『パチスロサイバーブルー』【設定6】試打レポート

“「俺のブルー」システム”ってなんぞや?

“融合”ってなんぞや?

ということで、SANYOさんから発売される『パチスロサイバーブルー』の謎を解明しに行ってきました、ウマツです。

cyberblue-20150209-uma1.jpg.jpg

こちらが”サイバーブルー”なんですが、原作を知らなかったもののひと目で”原哲夫”先生の作品なんだとわかりますね。

では、さっそく打ち進めていきたいと思います。

“BIO BONUS”のチャンスは1/118で訪れます

通常時は、常に約”1/118″の確率でBIO BONUSのチャンスとなる”6択当てカットイン”が訪れます。

cyberblue-20150209-uma2.jpg.jpg

ここで押し順に正解すれば“赤7図柄”が揃い、そのままBIO BONUSへ突入となります。

cyberblue-20150209-uma3.jpg.jpg

「6択なんて当てられないよ」と思った方も、規定ゲーム数の消化後には”全ナビ”になったり、2・3番目だけ当てる2択だったりすることもありますから、当てるチャンスはおおいにありますよ。

cyberblue-20150209-uma4.jpg.jpg

“BIO BONUS”は、1セット15Gとなっているバトル継続タイプのボーナスで、継続バトルに勝利or引き分けで継続、敗北してしまうと終了となります。

この日の試打では1セット目に敗北することがなかったので、もしかすると初回の継続は確定しているのかもしれません。

引き分けの場合は普通に次セットへ進むだけなんですが、勝利した時には特典があります。

その特典は・・・ 記事の後半に続きます。

“CYBER BONUS”突入のカギは「融合役」が握っています

通常時はレア役によるボーナス抽選も行われており、当選した際には“青7図柄”が揃うCYBER BONUSに突入します。

レア役は”チェリー””スイカ””チャンス目”があるのですが、さらにワンランク上の存在となる“融合役”というものが存在します

cyberblue-20150209-uma5.jpg.jpg

その融合役というのは、それぞれのレア役と同時に”融合図柄”が止まる役(上記画像は左リールにチェリー、右リール下段に融合図柄が止まった融合役)で、この役を引くと次ゲームで必ず融合TIMEに突入。

cyberblue-20150209-uma6.jpg.jpg

“融合TIME”では融合図柄を狙い、1個停止=BONUS期待度25%、2個停止=期待度50%、3個停止=期待度100%となります。

cyberblue-20150209-uma7.jpg.jpg

そして、見事にボーナスに当選すると突入する“CYBER BONUS”は、初期ゲーム数40~150Gでスタートするゲーム数上乗せタイプとなっています。


ちなみに、最初に紹介したBIO BONUSの6択当てですが、このCYBER BONUSの消化中も約1/118の確率でカットインが出現します。

そこで6択を当てて”赤7図柄”が揃うと
・・・ 記事の後半に続きます。

“赤”と”青”の「融合」・・・そして「融合ボーナス」へ

“BIO BONUS”中のバトルに勝利、もしくは”CYBER BONUS”中に6択を当てて赤7図柄を揃えると、2つのボーナスが融合します。

cyberblue-20150209-uma8.jpg.jpg

そして、ここから“「俺のブルー」システム”が搭載された“融合BONUS”の始まりです。

cyberblue-20150209-uma9.jpg.jpg

“融合BONUS”で注目したいのが、”必殺CHARGEpt”(ベルをメインにチャージする攻撃ポイント)と”DEFENSEpt”(リプレイをメインにチャージする守備ポイント)の存在。

初期は両方とも”2000pt”からスタートし、最初は5or10or15G継続の「ブルー強化ゾーン」でポイントを溜めて、そのポイントを持って「ブルー死闘ゾーン」へと突入していきます。

cyberblue-20150209-uma10.jpg.jpg

後半の”ブルー死闘ゾーン”では、ベルorレア役でブルーの攻撃、リプレイで対戦相手の攻撃となり、相手の攻撃をブルーが受けるとDEFENSEptを300pt(通常攻撃)か700pt(必殺技)消費します。

cyberblue-20150209-uma11.jpg.jpg

そして、DEFENSEptが0ptになると融合BONUS終了のピンチとなりますが、必殺CHARGEptが2000ptあると、ブルーが必殺技を使って必ず相手を倒してくれます。

