、ここぞと言うときの喜びが意外と大したことなかったりって事ありませんか?


たまには、しっぽりノーマルタイプで遊んでみるのもいいもんですよ♪


『クランキーコレクション』

導入予定日は

3月11日(月)

乞うご期待!

業界ニュース