メイン小役が勝利のカギを握る『パチスロ ロリポップチェーンソー』新機種発表会

2016年10月5日(水)、株式会社 藤商事はパチスロ新機種

「パチスロ ロリポップチェーンソー」


のプレス発表会を開催した。

パチスロロリポップチェーンソーのパネル画像

「パチスロ ロリポップチェーンソー」は2012年に株式会社角川ゲームスより発売されたアクションゲーム「LOLLIPOP CHAINSAW」とのタイアップ機。

「LOLLIPOP CHAINSAW」はゾンビハンターの女子高生がゾンビを次々とチェーンソーで倒す内容で、全世界60ヵ国以上で同時販売、累計本数120万本を突破した人気ゲーム。

当日は注目度の高さもあって、会場には多くのプレス関係者が訪れていた。

パチスロロリポップチェーンソーのプレス発表会画像

発表会の様子

発表会冒頭にプローモーションDVDを上映した後、東京開発部 ディレクターの高田寛人(たかだ ひろと)氏による機種説明が行われた。

パチスロロリポップチェーンソーの筐体画像

パチスロロリポップチェーンソーの開発の人画像

同氏は「本機種は従来のG数や枚数管理を取り払いロリポップの個数管理という全く新しいART機。ARTはロリポップがある限り終わることはなく、このロリポップ増減のカギを握るのはメイン小役であるベルにあります。」と説明しこれまでに無い意欲作であることを伺わせた。

本機のゲーム性

本機の通常ステージは4種類、チャンスゾーンは2種類あり、「GATINKO BATTLE」(ガチンコバトル)と期待度約90%「闇の大召喚ZONE」がある。

ART「JULIET RUSH」は純増約2.0枚、初期ロリポップ数は2個からのスタート。

パチスロロリポップチェーンソーのJULIETRUSH開始画面画像

消化時は画面左端のアクティブアイコンに注目、アイコンは5G先までを表示され一番下が当該アイコンとなっている。

このときにベルやレア役成立でアイコンに応じた何かが起こる!? といった叩きどころの多いシステムだ。

ART中は4つのモードを搭載しており、モードが上がるにつれてリプレイ揃いがベル揃いへ変換される。

モード4なら毎ゲームベル揃いかレア役となるのでロリポップ減算回避かアイコンゲットとなるので大チャンス。

パチスロロリポップチェーンソーのRUSH中アイコン画像

アクティブアイコン枠の色が変化すればアイコン高確状態となり特化ゾーンへの突入率がアップ、ドクロアイコンの出現率が下がりロリポップの減算が起こりにくくなる。

枠色赤は超高確率状態、ドクロアイコンの出現がなくなり必ず上乗せアイコン以上が出現、特化ゾーンアイコンの出現率は20%までアップする大チャンスモードとなっている。

上乗せ特化ゾーンは20G間継続する「JULIET FESTIVAL」、本機の見どころである「チェーンソー役物」が可動しゾンビを倒し続ける限り上乗せが続く、本機の最強特化ゾーン「GIKOGIKO TIME」(2G1セット80%ループ)がある。


現在市場には無いメイン小役を軸に置いたゲーム性は必見の内容。

続報を待て!

パチスロロリポップチェーンソーのコンパニオン画像

『パチスロ ロリポップチェーンソー』の公式ホームページ/導入日

『パチスロ ロリポップチェーンソー』のメーカー公式ホームページ


『パチスロ ロリポップチェーンソー』の導入日は

12月中旬予定!


(C)KADOKAWA GAMES/GRASSHOPPER MANUFACTURE.Official Licensed Product of WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.(s16)



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事