『A-SLOT偽物語』【設定6】試打レポート

今現在の流れとして、ノーマル機のパチスロが流行りつつあります。

とてもいい流れですね。

僕個人としては、パチスロといったらノーマル機というイメージが未だに強いですので。

そしてこの度、新台「A-SLOT偽物語」が登場。

サミーさんにお邪魔し、試打して参りました。

A-SLOT偽物語の筐体の画像

筐体や、演出面では、馴染み深い「パチスロ偽物語」に近いものがありました。

果たして、A-SLOTとしてどのように進化を遂げたのでしょうか。

ボーナスは全3種類

ボーナスの構成は、同色ビッグボーナス(獲得枚数約312枚)・異色ビッグボーナス(208枚)・レギュラーボーナス(104枚)となっておりました。

2/3でビッグボーナスとなっているのは、非常に良心的です。

更に、ビッグボーナス終了後はRT「倖時間」に突入。

A-SLOT偽物語のハッピータイム中の画面

このRTは20Gとなっており、お馴染みの演出を見ることができるので楽しいです。


ビッグボーナス中は、左リール上段に白7ビタ押しをする事で楽しむ事ができます。


同色ビッグはオールスター/シスターズの2種類のモードから選択可能。

同色ビッグ中(オールスター)は、ビタ押し成功で液晶下部にキャラが出現します。

A-SLOT偽物語のビタ押し成功時のドットキャラ

このキャラの種類や組み合わせなどに秘密があるのではと予測します。

ビタ押し成功6回以降にも、ビタ押しを続けて下さい。

その後は、「祝福カットイン」の発生抽選をしております。

A-SLOT偽物語の戦場ヶ原さんの祝福画面

この、発生頻度や、出現キャラには秘密がありそうです。

A-SLOT偽物語の神原駿河の祝福画面

非常に数多くのキャラカットインが確認できたので、詳細が気になります。


異色ビッグ中は、ビタ押し成功の5の倍数の回に祝福カットインが発生するので、最大で3回まで出現させるチャンスがあります。

僕はビタ押し下手くそなので、2回出現ばかりでした...。


レギュラーボーナスは、忍のムービーが流れる「忍ver.」というものを確認できました。

A-SLOT偽物語の忍レギュラーボーナス

この出現率にも秘密がありそうです。


今回の記事は、なんだか説明ばかりで申し訳ないのですが、とても重要な事だと思うので書かせて頂きました。

打ってみて・・・

楽しめる要素が非常に多いです。

あのCZ「解呪ノ儀」もしっかりと再現されており、今作は4段階でCZ期待度が変わるようです。

運良く、最上位CZ「和解ノ儀」をみる事ができました。

A-SLOT偽物語の演出成功画面

3/3で成功しているので、出現したら心の中でガッツポーズしましょう。


そして、こちらも新規演出「怪異チャレンジ」は出現した時点でリーチ目 or 怪異リプレイ濃厚なので、とてもテンションが上がります。

A-SLOT偽物語の月火の怪異チャレンジ

出現頻度も思っていたより高かったです。

すがしょー的観測

ART機やAT機で人気だったコンテンツをそのままノーマル機に移植というのは素晴らしいと思います。

ノーマル機を打つ機会があまりない方も、親しみやすく入り込めるので今後もサミーさんからは、人気コンテンツのノーマル機化を希望いたします。


まだ秘密が多い面はありますが、設定推測要素は非常に多いと思うので、打ち込み要素も高いのかなと思います。

A-SLOT偽物語のドーナツセールがキリン柄

演出の面白さ+設定推測要素など、パチスロの全てが盛り込まれた「A-SLOT偽物語」を是非ホールでお楽しみ下さい。


『A-SLOT偽物語』

絶賛稼働中!!




実戦詳細データはこちら


ゆるっとTwitterやってます。


一撃では、試打記事は勿論のこと、試打動画もやっております。
主に、ティナさんがやっております。
是非、フォローしてみて下さい。






(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
(C)Sammy



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事