『マジカルハロウィン5』【設定6】試打レポート

みなさんこんにちは、この時期は時に"雪"が降ることがありますが、競馬予想をする上ではかなりの障害になるので困り果てているウマツでございます。

さて今回は、2月に登場予定の"マジカルハロウィン5"を打たせていただけるということで、KPEさんへ行って参りました。

マジハロ5 試打

こちらが新作のマジカルハロウィン5ですが、戦国コレクション2のモアイのように、抜群の存在感を誇るカボチャがくっついています。

KPEさんらしい、独特な形ですね!

10年ぐらい前に第1弾が登場してから、"R"も含めると今回で6作目ということで、時が流れるのは早いものですなあ。

出玉のカギは、何と言ってもボーナスのヒキ

今作は、マジカルハロウィン2に近いゲーム性ということで、ART機とは言っても、出玉を伸ばすにはボーナスの引きが重要になってきます。

ボーナス確率は、設定1でも約1/167ということで、「当てる楽しさ」を存分に楽しめる一台と言えるのではないでしょうか。

majiharo5-20160120-uma2.jpg.JPG

そのボーナスは、BIGが赤7同色(獲得256枚)青7同色(獲得200枚)赤・赤・青7(獲得176枚)、REGが赤・赤・BAR(獲得48枚)の全4種類。

もちろん、赤7同色BIGが一番嬉しいんだと思いますが、REGだったとしても通常時はARTに繋がりやすかったですし、ART中はカボチャンスのセット乗せもかなりの頻度でしました。

ですから、どのボーナスを引いてもガッカリすることはありませんでしたよ。

ARTにも、結構な頻度で突入します

マジカルハロウィン5のARTは、1セット30or100G、純増約1.0枚/Gとなっており、基本的にはカボチャンス、そして錬金BONUS中に当選した時は結界防衛ZONEからスタートします。

通常時に引いたボーナス中は、BIGも錬金BONUSもARTの突入抽選を行っていますが、もしARTに当選しなかった場合でも、必ずもうひとつのチャンスがあります。

majiharo5-20160120-uma3.jpg.JPG

それが、6択に正解すればARTに突入する詠唱チャレンジです。

majiharo5-20160120-uma4.jpg.JPG

この詠唱チャレンジですが、6択ナビに正解しなくても、6択チャレンジが発生しないまま規定ゲーム数まで引っ張り切れればARTが確定するようですが、基本的には1/6(約16.7%)でARTをゲットできるということ。

ボーナス中にARTを射止めることができなくても、その先に16.7%のチャンスがあるわけですから、もう、最高ですね!


ちなみに、ARTのセット数がなくなってしまった時にもこの詠唱チャレンジがあり、6択に正解すればもう1セット継続となります。

majiharo5-20160120-uma5.jpg.JPG

セット数が残っている時や、ボーナス後にARTが確定している時の詠唱チャレンジは全ナビとなり正解が丸見えとなりますから、しっかり押し順ナビ通りに押してARTに突入させましょう!

カボチャンスの可能性は無限大

マジカルハロウィンシリーズのARTといえばカボチャンスですが、今作のカボチャンスもセット数管理の仕様となっています。

また、ART中のボーナスは、青7同色BIG以外の3つに関してはそのセットが終了する時に放出される仕組みになっています。

青7同色BIGを引いた場合は即放出で、ボーナス後はそのセットの最初からARTが再開、他のボーナスの後は次セットから再開、といった流れです。

majiharo5-20160120-uma7.jpg.JPG

ART中に引いたボーナスでは、お馴染みの演出でARTセット数の上乗せを見ることができますよ。

そして、主にREG中に発生するまじかるちゃんす、これが通常時にいきなり発生したことが一度ありました。

majiharo5-20160120-uma8.jpg.JPG


また、2セット連続でREGを引くと、1回目のセット数上乗せがリピートされる上に、さらなる上乗せ抽選を受けることができるというスペシャルなチャンスがあるそう。

majiharo5-20160120-uma9.jpg.JPG

この日の試打で一度だけそういったことがあったんですが、その時は1回目のREGで2セット上乗せし、2回目に2セット上乗せ、さらにもう1セット当選して計3セット上乗せしたということがありました。

短時間に一気に5個上乗せしましたが、もしこれが金色の宝箱(5セット上乗せ)だったら、もっとたくさん宝箱があったら、次セットでもREGを引いたら・・・と考えると、可能性は無限大です。

majiharo5-20160120-uma10.jpg.JPG

可能性は無限大といえば、通常のカボチャンスと比べて上乗せ性能が格段にアップする"キングカボチャンス"の存在も見逃せません。

このキングカボチャンスは、レア役でのセット数上乗せ確率がアップするのはもちろん、ベルですら約25%でセット数上乗せするそうです。

「セット数が上乗せされましたよ!」という告知はありませんから、もう、いくつ上乗せしたかわからないワクワク状態がしばらく続くことになります。

majiharo5-20160120-uma11.jpg.JPG

そして、キングカボチャンスをさらに上回る上乗せ性能、そして継続率もかなりある悪カボチャンスも引くことができました。

悪カボチャンスまで来ると、もう、イケイケ感が止まりませんでしたよ!

さらには、キングカボチャンス、悪カボチャンスを合わせたような名前を持つキング悪カボチャンスや、スーパーカボチャンスといったチャンスもあるようなので、ホールではぜひ引いてみたいものですね。


『マジカルハロウィン5』の導入日は

2月22日(月)!


実戦詳細データはこちら





(C)KPE



この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

【一撃】発表会・メーカー取材レポートのブログ記事