2400から始まる衝撃!『ぱちんこ GANTZ』プレス発表会

ぱちんこガンツのプレス発表会

2016年10月13日(木)、株式会社オッケー.はパチンコ新機種
「ぱちんこ GANTZ」
のプレス発表会を開催した。

【GANTZ(ガンツ)】
作者:奥浩哉
『週刊ヤングジャンプ』(集英社)において2000年7月から2013年6月まで連載。
死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた、累計発行部数2100万部を誇る超人気漫画作品。
コミックのみならず、ノベライズ・アニメ・ゲーム・映画等々でコンテンツの幅を広げ今なお新規ファンを獲得し続けている。
2016年10月14日(金)からは、全編3DCGアニメーションで描いた「GANTZ:O(ガンツ:オー)」が公開予定。



そんな話題性抜群のコンテンツがパチンコで登場するとあって、会場となったベルサール渋谷ガーデンには業界関係者のみならず一般メディアも多数詰めかけ超満員となっていた。

主催者挨拶

ぱちんこガンツのプレス発表会での主催者挨拶

発表会冒頭では、株式会社オッケー.取締役 小川博史 氏が登壇し、

「本機最大の特徴である超GANTZ BONUSが生み出す今までにない出玉性能および斬新なゲーム性は、未来のパチンコの可能性を感じていただける自信作となっている。
またパチンコだけではなく、10/14より公開予定のGANTZ:O(ガンツ:オー)を皮切りに、これからは様々なエンターテインメントに進出しファンの皆様に喜んでいただき感動を与えられるような取り組みをこれからも目指していく。」

と主催者を代表して挨拶を述べた。

スペシャルゲスト登場

その後、プロモーション映像が流れた後、スペシャルゲストとして招かれた橋本マナミさんとGANTZ:O(ガンツ:オー)で声優として出演しているレイザーラモンHG・RGさんが登場。

ぱちんこガンツプレス発表会での橋本マナミとレイザーラモンHG・RGさん
GANTZの世界観を彷彿とさせるボディスーツで登場した橋本マナミさんとレイザーラモンHGさん。右のレイザーラモンRGさんのみ何故かボディペイント。

ぱちんこガンツのプレス発表会での橋本マナミさんバーチャルリアリティー体験
VR(バーチャルリアリティー)でガンツの世界観を疑似体験した橋本マナミさんは、その超リアルな映像に終始興奮しっぱなしだった。

一方、レイザーラモンHG・RGさんはガンツにちなんだ十八番のあるあるネタを披露し会場の笑いを誘っていた。

機種詳細

本機最大の特徴は、なんといっても「超GANTZ BONUS」だろう。

ぱちんこガンツの超ガンツボーナス

16R確変大当りの後に続くEXTRAによって、2400個+αの出玉を獲得することが可能。

この前代未聞のゲーム性を擁した本機の出玉性能は現行機種トップクラスと言えるだろう。

スペック
大当り確率  低確率時 1/319.7
高確率時 1/75.3
サバイバルRUSH(ST確変)
突入/継続率
65%(次回まで)
時短性能 50回
大当り出玉 最大約2400個+α

100てん取ったら・・・!?

ぱちんこガンツの100てん演出

「超GANTZ BONUS」獲得への道のりは至ってシンプル。星人を撃破することにより点数をGETでき、合計100てん獲得で超GANTZ BONUS突入となる。

超GANTZ BONUS獲得のカギを握るのは原作でお馴染みの"ぬらりひょん"。

ぱちんこガンツのぬらりひょん
▲ぬらりひょんは様々なタイミングで出現。最終形態なら大チャンス!?


その他にも、映画「GANTZ:O(ガンツ:オー)」の世界観も多数取り入れており、演出の出来栄えはファンも納得の完成度と言えるだろう。

『ぱちんこ GANTZ』導入日

メーカー公式ホームページはこちら

ぱちんこガンツの筐体画像

GANTZでパチンコは新時代へ!!
『ぱちんこ GANTZ』

2017年1月10日導入予定!

(C)奥浩哉/集英社
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
(C)OK!!



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事