『パチスロエウレカセブンAO』試打レポート

今回は「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」シリーズの続編にあたる注目の新台、「パチスロエウレカセブンAO」の試打を行いにSammyさんにお邪魔してきました。

パチスロエウレカセブンAOの筐体画像

このレポートは「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」に出会ったことで原作にハマったプチエウレカ通、"しゅう"が担当します。

今回のエウレカは"波ヲ呼べ"

シリーズ伝統の"自力感"は継承しつつも新たな要素を追加しております。

限られた実戦時間ではありましたが通常時からARTまでの流れはある程度体感できたので、引けた部分を中心にお届けします。

ARTへのメインルートはCZ経由

ART「アストラルオーシャン」は、CZ「シークレットバトル」から突入するのが王道パターン。

CZ当選契機はベルの連続レア役で、突入時は期待度の異なる4種の"シークレット"の中からいずれかが選択され、勝利でARTに突入します。

パチスロエウレカセブンAOのシークレットバトルに突入する画面

シークレットバトルは役割の異なるバトルゾーン・スクランブルゾーン・ジャッジバトルで構成されていますが、いずれの状態に滞在していてもベルの連続レア役成立でチャンスとなりボーナス成立ならART突入濃厚となるので覚えておきましょう。  (レア役の停止形はコチラ)

バトルゾーン中は成立役に応じてダメージを抽選しており、シークレットのゲージを全壊できればART突入となります。

全壊前に敵の攻撃を被弾してしまうとスクランブルゾーンに移行。

スクランブルゾーンは規定ゲーム管理で、この間にバトルゾーンへの復帰を抽選、更にレア役成立時はバトルを優位に進められる"味方参戦"のチャンスとなっています。

ゲーム数を消化してしまった場合はジャッジバトルへ移行し、ダメージ量に応じたART抽選を行います。

ここで敗北してしまうと通常時へ戻ってしまいますが、シークレットバトルには連続性があるので即やめは厳禁です。(通常時のステージはコチラ)

この他CZ経由以外にも「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」を彷彿とさせる通常時の押し順ナビ正解や、ボーナスの成立時・消化中にもARTは抽選されています。

エピソードボーナスからART突入!

さて、実戦の方はというと......シークレットバトルを数回スルー後、通常時に引いたチャンス目から本日初のボーナス当選。

これがまさかのエピソードボーナスとなりました。

ART突入濃厚となるシリーズお馴染みの歓喜の瞬間です。

今作では成立フラグでエピソードボーナス期待度が変化、青同色ビッグは成立時点でエピソードボーナス濃厚となっています。  (その他ボーナスはコチラ)

パチスロエウレカセブンAOのエピソードボーナス開始画面

ビッグ消化中はカットイン発生時にBAR狙い

揃えば通常時はART当選、ART中ならゲーム数上乗せを行います。

パチスロエウレカセブンAOのBARを狙えカットイン演出
(カットイン発生時、中リール中段BARで1確!)

レギュラー成立時は「ポラリス作戦」発動に期待

レギュラーボーナスは、6G間の押し順正解数で

通常時はシークレットバトルやARTの抽選、
ART中は正解でダメージドクォーツを獲得します。

ART中に押し順全正解でカノンバトルにも突入します!


さらに、レギュラー成立時は「ポラリス作戦」が発動する可能性があり、ここでの演出成功で「V3モード」と呼ばれる上乗せ特化ゾーンに突入します。(ちなみに黒BAR揃いだと、「ポラリス作戦」発動濃厚だとか......)

パチスロエウレカセブンAOのレギュラーボーナス揃い
(通常は白白BAR揃い)

ポラリス作戦中は押し順ベル正解毎に「V3モード」への突入を抽選しており、最終2Gの演出で当否を決定します。

G数をアップし、レア役で射す!

