『麻雀格闘倶楽部2』【設定6】試打レポート

こんにちは、"しゅう"です。

今回は、新台「麻雀格闘倶楽部2」の試打を行ってきました。

麻雀格闘倶楽部2のパネル

麻雀......皆さんは打たれますか?

自分はパチスロ覚えたと同時期くらいに始めたので、かれこれ15年の付き合いになります。

とは言っても、友人と楽しむ程度の緩めの打ち方なのでレベルも知識も浅いです。

符計算とか未だにできないし(汗)

まぁ、そんな弱小な自分でもパチスロと融合した本機なら?って妄想を膨らませているわけです。

今回打たせて頂くのは設定6

まぁ、何はともあれ進化を遂げた「麻雀パチスロ」、堪能したいと思いますよ。

では、ゲームフローからいってみましょう。

バリエーション豊かな対局・モードが魅力

本機は主に周期でARTを抽選しています。

1周期が麻雀の1局とリンクしていて、リプレイやレア役を引いて手牌をを進め和了(ART)を目指すゲーム性。

1周期は40G前後なので投資1000円~2000円で回すことができます。

ART初期G数は和了時の役に応じて変化、麻雀の知識がある方はテンパイ時の役に注目するとより楽しめると思います。

麻雀格闘倶楽部2のロンの瞬間

対局時の組み合わせにも秘密があるようで、登場頻度が低い雀士や見慣れない背景になるとチャンスかも!?

実戦では二階堂姉妹小島武夫さんが登場したときにART突入となることが多かったです。(たまたまって事はないでしょう!)

麻雀格闘倶楽部2のステージ背景

他にも数あるイベント対局やCZに注目。

麻雀格闘倶楽部2の霊獣チャレンジ突入画面
■CZ 霊獣チャレンジ

特訓バカンスモードといったいつもと違う周期演出が始まればチャンスとなるので、ヤメないようにしましょうね。

ART終了画面には何らかの示唆要素あり!?

最初の数回は色違いがランダムで出ているだけと思ったART終了画面。

麻雀格闘倶楽部2の三色のART終了画面

一風変わった画面も出現しました。

頻度的にはあまり高くないように思えたが果たして!?

設定示唆、もしくは次回周期優遇とか......想像するとキリがないですが何か秘密がありそうです。

麻雀格闘倶楽部2の特殊終了画面

引けてるけど控え目?

ART「格闘倶楽部RUSH」中の対局含む連続演出は勝利・成功の時点でG数上乗せor特化ゾーンの当選が濃厚。

麻雀格闘倶楽部2のときめきモードに突入した画面

今回は2種ある特化ゾーンの両方を引くことができました。

麻雀格闘倶楽部2の巨匠が出現した瞬間
(「格闘倶楽部RUSH」中に巨匠出現はチャンス!勝利できればG数上乗せ&特化ゾーン獲得)

まずは前作から継承された「黄龍RUSH」

カットイン発生時に黄龍リプレイを狙って揃った数だけG数を上乗せし一部で0G連演出も起こります。

麻雀格闘倶楽部2の黄龍画面など

もう一つが今作からの新特化ゾーン「雀豪乱舞」

リプレイがチャンス役となっており勝利し続ける限り継続します。

どちらの特化ゾーンも3ケタ上乗せが目指せる性能なのに、実戦ではどうも控え目(?)なG数が目立ちます。

しかし、後半に怒涛の展開が待ち受けていました。

出ました。

麻雀格闘倶楽部2の役満フリーズ

フリーズです!

しかも初当りに上乗せと連続で引きました(汗)

1回目に7図柄を揃えたので、2回目は黒図柄を狙ってみたんですが、7図柄同様に右下がりに揃ってくれました。

麻雀格闘倶楽部2の役満フリーズでの上乗せ

フリーズの恩恵は"役満"、一番強い役、つまりは一番G数上乗せに期待が出来る瞬間ってことですね。

2回とも上乗せG数は160Gとなって一気に残G数は300G近くに......

1度の最高上乗せG数が480Gのようなので、2回引いた割にはこれまた控え目(?)だったかもしれないですが、その衝撃たるや凄まじかったですよ。

これを機に出玉を伸ばし一撃1500枚超の出玉を確保。

もうひと波と思ったところで、タイムアップとなりました。

5000Gちょっと回してみての感想なんですが、「これ、絶対6の挙動じゃないでしょ」ってこと。

実は今回、隣で"ティナ"が設定5を実戦していたんですが、初当りが自分のより断然良かったんです。

自分は9回引いて、内1回がフリーズですからね。

設定1つ上なのにねぇ......

たぶん通常時の反応がよろしくなかったんかなって思います。

引くだけではなくタイミングも重要そうな機種なので、ホールで実戦の際には気にしてみてくださいね。


『麻雀格闘倶楽部2』の導入日は

12月19日!


実戦詳細データはこちら



試打の時は珍妙なことがよく起こる
■しゅう



■LINE@
友だち追加数





(C)Konami Amusement
(C)KPE



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事