『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』【設定6】実戦レポート:桃助

1217-bazi-momo1.jpg

美しすぎる。

もはやこれはパチスロの"域"を超えている。



桃助でございます。

今回、『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』のデータ取りを行いに、ユニバーサルさんへお邪魔させていただきました。

上の画像は巻物でも割とアチチな高確ステージのそれでなければ、前兆を匂わすステージでもありません。

前作同様ただの朧ちゃまのステージでございます。

このステージを液晶ごと額縁におさめて部屋に飾りたい、そう思ったのは、

僕の住むワンルーム部屋が、カーテンどころか、

シャレっ気のシャの字もない豚小屋だからではなくて、

激熱と踏んでいた鷹+巻物演出2連続スルーを頂戴し、

通常ステージをエンドレスで眺め続けていたからであった。

推定投資額はこの時36000円。

もう試打時間も折り返しから第3コーナーを過ぎたところ。

そろそろムチで尻をしばかれる頃合い。

お尻だけにケツが浮く瞬間にさえいまだ立ち会っておりませぬが。

それにしてもアニメーションが美しいことこの上ありません。

1217-bazi-momo2.jpg

初代バジリスク+バジリスクⅡをミックスした様なゲーム性とあって、バジリスクファンには堪らない作品となっております。

前作にあった開眼チャレンジ(安定・波乱・勝負)がないかわりに、

(安牌・混沌・狂喜)から選択する、というのは今考えついた嘘で、

バジリスクチャンス(以下BC)という擬似ボーナス(純増約40枚)がATへの突破口となっている訳であります。

弦之介によるチャンス告知タイプ

天膳による完全告知タイプ

朧による後告知タイプ

男は黙って天膳一発でしょう。

終始喋りっぱなしでしたが。

1217-bazi-momo3.jpg

1回もテンションのあがった天膳 ※ティナくんレポート参照を拝むことはできませんでした。

次からは黙ることにしますゆえ。

1217-bazi-momo4.jpg

とは言ってもBCにはあっさり当選してくれます。

設定1でも1/139で設定6では1/118

とにかくATに入れてそこでBCを引きまくる。

絆高確と呼ばれる各レア役に対応したボーナス高確率状態も用意されております。

上記画像にありますように、さらにカッコよくデザインされた7ロゴをこれでもかと拝むことができるでしょう。

右側に構える風待将監よりも、ずっとよだれを垂らして導入まで待つことになりそうだ。


『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の導入日は

1月27日(月)!

しばし待たれよ!


【設定6】実戦詳細データ

『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の解析ページはこちら!



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事