真・一発台登場!新機種『CR天龍インフィニティ』プレス発表会



2017年11月21日(火)、マルホン工業株式会社は東京支店ショールームにて新機種「CR天龍インフィニティ」のプレス発表会を開催した。

マルホン発表会画像

発表会の様子

発表会は冒頭に、パチスロライターの山内菜緒さんがMCとして登場。

機種紹介動画を放映後に、営業本部長 東京支店 支店長 田中久也氏と「CRAカナカナwith桃乃木かな」でタイアップしたセクシー女優の桃乃木かなさんが応援として登場。その後、田中氏から本機のゲーム性について説明がなされた。

桃乃木かな画像

同氏は、「玉の動きや、音の強弱・光には特に力を入れた。昨今、液晶機が主流のホールで古き良きパチンコ、"玉の動き"を遊んでもらえるパチンコを是非とも作りたかった。また、こういった機械をエンドユーザーにも楽しん頂きたい。」と、発表に至った経緯とその思いについても述べた。

最後にフォトセッションと試打会を開催、終始盛況のなか発表会は幕を下ろした。

マルホン試打会画像

本機のゲーム性

本機のは約7000個の払い出しが見込める「CR天龍インフィニティ 7000VS」と約5000個の払い出しが見込める「CR天龍インフィニティ 5000VV」の2スペックがあり、いずれの機種も玉が役物内を掻い潜り、最終クルーン入賞で大当りとなる。

天の道龍の道画像

特出すべきは「天龍打ち分けシステム」と銘打たれたゲーム性。

頻繁に玉が役物内に飛び込む「天の道」(左打ち)と、玉一個の飛び込みがアツい「龍の道」(右打ち)の2ルートを打ち手の任意で打ち分けることができる。

天龍左打ち画像

前者は上部回転体"龍の爪"突破で3段クルーンへ進入。

龍の爪画像
▲龍の爪


対して後者龍の道は天の道(左打ち)とは異なり、龍の爪を経由せず最終クルーンへの過程をショートカットし直接3段クルーンへ進入する。

天龍右打ち画像
▲龍の道
龍の爪をショートカットできる代わりに、役物内への玉の飛び込みは天の道よりも厳しい。


更にクルーン内にも仕掛けが施されており、第一クルーンでハズレ穴に入った玉の一部が最終クルーンに甦る復活ルートが搭載されている。

天龍の救済ルート画像

多彩なルートを設けることで、役物機が陥りがちなゲーム性の単調さを見事に払拭している。

天龍のスペック画像

『CR天龍インフィニティ』の導入日

桃乃木かなの画像

公式PVはコチラ

『CR天龍インフィニティ』の導入日は

1月22日予定!
※一部地域を除く

一撃ではショールーム試打など今後も引き続き最速で最新情報をお届け予定!お楽しみに!


取材/編集部:しゅう



この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事