超攻撃的マシン『パチスロ ゴルゴ13』が登場!

みなさんこんにちは。

一撃編集部のティナです。

今回は、SANKYOさんから
『パチスロ ゴルゴ13』
が登場するということで、一足先に打ってきましたので、ゲーム性などを紹介したいと思います。

まずは筐体から。

ゴルゴ13の筐体の画像

"ゴルゴ13っぽさ"が全面に出された筐体になってますね(笑)

パネル部分には弾痕を模した飛び出すプッシュボタンに、左側にはゴルゴが愛用する自動小銃「M16」があしらわれています。

一言で言うとカッコイイ。

この役物たちが遊技中にどんな動きをするのか見モノですね。

通常時のゲーム性...というか全体のゲーム性!

本機は非常にシンプルなゲーム性となっています。

通常時は、チャンスゾーン「GAME13」やレア役からの直撃で
ARTを目指していくだけ!

以上です(笑)


直撃当選も、チャンスゾーンも、レア役を契機に当選させるものとなっていますので、当たる時も当たらない時も分かりやすいですね。

ゴルゴ13のチャンス文字

さっぱりとしたゲーム性なだけあって、演出も分かりやすいです。

前兆中は、ライトアップされた街が印象的な香港ステージや、スコープZONEと呼ばれる前兆ステージに移行します。


ゴルゴ13のチャンスゾーンの画面

「GAME13」は、8G継続するチャンスゾーンで、消化中は全役でART抽選を行っています。

打っていた感じでは、ベル/レア役だとさらにチャンスってかんじですかね。


実戦上のART当選期待度は1/2といったところ。

後述する初当り後のお楽しみを加味すると、とにかくアツくなれるチャンスゾーンです。

ARTと上乗せ特化ゾーン


本機のARTは、純増約2.0枚/Gで1セット100Gとなっています。

現状のART機では最高峰の純増枚数ですね。

しかも、このスペックで、セット数上乗せ型のARTと来たものですから驚きです。

このご時世で上乗せ = 100Gってだいぶやばいですよね。


さらに凄いのが上乗せ特化ゾーン。

ゴルゴ13の上乗せ特化ゾーン

上乗せ特化ゾーン「超A級スナイパーRUSH」は、
もちろんセット数の上乗せ特化ゾーンです。

はい。
乗せるたびに100Gずつ増えていきます(笑)

ゴルゴ13の鎖の画面

画像の鎖(5本)を全て外せばストック1個
弾丸5個(シングルゴルゴ揃い5回)で終了となります。

ただ、これだけだと爆乗せするビジョンが浮かびませんよね...。


この超A級スナイパーRUSHには、エクストラと呼ばれる上位の状態がありまして、そこへいくと弾丸が減らずにバンバン鎖を外してくれるんです。

そのエクストラへの移行契機はゴルゴリプレイのダブル揃いとなっております。

このダブル揃いをいかに引けるかで爆乗せの未来が広がっていく感じです。

しかも、この上乗せ特化ゾーン


簡単に言うと、この機種は


超A級スナイパーRUSHに入れて
 ↓
メチャクチャ乗せて
 ↓
出す

これだけです(笑)


これだけスゴイ特化ゾーンなのだから、突入させるのも一苦労...

と思うじゃないですか?

ところがどっこい、突入契機が通常時からのART初当り時の約1/4なんです。
※実戦上

他にもART中の上乗せ時の一部などでも突入するので、1日に数回拝めるレベルとなっています。

超A級スナイパーRUSH自体、やれない時は3つや5つストックするだけで終わってしまうこともありますが、それでもゲーム数に換算すると300G~500G。


調子がよければ10個OVERの上乗せ...つまり4ケタゲーム数の上乗せも余裕でやれちゃいます。


ゴルゴ13の上乗せ画面

この日は3回突入して、自己最高記録の16個を叩きだしました。

単純計算で、1600Gの上乗せをした...ということですね。

パチスロ ゴルゴ13...恐るべし。


ここまで出玉に特化...というか上乗せ特化ゾーンに特化されると逆にすがすがしいですよね(笑)

ぜひ、みなさんもホールで体感してみてください。




超攻撃的ART
『パチスロ ゴルゴ13』

乞うご期待!



(C)さいとう・たかを/リイド社



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事