『パチスロ マクロスF2 Bonus Live ver.』【設定6】試打レポート

みなさんこんにちは、9月を迎えたことでこれからどんどん競馬が盛り上がってくる季節、自然と気持ちが高ぶってきているウマツでございます。

さて今回は、今月末に全国のホールへ導入予定となっている“パチスロ マクロスF2 Bonus Live ver.”の仕様を体感させてもらうため、SANKYOさんに行って参りました。

bonuslivever-20150818-uma1.jpg.jpg

ということで、到着して早々に何種類かあるパネルデザインのうち、こちらの台を貸していただきました。

こちらは、一番多く導入されるノーマルデザインのものではないそうなので、もしかすると多くの方が導入日に目にする筐体はこれとは違うかもしれません。


では早速、打っていきますが、打ち始めてすぐに前作の“パチスロ マクロスフロンティア2”から大きく変わったところを見ることができます。

bonuslivever-20150818-uma2.jpg.jpg

レア役を契機に当選する”ボーナス”は、疑似ボーナス→リアルボーナスに変わっています。

ちなみに、究極クランボーナスアルトボーナスは”204枚”、シェリルボーナスランカボーナスは”120枚”の獲得が確実にできるという訳です。

「ボーナスを引いたのにベルがなかなか引けなくて枚数が伸びない」という心配がなくなったので、ボーナスを引いた時点で獲得枚数が計算できるのは嬉しいですね。

bonuslivever-20150818-uma4.jpg.jpg

そして、今作のART“バルキリータイム”純増約1.5枚/1GのARTとなっており、突入時に“トライアングルチャンス”で初期ゲーム数を決定してからスタートします。

トライアングルチャンスに登場するキャラクターは、ミシェル、オズマ、クランが加わり6人にパワーアップしています。

アルト(一発告知+バジュラッシュ突入の期待も!?)
シェリル(8G間毎G上乗せ抽選 チェリーでチャンス)
ランカ(8G間最終Gで上乗せ抽選 スイカでチャンス)
ミシェル(一発告知 連射なら3ケタ上乗せに期待)
オズマ(最大4G間 継続するほど期待度アップ)
クラン(G数不定 ベル当選まで毎G上乗せチャンス)

上記6種類の上乗せタイプ、さらにはおなじみの“超時空LIVE”も健在となっていますが、上乗せパターンの抽選方法も、今作では変化しています。

bonuslivever-20150818-uma5.jpg.jpg

トライアングルチャンスに突入すると3人のキャラクターが液晶に並ぶのはこれまでと同じなんですが、“ベルを引いた時点”で並んでいるキャラクターの中から選択されるんです。

bonuslivever-20150818-uma6.jpg.jpg

上部のミニ液晶に3列でキャラクターが整列しており、ベル以外の役が当選したら1列後ろのキャラクターがメイン液晶に降りてきます。

もちろん、皆さんお察しのとおり、後ろに行けば行くほど大きな上乗せに期待できるキャラクターがいるというわけですから、ここでいかにベルを引かずに後ろへ後ろへ行くかが重要になりますね。

bonuslivever-20150818-uma7.jpg.jpg

この日の試打ではそこまで行くことができませんでしたが、15G目まで行くと、キャラクターが3人ともオオサンショウウオさんになるんだとか!?

オオサンショウウオさんが選択されると、クランチャンスや超時空LIVEに突入するチャンスのようなので、ぜひ、一度はオオサンショウウオさんを掴み取りたいものです!!

新しくなったトライアングルチャンスを経てARTに突入すると、そこでも大きな変化があったことに気づきました。

bonuslivever-20150818-uma8.jpg.jpg

それが、ゲーム数やセット数上乗せを抽選するメーターの存在です。

ART中、そしてART中に当選したボーナス中にもチャージ抽選をしており、レア役だけではなく押し順ベルでポイントが貯まることもありました。

bonuslivever-20150818-uma9.jpg.jpg

そして、MAXの8ポイントを達成すると、ゲーム数減算がストップして“フォールドチャンス”に突入し、そのチャンスを活かすことができると・・・

bonuslivever-20150818-uma10.jpg.jpg

“マクロスクォーターアタック”でゲーム数上乗せ(実戦上、20G以上の上乗せがありました)、さらに運が良い時には・・・

bonuslivever-20150818-uma11.jpg.jpg

いきなり、”トライアングルチャンス”に突入(実質1セット上乗せ)なんてこともありましたよ。

bonuslivever-20150818-uma12.jpg.jpg

この日の試打では、強烈な上乗せ特化ゾーンである“バジュラッシュ”も引くことができたんですが、このバジュラッシュもマクロスクォーターアタックを経由して当選しました。

bonuslivever-20150818-uma13.jpg.jpg

このバジュラッシュでは”175G”の上乗せをすることに成功し、この日の最高となる”ART513G継続”まで持っていくことができました。

ですが、この手の仕様の台はART中にボーナスを引いてなんぼのところがありますから、513G間に一度もボーナスを引けなかったこともあり、出玉がなかなか伸びてくれませんでした。


試打では、運悪く通常時はポンポンとボーナスを引くのに、ART中になかなかボーナスを引くことができないという展開が続いてしまいました。

ホールに導入された時には、うまくボーナスとARTを絡めて、もっと大きな出玉を体感したいものですね!!



『パチスロ マクロスF2 Bonus Live ver.』の導入日は

9月28日(月)!


実戦詳細データはこちら





(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会

(C)2009.2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF制作委員会

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

SANKYO(三共)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事

仕置人がGORAKUシリーズで登場!「ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version」プレス発表会 2020.02.17(月) 
仕置人がGORAKUシリーズで登場!「ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version」プレス発表会
メーカー名:KYORAKU(京楽)
安心感と期待感の融合「P地獄少女 四」プレス発表会 2019.12.26(木) 
安心感と期待感の融合「P地獄少女 四」プレス発表会
メーカー名:JFJ(ジェイエフジェイ)
ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会 2020.02.12(水) 
ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会
メーカー名:PIONEER(パイオニア)
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会 2020.01.16(木) 
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会
メーカー名:HEIWA(平和)
“666”が揃えば、出玉約6000個がヤクソク!?「P ROKUROKU 6000Ver.」プレス説明会 2020.02.17(月) 
“666”が揃えば、出玉約6000個がヤクソク!?「P ROKUROKU 6000Ver.」プレス説明会
メーカー名:TAKAO(高尾)
遂に発表!6号機「アイムジャグラーEX」新機種発表会 2020.01.07(火) 
遂に発表!6号機「アイムジャグラーEX」新機種発表会
メーカー名:KITA DENSHI(北電子)
新感覚!16回転の超先読みゾーン搭載!「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部」プレス説明会 2019.12.19(木) 
新感覚!16回転の超先読みゾーン搭載!「ぱちんこGⅠ優駿倶楽部」プレス説明会
メーカー名:Konami Amusement(コナミアミューズメント)
速報!「ユニバーサルエンターテインメント」スロット2機種同時記者発表会 2020.01.27(月) 
速報!「ユニバーサルエンターテインメント」スロット2機種同時記者発表会
メーカー名:ACROSS(アクロス)
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会 2019.11.20(水) 
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会
メーカー名:SANKYO(三共)
シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会 2019.11.07(木) 
シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会
メーカー名:Bisty(ビスティ)