ノーマルBタイプ登場!『元祖ハネスロ再び』プレス試打会

元祖ハネスロ再びの記事

2016年5月10日(火)、株式会社オーイズミは東京支店(東京都台東区)にて、パチスロ新機種
『元祖ハネスロ再び』
のプレス向け機種説明会/試打会を開催した。

「元祖ハネスロ」は同社が2007年にリリースしたノーマルタイプで、他機種と一線を画した破格のボーナス確率と遊びやすさで話題を呼んだ5号機。

本機はおよそ9年の時を経て登場するその後継機種となる。

新たな客層の開拓が不可欠となっている昨今の業界事情を鑑み、今「遊べるパチスロ」に注目が集まっている背景もあり、会場は多数のプレス関係者により満席となった。

機種説明会の模様

元祖ハネスロ再びの発表会

機種説明会ではPV上映の後、同社営業本部 特機部 藤岡氏が登壇。

同氏は機種説明の後、「獲得枚数を抑える事により、昨今のノーマルタイプ機種を更に当たりやすくした仕様の機種を弊社では「ノーマルBタイプ」という新しいタイプと位置付け、今後浸透させていきたい」と抱負を述べた。

「元祖ハネスロ再び」の特徴

元祖ハネスロ再びの筐体

遊び易さと瞬発力のノーマルBタイプ!

本機のボーナス確率は、1/99.6(設定6)~1/128.0(設定1)。リプレイ重複がメインだった前作と異なり、全役にてボーナス抽選を行っている。

メインリールは前作同様で、2リールに図柄が揃えば小役またはボーナス確定!一番右の倍倍リールは、メインリールの成立役に対して配当が1~3倍に増加する。

元祖ハネスロ再びの配当

前作との最大の違いは、ボーナス全体の約45%を占める247枚獲得可能なSPボーナスが搭載された点で、180枚獲得可能な3倍ボーナスと合わせたボーナス比率は約70%にも及ぶ。

「せっかく当たったのに出玉が少ない......」というガッカリ感を払拭しただけでなく、実はかなりの瞬発力も秘めている機種と言えよう。

「ロボゾーン」でアツくなれ!



もう一つの特徴として、リプレイ/リプレイ/3倍図柄のチャンスリプレイから突入するプチRT「ロボゾーン」も搭載!

突入時のボーナス期待度は約50%で、ここからの当選時はSPボーナスが確定!?という激アツゾーンなっており、比較的まろやかなゲームシステムの中に程良い刺激を添えている。

他にも本機には、わかりやすく多彩な演出が満載!

詳細は随時一撃サイト内にて掲載予定!お楽しみに。

元祖ハネスロ再びのPV/公式ホームページ

『元祖ハネスロ再び』のPV

『元祖ハネスロ再び』のメーカー公式ホームページ

元祖ハネスロ再びのキャラ


『元祖ハネスロ再び』の導入日は

6月中旬以降

乞う、ご期待!



(取材:編集部ロー)




(C)OIZUMI



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事