融合BONUSは、両ポイントともに2000ptからスタートするわけですから、1セット目に敗北することは無いということになりますね。

cyberblue-20150209-uma12.jpg.jpg

自分だけのブルーを育てて相手を倒していく、それが「”俺のブルー”システム」です。

なんでも、融合BONUSの平均継続は10セットなんだとか。

確かに、この日の試打でも簡単に13セットまで継続しましたから、うまくポイントを溜めつつ必殺技を使わずに勝ち進めていってくれれば、さらなるロング継続になる可能性も十二分にありそうですね。


残念ながら融合BONUSが終了してしまうと、元となった方のボーナスに戻り、ボーナスが終了する前に再び融合BONUSへの当選を目指すという流れになります。


今回の試打では、おかしな話ではあるものの自分の”設定6″への相性の悪さもあってATをロング継続させることができませんでした。

ですが、ゲーム性を理解すると良い方向に事が運んでくれれば一撃の爆発力もかなり出てくる台なのではないかと思いましたよ。


『パチスロサイバーブルー』の導入日は

3月2日(月)!


実戦詳細データはこちら




(C)原哲夫/NSP 1988 版権許諾証 SYS-313

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

SANYO(三洋物産)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事

史上最多の美闘士が登場!「Pクイーンズブレイド3 レイナVer.」プレス説明会 2019.08.26(月) 
史上最多の美闘士が登場!「Pクイーンズブレイド3 レイナVer.」プレス説明会
メーカー名:TAKAO(高尾)
『Sルパン三世 イタリアの夢』『P烈火の炎3』プレス発表会 2019.10.01(火) 
『Sルパン三世 イタリアの夢』『P烈火の炎3』プレス発表会
メーカー名:HEIWA(平和)
200名超のファンで会場は大盛り上がり!『P北斗の拳8覇王』導入直前究極試打会 2019.09.02(月) 
200名超のファンで会場は大盛り上がり!『P北斗の拳8覇王』導入直前究極試打会
メーカー名:Sammy(サミー)
パチスロ新機種「花伝」が登場! ミナトの発表会レポート 2019.11.19(火) NEW!!
パチスロ新機種「花伝」が登場! ミナトの発表会レポート
メーカー名:HEIWA(平和)
継続率変動型の一種二種混合機!「P一騎当千SS斬 孫策Ver.」プレス説明会 2019.10.31(木) 
継続率変動型の一種二種混合機!「P一騎当千SS斬 孫策Ver.」プレス説明会
メーカー名:TAKAO(高尾)
6号機ウルトラ試打会開催!パチスロサミット2019in秋葉原 2019.09.28(土) 
6号機ウルトラ試打会開催!パチスロサミット2019in秋葉原
メーカー名:
神ってる右打ち!?「Pルパン三世~神々への予告状~」プレス発表会 2019.07.05(金) 
神ってる右打ち!?「Pルパン三世~神々への予告状~」プレス発表会
メーカー名:HEIWA(平和)
『パチスロ1000ちゃん』プレス発表会/「Premium 1000☆PARTY!!」を連日で開催! 2019.10.18(金) 
『パチスロ1000ちゃん』プレス発表会/「Premium 1000☆PARTY!!」を連日で開催!
メーカー名:OIZUMI(オーイズミ)
シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会 2019.11.07(木) 
シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会
メーカー名:Bisty(ビスティ)
新機能満載!!「マジカルハロウィン7」プレス説明会 2019.09.20(金) 
新機能満載!!「マジカルハロウィン7」プレス説明会
メーカー名:Konami Amusement(コナミアミューズメント)