ART「アストラルオーシャン」

ART「アストラルオーシャン」は初めに上乗せ特化ゾーン「クォーツアクティベートチャンス」で初期ゲーム数を決定するところからスタート。

パチスロエウレカセブンAOの

「クォーツアクティベートチャンス」は成立役に応じて継続と上乗せを抽選し、継続時は次ゲームの上乗せゲーム数がアップする自力感の強い性能となっています。

パチスロエウレカセブンAOのQAC

上記画像の場合、

リプレイ成立で10G+クォーツアクティベートチャンス終了。

ベル
orクォーツリプレイ成立で上乗せG数アップ!+クォーツアクティベートチャンス継続。

弱レア役(弱スイカ弱チェリー)成立で上乗せ50G+クォーツアクティベートチャンスをストック。

強レア役(強スイカ強チェリーチャンス目ボーナス)成立時は100G上乗せ+クォーツアクティベートチャンスをストック。

レア役が成立した場合もクォーツアクティベートチャンス終了となってしまいますが、その分上乗せが優遇されているのがわかります。

いかにG数をアップレア役で射すかが重要ってことですね。  (ART概要はコチラ)

特化ゾーンの連続が波ヲ呼ぶ

「クォーツアクティベートチャンス」はART中の特化ゾーンとしても出現。

突入契機は通常時の「シークレットバトル」と同様にベルの連続レア役で突入抽選している「シークレットバトルAO」での勝利で、勝利時は「クォーツアクティベートチャンス」が即発動しゲーム数の上乗せを行います。

パチスロエウレカセブンAOのART中のシークレットバトル
(突入時は勝利期待度に注目)

他にも筐体右のサブ液晶に表示されるダメージドクォーツに注目。

パチスロエウレカセブンAOのダメージドクォーツ

10個貯まる毎にクォーツアクティベートチャンスがストックされます。

ダメージドクォーツクォーツリプレイ揃いやボーナス中の押し順正解で獲得。(クォーツリプレイは内部状態で出現率が変化!?)

目に見える期待感がアツいですね。

カノンバトル

ARTのレア役などで突入抽選をしている1セット4~5G継続の"継続バトル型上乗せ特化ゾーン"。

パチスロエウレカセブンAOのカノンバトル

"トゥルース"とのバトルが継続する毎にゲーム数を上乗せ、消化中のベルレア役でバトルの継続抽選をしており、継続率は約66%~約89%となっています。

パチスロエウレカセブンAOのトゥルースバトル
トゥルースは通常時・ART中共に連続演出で登場するこの人

継続時に「追撃チャンス」が発生すれば更にゲーム数を上乗せ。

強レア役成立時は「追撃チャンス」発生の大チャンスとなっています。

他にも、継続数不問で訪れる"エンディングパート"が発生すれば本機最強の上乗せ特化ゾーン「V3モード」に突入するとか。

実戦では2~5連で終わっていたので、もう少し頑張らなきゃいけないのかもですね。

性能以外にも気になる点を発見。

開始・継続時に出現するラウンド画面に注目しました。

パチスロエウレカセブンAOのカノンバトル開始画面

現時点で詳細は不明ですが、表示されるキャラによって継続期待度や継続率を示唆しているようです。

これをホールで引きたい

V3モード

さて、最後は今回引くことが叶わなかった本機最強の上乗せ特化ゾーン「V3モード」について。

フリーズ発生時ポラリス作戦成功時カノンバトルでの"エンディングパート"発生時に突入する継続ゲーム数10G+αの上乗せ特化ゾーン。

パチスロエウレカセブンAOの

クォーツリプレイ成立でクォーツアクティベートチャンスをストックし他の全役でゲーム数の上乗せ抽選をしています。

11G以降のリプレイで終了抽選をしているので、いかに他の役を連続させゲーム数を延命するかが大量上乗せの鍵となっています。

試打を終えて

いかがでしたか?

シリーズが好きだった自分としてはまた愛すべき一台が増えてうれしい限りです。


本機の情報はこれからどんどんサイト内で更新していくのでお楽しみに!


『パチスロエウレカセブンAO』の導入日は

1月16日(月)!


■しゅう



(C)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)Sammy



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事