パチンコの演劇という衝撃「劇団た組。xパチ7」


パチ7と劇団た組のコラボ演劇「運と命」記者会見の様子、フォトセッション

2016年7月1日(金)、パチンコパチスロファンサイト"パチ7"(運営:ゲンダイエージェンシー株式会社)は「劇団た組。」とのコラボ演劇公演「運と命(めい)」の記者会見を行った。

会見のメインはパチ7編集長(写真のマスクの人物)と演出家・加藤拓也氏の対談、出演者のコメント発表であった。

演劇の内容は"パチンコホールを舞台にした、コメディタッチの群像劇"。

8月24日(水)から28日(日)まで、4日連続で計8公演が予定されている。


企画の発端は同サイトのコーナー「パチ7企画支援室 あなたの面白企画。我々が支援します」に加藤氏が応募したことによる。応募された33個の企画のうち採用された2つのうちの一つがこの演劇企画だった。

パチ7編集長は「誰もやったことがなく、ユーザーが集う機会の提供もでき新規ユーザーの参入も期待できる」として今回のコラボレーションを決定したと述べた。

記者会見には加藤氏のほか、出演者の長瀬ねん治さん、森田由美恵さん、中江友梨さん(東京女子流)、フォンチーさん、蟹パーティ鈴木さんが出席。

蟹パーティ鈴木さん以外はパチンコのユーザーではないか、もしくは過去に触ったことがある程度でしかパチンコパチスロにかかわったことがないとのこと。しかしながらパチンコという題材の演劇に対しても悪いイメージを持つことなく、新しいことができる、とみな前向きだったようだ。

最年少の中江さん(先日19歳になったばかり)も同様で、「周りの友達にパチンコの演劇なんてやめなよって言われなかったですか?」という冗談めかしたパチ7編集長の質問に対して、「(パチンコの経験が)全くなくて大丈夫か」と母親に心配された程度、と笑顔で語ってくれた。

講演予定、チケットの販売など


パチ7×劇団た組。企画公演 「運と命」

脚本:廣瀬はつき 演出:加藤拓也

出演:長瀬ねん治、森田由美恵、中江友梨(東京女子流)、フォンチー、蟹パーティ鈴木、他

企画・製作:劇団た組。/わをん企画

主催:パチ7編集部 http://pachiseven.jp/

公演日:2016年8月24日~28日

会場:浅草ゆめまち劇場 http://yumemachi.jp/
東京都台東区浅草1-25-15 ROX1F専用入口

電話 / 03-5830-7456

パチ7 「運と命」に関する情報ページ
http://pachiseven.jp/articles/list_article/64

パチ7と劇団た組のコラボ演劇「運と命」ポスター・フライヤー



この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事