ぱちんこ・スロット『神機種』同時記者発表会

みなさんこんにちは、早いもので2017年も1カ月目が終了しようとしていますが、いかがお過ごしですか?

年が変わっても、相変わらず競馬が大好きで仕方ない"ウマツ"でございます。

さて今回ですが、2017年1月23日(月)に株式会社ユニバーサルエンターテインメントさんが、2017年の新機種発表第一弾となる「神機種」を発表、しかも「ぱちんこ・スロット同時」のお披露目ということで、同社へ行ってまいりました。

("神機種"といったらアレかな?)

("神"って言うぐらいだから、たぶんアレだろうな?)

(うん、きっとそうだよな)


と、妄想を膨らませながら発表会場へ到着すると、いつも以上に多くのメディア関係者が集結しており、「ユニバ×神」というフレーズの強力さを感じることに。

ほどなくして発表会がスタートしましたが、今回発表された「神機種」は・・・

【ぱちんこ】
「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」

【スロット】
「アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-」

ユニバーサルエンターテインメントさんが誇る、GODシリーズの2機種でございました。


導入日までもう少し時間があるということもあり、この日発表されたのはさわりの部分のみで、まだまだ見えない要素がたくさんありそうな雰囲気でした。

真相は闇の中・・・いや、真相は海の中(ポセイドンだけに)といったところでしょうか。

CRアナザーゴッドハーデス アドベント/アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-のプレス発表会

これから両機種ともに、導入時期が近づくにつれて全容が明らかになってくるはずですが、この日の発表会でわかった部分を紹介していきたいと思います。

ぱちんこのハーデスはパチスロを忠実に再現

発表会がスタートして、まず先に紹介されたのは、

【ぱちんこ】
「CRアナザーゴッドハーデス アドベント」

でしたが、発表の壇上に上がった長谷川氏は、

「パチスロからぱちんこへ移植するのは難しいところはありますが、我々としましては、パチスロのハーデスで印象的だった演出をぱちんこに上手く組み込むことができたと自負しております」

とコメントし、ハーデスといえばなんと言っても印象的な"ジャッジメント"に関しても、ぱちんこのハーデスになると大当りを引いた時に訪れるようで、これに関して

「ポイントとしては、大当り時のラウンド振り分けを細かくしております。いわゆるジャッジメントの部分で、やはり"お父さん"が出た方がいいとか、"犬"だとちょっと下なのか、だけど犬でもやる犬もいるのか、こういったところは上手く入れ込んでいるつもりです」

と、一般ユーザーに馴染みの深い「お父さん」「犬」といった表現を使って説明してくれました。

その後、プロモーションVTR、そして実機が動いているシーンを少しだけ見ることができましたが、これだけは言えそうなのが「パチスロのハーデスを打っているかと思うぐらい、各種の演出が忠実に再現されている」ということ。

パチスロのハーデスでアツかった演出はぱちんこのハーデスでもアツそうで、赤扉が閉ったり、全回転フリーズがあったり、プチューンがあったり、「激熱」が出たりと。

もちろん、見たことがない新演出も多数あるように見えましたが、パチスロのハーデスを打ったことがある方にとっては最初から違和感なく打てる仕上がりになっていると言っていいのではないでしょうか。

あと、ぱちんこといえば派手な演出を彩ってくれるギミックが気になるところですが、槍が刺さる演出をイメージしているのか、液晶の上から本物の槍が降ってきていたように見えましたよ。

「真相は海の中」もポセイドンは自力感が強い?

【スロット】
「アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-」

に関しても、続けざまに紹介されました。

まず判明したのは、GODシリーズに登場する神々は、実は三兄弟だったということ。

ハーデス(長男)
ポセイドン(次男)
ゼウス(三男)


この三兄弟の他にも兄弟がいるのかどうかは不明ですが、今回初登場する第3の神・ポセイドンは、ゼウスの兄にしてハーデスの弟であるようです。

"海のゼウス"とも呼ばれたその力は、冥王ハーデスすらも震え上がらせたとのこと。

実際にその姿をちょっとだけ見ることができましたが、確かに、ひと目見ただけでも三兄弟の中では群を抜いて荒くれている雰囲気を感じることができました。

青い鎧をまとっていて、仮面の周囲からは自毛と思われる白髪ロングヘアーをなびかせており、かなり不気味な雰囲気でしたね。

台の方に話を移しますが、今回のポセイドンは同社が昨年発表して世間を驚かせた「プロジェクションマッピング」を搭載しており、かなりド派手な演出が展開されそう。

そして、通常時からARTへの流れは今までのGODシリーズとそう変わりないものの、ゲーム数消化後に移行する継続をかけたゾーンには自力性がある様子。

他にわかったのは、GOD GAMEのセット数上乗せ特化ゾーン、ゲーム数3ケタ上乗せがループする強力なゲーム数上乗せ特化ゾーンがある、通常時は2種類のチャンスゾーンがある、GOD確率は安定の1/8192・・・etc。

ポセイドンだけに「真相は海の中」ですが、これからどんどん新情報が出てくるはずですし、一撃も取材に訪れることになると思いますから、続報にご期待ください。


『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』
『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』
が導入される日は、すぐそこまで来ていると思われます。





(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事