【リリース情報/取材レポート】「PモンキーターンⅥ超抜」

株式会社 西陣は本日8月22日、ぱちんこ新機種「PモンキーターンⅥ超抜」を発表した。

今回はその実力を体感できる機会を得たため、取材での感触を交えつつ、“シリーズ史上最強”と称される本機の注目ポイントお届けする。

スペックは大当り確率1/319.6の一種二種混合機。

通常時、RUSH中問わず大当りはすべて約1500個の出玉を獲得可能で、肝心のRUSHへは初回大当りの50%で突入し、その継続率は約81%という仕様だ。

安定感と連チャン時の出玉性能を、いわゆる“上位RUSH”を搭載することなく両立している。

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の初回大当り(1)

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の初回大当り(2)

▲残念ながらRUSH非突入となってしまっても
約1500個というのは嬉しいポイントだ

RUSH『神速RUSH』にはループタイプの出玉獲得フローを採用。当然ながら、通常時移行の際にも約1500個の出玉を獲得可能だ。

そして、本機最大のストロングポイントがこの消化スピード。変動開始から大当り終了までの1セットが約77秒と、まさに“神速”というに相応しいスピーディーな消化を体感できるぞ。

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の神速RUSH(1)

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の神速RUSH(2)

▲出玉スピードは圧巻の一言

発生時点で次々回までの大当りが濃厚、つまり最低でも約4500の出玉を獲得可能となる「究極Vフラグ」の搭載や、シリーズ機おなじみのレースバトルのパワーアップも見逃せないポイントとなっている。

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の究極Vフラグ(1) パチンコPモンキーターンⅥ超抜の究極Vフラグ(2)

▲V入賞時に“究極Vモンキー”発生で4500!?

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の究極Vフラグ(3) パチンコPモンキーターンⅥ超抜の究極Vフラグ(4)

▲本機でも強敵として立ちはだかる艇王・榎木だが
勝利できれば4500!?

昨今のトレンドを高レベルで兼ね備えた本機の導入時期は未定。

詳細なスペック情報も含め、今後の続報に期待したい。

パチンコPモンキーターンⅥ超抜の筐体

©河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

NISHIJIN(西陣)の関連取材記事

業界ニュース