『元祖ハネスロ再び』【設定6】試打レポート

4月で22歳になり、益々一年の過ぎる早さに焦りを感じ始めています。

あっと言う間に、おじいちゃんになってしまいそうです。

天に召されるまでに、どれだけの機種と触れ合う事ができるのか...。

などと、ワケの分からない想いを抱えているすがしょーです。


さて、今回は久々に試打記事を書かせて頂けるという事で非常にテンションが上がっております。

元祖ハネスロ再びの筐体

この筐体画像を見ただけで、「オー懐かしいゾ」や、「ナンダコレー」などなど色々な反応があると思います。

知る人ぞ知る、2007年にオーイズミさんから登場した、パチスロ史上初となる2リール方式※を採用した「元祖ハネスロ」。
そのリバイバル&パワーアップ版となるのが、「元祖ハネスロ再び」なのです。
※左・中の2リールで役が決定するという意味で、払い出しを決める右リールが存在します

そもそも、ハネスロは、パチスロに馴染みが無い方でも気軽に楽しめるように「大当たりし易いボーナス確率」「獲得枚数が変わる倍々チャンス」などの非常にシンプルかつ奥が深い仕様となっております。

つまりは、すがしょーのような金欠だけどパチスロ打ちたいって方にも、おすすめな台なのです。

ゲームルール

リールについて

まず、リールの説明から参りましょう。

元祖ハネスロ再びリール

3コマ分見えている2つのリールに図柄が揃えば小役又はボーナスが成立。(入賞有効ラインは横3ライン)

元祖ハネスロ再びの有効ライン
▲有効ライン

1番右にあるリールが、左・中リールの成立役に対して小役、ボーナスが1~3倍に変化します。

更に、ブランク図柄停止チャンス!いかなる時もわくわくできます。


このリールの役割さえ理解してしまえば、もう何も恐くありません。

ボーナス抽選について

前作はリプレイ重複が大当たりのメインルートで、今作もそれも同様ですが若干の違いが......。

今作はなんと、全小役でボーナス抽選が行われるのです。

なので、常にドキドキできる飽きのこない演出展開に一喜一憂できます。


そして重要なのがボーナスの種類ですよね。

今作は、1倍ボーナス60枚2倍ボーナス120枚3倍ボーナス180枚SPボーナス247枚となっております。

この247枚という数字を見て驚いた方はハネスロ好きですね?

そうです、この247枚というのは歴代ハネスロシリーズ最大の獲得枚数となっているのです。

初当り確率も1/99.6(設定6)~1/128.0(設定1)となっており、遊び易さの追求は変わらずといった所。

そして、今回1番驚いたのがボーナス比率です。

約70%でSPボーナスor3倍ボーナスが当選するという内訳なので、きちんと瞬発力も備えられています。
(SPボーナスが約45%、3倍ボーナスが約23%)

SPボーナスをいかにして沢山引くのかが勝利への鍵であると言えるでしょう。

大当たりまでのルート

演出は大きく2つのパターンに分けられます。

まず1つが通常発展系です。

基本的には、こちらの演出に発展することが多く、割合でいうと大当たりのメインはこちらとなります。

元祖ハネスロ再びの大当たり演出

このような感じで、当たっても外れてもニコッとしてしまう楽しい演出が数パターン存在しております。

そして、もう一つがスーパー系です。



出たら興奮必至のロボ対決演出など色々と確認する事ができました。

上記2つの演出パターンとは別に、リール上リプ・リプ・3倍の停止型で発展する「ロボゾーン」が存在します。

元祖ハネスロ再びの勝利演出

約5G間継続するし、ボーナス当選期待度は約50%。

そしてこのロボゾーン演出とフリーズ演出からはSPボーナスが確定するようです。(実戦上)

元祖ハネスロ再びのロボゾーン

その他にも倍倍扉演出やショートフリーズ、倍倍チャンスなど、打ち手を飽きさせる事がない演出が沢山あります。

すがしょー的観測

この台、滅茶苦茶面白いんです。

何が面白いかって、よくある通常時のキャラ台詞が面白いんですよ。

元祖ハネスロ再びのセリフ演出

ほら。

元祖ハネスロ再びのセリフ演出2

クセになってきませんか?

ちなみに、コンドルHGっていう奴は、主人公チキン☆ジローのライバルのようです。

HGは一体何の略なのか...?

質問出来なかった自分が情けないです...。

その他にも、突っ込みどころ満載の台詞だらけだったので、是非ともご自身でお確かめ下さい。


正に、すがしょー好みの台だったのですが、この台は特にパチスロを打った事のない方々に打って頂きたいと思います。

ボーナスの獲得枚数とボーナス確率の比率が絶妙で、大当たりの喜びを味わうにはもってこいな仕上がりとなっており、普通にコインを入れてボタンを押す事さえ出来れば気軽に遊技できる点も合わせて非常に良い台だと思います。

この考えはオーイズミさんが、英・中・韓の3ヵ国語に対応した小冊子も作成している事からも同意見だと言えますね。

これを機に、更なるパチスロの発展・繁栄となってくれる事を祈ります。


以上、すがしょー(金欠)でした。




『元祖ハネスロ再び』の導入日は

6月20日(月)!


実戦詳細データはこちら

とっても楽しいすがしょーのTwitter





(C)OIZUMI



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事